超高解像度 4KEX-SDI

最前線 4K EX-SDIシリーズ

超高解像度 4K(800万画素) EX-SDI防犯カメラ新登場。
業界最高水準の「フルデジタル4K画質」で監視・録画可能。
小さく映りがちな「ナンバープレートの数字」や「顔の表情」までより鮮明に描写。 最高レベルの証拠能力を実現します。

日本初 4K EX-SDI

4K(800万画素)EX-SDIは、フルハイビジョンの4倍の画素数を持った「超高画質」モデルです。

防犯カメラの新世代 4K EX-SDI

塚本無線は、2011年に日本初の220万画素 HD-SDIカメラ・録画機を自社独自開発。
今日まで、SDI方式の「フルデジタル高画質性能」を、様々な方々に高く評価いただいています。
そして2018年、塚本無線は日本初の次世代「4K SDIカメラ」を自社開発し、製造・販売を開始いたしました。

4KEX-SDIの画質とは?

4K(800万画素)映像は、フルハイビジョン(220万画素)の4倍の画素数を持った「超高解像度」映像です。

近年家電業界では"4K"テレビが登場し、量販店でも目にすることが多くなりました。 では、4Kの画質とはどのくらいか、イメージできるでしょうか?
地上デジタル(BS)放送の縦2倍・横2倍で、全体では4倍の画素数があります。 ご自宅のフルHDテレビを縦横2台ずつ4台並べた画面をご想像いただければ、分かりやすいと思います。

4K SDI防犯カメラも同様に、HD-SDI(フルハイビジョンサイズ)の4倍の画素数の画面になりますので、 より高精細な映像となり、小さく映ったものもより判別しやすくなります。

HD-SDIと4K EX-SDIで画質比較

上:従来の220万画素画質 下:800万画素4K EX-SDI画質

HD-SDIよりも解像度が低いアナログカメラではナンバープレートを読み取ることが出来ない画質でしたが、HD-SDIなら読み取ることが可能になりました。 しかしより小さな文字を読み取ることが出来ません。
4Kの映像ならばフロントガラスのシールも読み取ることができるほどの高解像度です。

日本初 自社開発・製造 4K EX-SDIモジュール

塚本無線は、防犯カメラ業界で日本初の4K SDIカメラモジュールを自社独自開発しました。 信頼性が要求される場面でも安心してご利用いただけるよう、 高い耐久性・安定性で映像を出力できる性能を追求しています。
これまで培ってきた、映像不良や機器の故障などを防ぐための自社独自のノウハウが、 4K SDIモジュールの設計にも十分に活かされています。

自社開発・製造の4K EX-SDIモジュール搭載

SDIだけが出来ること

放送業界で使用されている映像伝送規格・SDI。4K映像の超高画質を劣化させずリアルタイム表示。

信頼できる映像伝送方式

塚本無線の次世代高画質4KカメラはSDI規格のひとつ"EX-SDI"で映像を伝送します。
SDIとは、映像をデジタル信号のまま同軸ケーブルで伝送する、放送業界で標準採用されている規格です。 遅延やネットワーク環境によるコマ落ちなどのない、リアルタイムでなめらかな映像を表示可能です。

映像のコマ落ち・ノイズ発生を防ぐ

SDIは放送用映像伝送のために策定された規格で、コマ落ちのない滑らかな映像をリアルタイムで伝送可能です。 SDI方式では、映像信号をデジタル信号のまま同軸ケーブルで伝送するため、 アナログ信号を経由する方式(AHD・TVI・CVIなど)に比べて、きわめてノイズが発生しにくいのも大きな特徴です。

またいわゆるIPカメラは、映像専用のSDI規格とは異なり、イーサネット等のLANを経由して映像データを伝送するためパケット伝送のオーバーヘッドが大きく、回線が混雑すると映像の伝送容量が不足し、コマ落ちやブロックノイズが発生する場合があります。

4K EX-SDIカメラ

ご利用いただく環境や用途に合わせたカメラを取り揃えています。

4KEX-SDIカメラ

店舗や銀行などの屋内の監視から、 駐車場や農場など屋外の厳しい環境下まで、様々な用途に最適なカメラを導入できます。

カメラ 概要
型番
WTW-EVR195EB
商品概要
EX-SDI 800万画素 屋外防滴仕様 赤外線カメラ

カメラハードウェア性能
<センサー・映像出力性能>
撮影素子
1/2.5 インチ Sony CMOSセンサー搭載
有効画素数
800万画素
映像出力形式
EX-SDI (BNC) CVBS出力:1.0Vp-p 75Ω (RCA)  ※CVBS出力切り替え時 4K出力不可
映像出力解像度
EX-SDI出力:3840×2160/30(2160P) CVBS出力:アナログ出力 ※CVBS出力切り替え時 4K出力不可
走査方式
プログレッシブスキャン方式
同期方式
内部同期
<レンズ>
搭載レンズ
8メガピクセル対応 オートアイリス搭載 バリフォーカルレンズ
焦点距離
3.6〜11mm
ズーム比
約3倍
オートアイリス
オートフォーカス
画角
水平角度 約40〜90度 ※800万画素(解像度3840×2160)
<旋回・ズーム機能>
パンチルトズーム(PTZ)
非搭載
可動範囲
-
電動ズーム
-
<投光性能>
赤外線LED
Φ5mm赤外線LED48個 850nm
対応周波数
850nm
赤外線照射距離
約50m
赤外線監視可能距離
約23m
ICR
最低被写体照度
0Lux ※赤外線LED作動時
<インターフェイス>
内蔵マイク
映像出力端子
EX-SDI:BNCJ CVBS:RCAJ ※CVBS出力切り替え時 4K出力不可
電源入力端子
Φ2.1DCジャック
音声出力端子
制御出力
OSDリモコン
カメラ一体型 十字・センター操作ボタン

カメラソフトウェア性能
<映像調節性能>
設定画面(OSDメニュー)
日本語
シャッター速度
オート ,FLICKER , 1/30 , 1/60 , 1/120 , 1/250 , 1/500 , 1/1000 ,1/2000 , 1/4000 , 1/8000 ,1/15000 , 1/30000
フリッカレス機能
オートゲインコントロール(AGC)
有 (0〜10段階)
デジタルスローシャッター(DSS)
オフ / (×2,×4,×8,×16,×32)
高画質感度アップ(ACE)
オフ / 低 / 中 / 高
DAY&NIGHT
外部 / オート / カラー / モノクロ /  ※基本設定は外部となります
ホワイトバランス(AWB)
オート / マニュアル
ノイズ補正(DNR)
オフ / 低 / 中 / 高
霧補正
逆光補正
オフ / ハイライト補正 / バックライト補正 / WDR
デジタルズーム機能
有 (1.0〜16.0倍)
映像反転機能
ミラー:左右反転可能 / フリップ:上下反転可能
モーション機能
オフ / オン(4ゾーン)
プライバシーマスク
オフ / オン(14エリア)

カメラ本体
<電源・カメラ本体・その他>
本体材質
アルミニウム
本体配色
ガンメタル
本体外形寸法
90(W)×100(H)×167(H)mm ※取付金具含まず
本体重量
約1.35kg ※取付金具含む
電源
DC12V / 約900mA
周辺動作温度
-10℃〜50℃
付属品
電源アダプター / カメラ取付固定ネジ / カメラ角度調整用六角レンチ
※WTW-EVR83EBの仕様・色・形状・スペックが予期無く変更になる場合があります。

4K EX-SDI DVR

次世代・超高解像度のSDI 4K映像を、専用録画機で確実に記録します。

4KEX-SDI録画機(DVR)

カメラの設置台数や録画日数に合わせて、チャンネル数や録画容量の異なる最適なモデルを導入できます。

DVR 概要
型番
WTW-DEHP584E
商品名
800万画素4K EX-SDIシリーズ 4ch対応 デジタルビデオ録画機(DVR)

DVR ハードウェア性能
<映像入出力>
映像入力チャンネル
4入力(BNCJ端子)
映像入力解像度
EX-SDI:3840×2160(8MP) / 2560×1440(4MP)
HD-SDI:1920×1080(1080p) / 1280×720(720p)
※アナログカメラは接続できません
映像出力
メイン出力:HDMI端子×1 ※1920×1080以上での出力推奨
サブ出力:ミニD-SUB15pin×1 ※1280×1024での出力が推奨
※全出力同時出力可能(コネクター同士が干渉しない場合)
<音声入出力>
音声入力
2入力(RCAJ端子)
音声出力
2出力(RCAJ端子)
<システム>
OS
Linux
SATAデバイス
SATA(HDD×1) 最大10TBに対応
外付けHDD
センサー入・出力
入力:2(ノーマルクローズ/ノーマルオープン) / 出力:1(リレー出力)
※出力は最大DC12V-1Aまで通電可能
PTZコントロール入力
RS485コントローラ入力対応
USB端子
前面パネル USB2.0×1 後面パネル USB2.0×1
<表示機能>
表示解像度
HDMI出力:最大3840×2160
D-SUB15pin出力:1280×1024
シークエンス機能
各チャンネル設定可能
スイッチング時間:3/5/10/15/20/30/45/60秒で設定可能
表示モード
1画面フルスクリーン / 4分割表示 / オートシーケンス
<録画機能>
映像圧縮Codec
H.264
録画解像度
3840×2160(8MP) / 2560×1440(4MP) / 1920×1080(1080p) / 1280×720(720p)
録画画質
超高画質 / 高画質 / 標準画質 / 低画質
録画モード
常時録画(24時間録画) / スケジュール録画 / イベント録画
録画フレームレート
3840×2160(8MP)入力時:各CH最大15fps 4CH合計60fpsまで
2560×1440(4MP)入力時:各CH最大30fps 4CH合計120fpsまで
1920×1080(1080p)入力時:各CH最大30fps 4CH合計120fpsまで
アラーム後録画時間
1秒〜30分設定
アラーム前録画機能
1秒〜30分設定
<再生機能>
画面表示
1画面フルスクリーン / 4分割表示
画面検索方法
カレンダーから日付・時刻選択 / イベント検索
デジタルズーム
マウス操作でズーム可能
再生スピード
再生 / 早送り / 早戻し / 一時停止 / コマ送り(最大×128倍)
保存媒体
HDD
再生解像度
3840×2160(8MP)入力時:各CH7fpsで 4CH合計最大28fps 2560×1440(4MP)入力時:各CH15fpsで 4CH合計最大60fps 1920×1080(1080p)入力時:各CH30fpsで 4CH合計最大120fps
<ネットワーク>
インターフェイス
10/100Base-T イーサネット
プロトコル
TCP/IP | DHCP | DDDNS | PPPoE | E-Mail(SMTP) に対応
アプリケーション
Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
操作ユーザ数
16ユーザ
CMS (監視ソフトウェア)
アクセス対応端末
PC:Windows 10 / 8.1 / 8 / 7 スマートフォン:Android / iPhone
イベント発生通知
メール通知
検索再生
カレンダー形式の録画一覧から日付・時刻を選択 | イベント検索
<バックアップ>
バックアップインタフェース
USB2.0
音声バックアップ機能
なし
ネットワークバックアップ機能
有り
バックアップデバイス
ネットワークバックアップ / USB フラッシュメモリー
ファイル形式
独自ファイル形式 ※CMSソフトウェアでAVI形式に変換可能
バックアップデータの再生
専用ソフトウェアでの再生(分割画面での再生・デジタルズーム可能)
※AVIファイルに変換した場合は他の再生ソフトで再生可能
<アラーム>
モーション検知録画機能
有り ※各チャンネル検知録画
モーション検知エリア設定
有り 縦15コマ×横22コマ ※各チャンネル設定可能
モーション検知感度設定
低 / 中 / 高
<OSD・DVR Control>
言語
多言語対応
リモコン
なし
システムアップグレード
USBメモリからファームウェアを更新
操作
フロントパネル | USBマウス
Pan|Tilt|Zoom Control
RS-485(Pelco-D / Pelco-P)
<電源・本体・その他>
本体材質
ボディ:アルミニウム合金 前面パネル部:プラスチック
本体配色
ブラック
本体外形寸法
280(W) × 237(D) × 55 (H) mm
本体質量・重量
約1.1kg (※HDD含まず)
冷却ファン
なし
動作可能周囲温度
5℃ 〜 40℃
動作可能周囲湿度
0〜90% ※ 結露のない状態
電源入力
DC12V / 最大36W