冬の空気はエアコンや暖房機器の使用により乾燥しがちになります。
寒いので換気も十分にできず、空気が滞りがちになることも。
ウイルスは空気が乾燥すると活発に活動します。
髪やお肌も乾燥し肌荒れやかゆみの発生など、美容面でも影響を及ぼします。
快適に過ごせる湿度は40〜60%と言われています。
加湿器で部屋の湿度を上げることで風邪などのウイルスから、 喉や鼻の粘膜を守りましょう!

超音波式
省電力で経済的
熱くなく安心ミスト
静かでスタイリッシュ
超音波の振動で水を粉砕し、放出することで加湿します。蒸気ではなくミストとなります。熱くないので触れても火傷の心配がなく、とっても静かです。
この種類の商品はコチラ▼
ハイブリッド式
状況に応じモード切替え
熱処理で衛生的なミスト
ヒーターでサポート
熱くなく、すぐに加湿できる超音波式にヒーターで熱処理することで雑菌の繁殖を抑える仕組みをプラスしたハイブリットタイプ。ミストなので熱くなく安全です。
この種類の商品はコチラ▼
気化式
自然な加湿
熱くなく安心設計
省電力で経済的
水が自然に蒸発することで加湿し、蒸発しやすいように送風機能がついたものや蒸発しやすい素材が使われています。紙式は電気代0円でとてもエコ。
この種類の商品はコチラ▼

加湿器の正しい使い方

こまめにメンテナンスしてキレイな水を使いましょう

タンクの水は毎日取り換えましょう

毎日、加湿器のタンクに入った水を取り換えましょう。注ぎ足しは要注意です。

フィルタの清掃を定期的に行う

加湿器はメンテナンスを怠ると、水に含まれるミネラル分などがフィルターに付着をして加湿能力が低下してしまいます。また、フィルターに付着した雑菌が飛散し、衛生的にもよくないので、それぞれの加湿器にあったメンテナンスを定期的に行いましょう。

快適な室内湿度は40〜60%

加湿のし過ぎはカビの原因に

石油ファンヒーターなどの加湿源がある時は、水分は十分に供給されており、加湿器を使うと、加湿のし過ぎになる場合があります。加湿のし過ぎで結露がひどくなると、室内にカビやダニが繁殖してしまい、健康にとっても悪影響を及ぼします。

こんな場所には置かないで!

部屋の隅には置かない

部屋の隅に置くと、湿度が全体に行き渡りません。ドアの近くは開け閉めで、安定した湿度が保てません。壁・家具・カーテンに加湿器から出る水分が、当たり続けるとカビの原因となることがあります。

床には置かない、ある程度の高さを確保する

冷たい空気は重く床付近に溜ります。床周辺の湿度が低くなっているために加湿器が必要以上に湿度を上げようとします。結果加湿器に余計な負担がかかることに。

電化製品のそばには置かない

直射日光の当たる場所や、テレビなどの電化製品からも少し離して置きましょう。精密部分の結露を避けるためには最低30cm以上離します。

アロマオイルの使い方

精油の種類によっては、妊婦や赤ちゃんには刺激が強いとされているものもあります。芳香浴は、皮膚などに塗布するよりは影響が少ないと言われていますが、体調の変化に気を付けながら使用しましょう。

細かなひび割れや塗装のくすみ、深みを感じる光沢などヴィンテージ加工が施された雰囲気のある陶器の加湿器。
タンク容量 大容量 0.9L
加湿量 160ml/h
消費電力 15W
加湿時間 15〜5時間
加湿範囲 和室2畳 /洋室5畳
アロマ 対応
陶器製アロマ加湿器
3L
送料無料¥8,250(税込)
商品詳細はコチラから

インフルエンザ
風邪対策に!

冬の空気はとても乾燥しています。 ウイルスは空気が乾燥すると活発に活動します。 空気中のウイルスは人が息を吸い込む時に鼻やノド から感染して、流行しやすくなると考えられていま す。湿度が高いと空気中のウイルスの活動が弱り地面に落ちやすく、また湿度により喉や鼻の粘膜が保護されます。適度な湿度維持と日頃の手洗いうがいが、風邪やインフルエンザ対策に一番有効です。

エアコンは
お部屋の湿度を奪う!

暖房の欠かせないこの季節、エアコンはフル回転です。でも、エアコン暖房の設定温度は高いのになんだかあまり暖かく感じない、ということはありませんか。その原因は空気の乾燥です。空気は温度が高くなるほど内部に多くの水蒸気をため込んでしまい、湿度が下がってしまいます。そこで活躍するのが加湿器です。体感温度にも湿度が関係し、多湿のほうが暖かく感じられます。

お肌の保湿に理想の湿度を!

人間の体に理想的な部屋の湿度は60%前後です。肌に水分補給をしてうるおいを、なんて考えて加湿器の蒸気に直接顔をあててはいけません。蒸気の水分で肌に水分補給はできません。顔に水分を与えても肌の乾燥対策にならないのと同じです。
肌に水分だけを与えると反対に肌の水分が蒸発しやすくなり、肌は乾燥してしまいます。加湿器は部屋の湿度を上げて、肌の水分蒸発を防ぐものです。

部屋の中央寄り

出入口等の近くに設置してしまうと、 折角加湿をした湿度が逃げて行ってしまいます。 同じ条件で、換気扇の近くに設置するのも同じです。

エアコンの温風が当たらない所

エアコン等の温風の影響を受けると、加湿器本体が暖まり温度センサーに狂いが生じてしまい、加湿能力に影響が出る可能性があります。

机の上など70〜100僂旅發

湿度は温度が低いと高くなり、高くなると低くなる性質があります。冷たい床に加湿器を設置すると、加湿器のセンサーが湿度を高めに設定し加湿を行いたい床上100cmの所がうまく加湿出来なくなってしまいます。