使用用途によって変わる防犯カメラの録画方法

防犯カメラの録画に関わってくる画素数や解像度、記録媒体、カメラの機能など、ここでまとめてご紹介します。
防犯カメラを選ぶときに、「録画した記録を何に保存するのがいいのか」、「録画映像はどのくらいきれいなのか」、「録画映像はどのくらいの容量か」など 多くの録画に関する要素があり、購入者にとっては悩みの種であり、どれを選べばいいのか不安になる方もいることでしょう。 現状、人によって使用目的、設置場所など用途が変わってくるので、「これを買っておけばどの場面でも絶対安心」というものはなく購入者個人で、自分の環境に合った 防犯カメラを見つけてもらうしかありません。ですが、記録媒体や解像度、録画時間など基本的な知識を知っておけば皆さんの手助けになると思い、 今回、防犯カメラの録画に関する基本的な知識をまとめてご紹介していきたいと思います。
防犯カメラ・監視カメラの選び方


画素数は重要、でもすべてではない

防犯カメラ、ドライブレコーダーにおいて画素数は非常に重要な要素です。この数値が高ければ高い程綺麗な映像を残すことができます。 しかしこの数値がすべてなわけではありません。では画素数とはどのようなものなのでしょうか。順に説明をしていきたいと思います。

防犯カメラの解像度

そもそも画素数とは?

画素とは画像を構成する最小の単位です。防犯カメラやドライブレコーダーの映像というのは小さな点の集まりで表現されていて、 拡大していくと一つの点にまでいきつきます。その点がいくつ縦×横でいくつ集まっているのかというのが画素数の正体です。一般的には画素数が多いほど画質は良くなりますが、1枚の画像容量も大きくなるので、処理をするパソコンにも十分なパワーが必要となります。

画素数の計算式(解像度)

画素数は以下のような計算式で計算できます。
計算式:画素数の縦の数 × 画素数の横の数 = 画素数

解像度とは

画像を表現する格子の細かさのことを解像度と言います。「解像度」とは、 画像の密度のことです。 その単位が「dpi」。「dpi」は「dots per inch(ドット・パー・インチ)」の略で、 1インチにどれだけ「ドット」が含まれているかを表しています。 「解像度」と「dpi」の関係は、「速度」と「km/h」の関係と同じようなもの。 「解像度」が高いということは、同じ面積でも、「ドット」の数が多いという意味で、 それだけ細かな部分まで表現された、なめらかな画像だということになります。

ハイビジョン = 1,280(横)×720(縦) = 92万1600万画素
フルハイビジョン = 1920(横) × 1080(縦) = 207万3600万画素
4K = 3840(横) × 2160(縦) = 829万4400万画素

防犯カメラ、ドライブレコーダーなどでは設定でこれらの数値を下げる事は可能ですが、画素数以上の設定にする事はできません。

画素数が高いことのメリット

映像がとにかく鮮明に映ります。格子の細かさが細かくなればなるほど繊細な映像を見る事ができます。 ただし映像の滑らかさはFPS(フレームレート)という数値が関係してきます。 トリミング耐性も高く、例えば通常の2400万画素であれば半分のサイズにクロップした場合1200万画素しか残りませんが、6100万画素であれば3000万画素以上残ります。 トリミング耐性は拡大しても粗が目立ちにくくなるので編集時にも自由度が増し、構図を大きく変えることができたりと作品としての幅が広がりやすいと言えます。

画素数が高いことのデメリット

映像が綺麗に撮影できる反面、データ容量が大きくなります。Wi-Fiを使わないドライブレコーダーなどではあまり気にならない かもしれませんが、防犯カメラをWi-Fiで運用している場合には安定性の面であまりよくない場合があります。 また、データ容量が大きいとSDカードへの録画可能時間も短くなってしまいます。

録画するための記録媒体

映像を撮影したものの、そのデータをどこに保存するのが自分に合っているのかなんて、 初心者の方はわからないと思います。簡単にではありますが保存先である記録媒体についてご紹介していきたいと思います。

記録媒体 価格 毎月のコスト 録画可能時間 詳細
HDD 安い なし 長い 一般的に使われる
SDカード 安い 毎年交換 短い 交換が必要になる
SSD 高い なし 短い 屋外に適している
クラウド 安い 高い場合がある 長い インターネット環境が必要


防犯カメラの記録媒体

HDD(ハードディスクドライブ)

防犯カメラの記録媒体の中で最も一般的なものはHDD(ハードディスクドライブ)です。HDDはパソコンなどのコンピューター関連機器には欠かせない記録媒体のことです。 他の録画媒体と比較すると録画保存できる映像データ量が大きく長時間の録画が可能で価格が安い特徴があります。ただしサイズが大きく、振動に弱いため、 カメラに直接挿入しての利用はほとんどありません。 多くは専用の録画機器に内蔵され、アナログカメラの録画方法として多く利用されています。

防犯カメラ専用HDD

テレビ番組を録画する市販品との主な違いは、まず時刻も同時に記録できる点です。この機能があるからこそ過去の映像データを瞬時に検索することができます。それから複数台のカメラを同時に録画・再生できる点です。市販品HDDレコーダーで4台のカメラを録画するためには同じ台数のHDDレコーダーを用意しなければなりません。防犯カメラ録画用のHDDレコーダーは365日24時間、常時電源をいれたまま可動することを前提に設計されているので、効果的な排熱構造で内部パーツの一つ一つからハードディスクまで、長年の消耗に耐えうる特殊な部品が使われてます。中にはディスプレイ一体型になっている録画機もあります。

SDカード

SDカードはスマートフォンやデジタルカメラなどで使用されている記録媒体です。SDカードには、SDカードとmicroSDカードの2種類あります。 比較的安くて、取り扱いが簡単という点がメリットですが、容量はあまり多くなく、長期保存に適した記録媒体ではありません。他の記録媒体と比べると壊れやすく、定期的な交換が必要です。 防犯カメラで撮影した映像を、一時的に保存する方法として使われています。SDカードは小型なので、アナログカメラ・ネットワークカメラ問わず、多くの防犯カメラで利用されています。

スピードクラス

SDメモリカードには「SDスピードクラス」と「UHSスピードクラス」と「ビデオスピードクラス」があります。いずれも、動画撮影のように一定の速度でカードに書き込む際に必要な最低転送速度を、わかりやすくマークで表した規格のことです。このマークには最低転送速度が数字で示されており、数字が大きいほど転送速度が速くなります。ご使用の機器のスピードクラスを確認した上で、そのスピードクラスに対応したカードを選ばれるとよいでしょう。スピードクラスの表記以外にも、カードに記載されている最大転送速度の数字もカード選びの参考になります。

  • SDスピードクラス
    最低保証速度2MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 2」から最低保証速度10MB/秒の「SDスピードクラス CLASS 10」まで4段階のクラスがあり、ご使用の機器によって必要とされる転送速度が異なります。例えば「SDスピードクラス CLASS 10」は、フルHD動画撮影にも適しています。
  • UHSスピードクラス
    UHS(Ultra High Speed)はSDHCメモリカード / SDXCメモリカードで利用できるUHSインターフェースのことであり、対応機器で使用すれば高速のパフォーマンスが得られます。UHS-I と UHS-II の2種類があり、理論値ではUHS-I で最大 104MB/秒、UHS-II で最大 312MB/秒のデータ転送が規格化されています。最低限の書き込み速度を保証するUHSスピードクラスには、最低保証速度10MB/秒の「UHSスピードクラス1」と最低保証速度30MB/秒の「UHSスピードクラス3」があります。カードとご使用の機器の両方が、UHSスピードクラスに対応している場合に利用できますが、どちらかが対応していない場合には、SDスピードクラスが適応されます。
  • ビデオスピードクラス
    ビデオスピードクラス(V6 / V10 / V30 / V60 / V90)は、高品質化する映像技術やNAND技術に対応できるよう考慮されたスピードクラスです。一定した書き込み速度が求められるビデオなどのストリーミングコンテンツでは、フラッシュメモリーの書き込み速度にばらつきがあると動画の録画に支障が出てきますが、ビデオスピードクラスでは、最低限の書込み能力を設定することで、ビデオ録画に必要な一定の速度を実現します。

SSD(ソリッドステートドライブ)

基本的にはHDDと同様の記録媒体で、半導体素子メモリを使った記録媒体のことを指します。SSDはHDDよりも衝撃に強く、消費電力が少ないこと、速度が速くてコンパクトであることなどが メリットとしてあげられます。今後はHDDに代わってSSDの普及が進むであろうと言われています。デメリットとしては、HDDに比べて容量が少なく、まだまだ容量単価としての 価格は高いです。さらに突然故障してデータの読み出しができなくなることがあり、データの救出が困難なことが上げられます。

クラウド

防犯カメラの録画方法として近年増えてきているのがクラウドの活用です。防犯カメラで撮影した映像をインターネット上の保管場所(クラウド)に保存することで、 カメラ付近に録画装置を設置する必要がなく、かつ遠隔地からでも映像データの閲覧が可能となります。 ただし、クラウドを利用するにはインターネット環境が不可欠ですので、LANケーブルの配線工事、Wi-Fiルーターやアクセスポイントの容易が必要になります。 録画するにはインターネットに接続し続ける必要があり、回線が切断すると録画が停止する場合もあるので注意しましょう。

防犯カメラの録画時間・保存期間の目安

防犯カメラの時間

録画時間は記録媒体の容量で決まる

防犯カメラで撮影した映像は、専用のデジタルレコーダーなどに伝送されて保存されます。レコーダーに組み込まれている記録媒体の容量が大きければ大きいほど、長時間の録画が可能です。 実際には撮影場所やいろいろな条件によって多少異なりますが、容量が2TBの記録媒体で常時録画した場合、約1ヶ月の映像を保存できます。記録媒体を増設できる防犯カメラの場合は、追加の記録媒体を 追加することにより録画時間を拡張することができます。

どのくらい保存すればいいのか

どのくらいの保存期間が適切かは、設置する場所や目的によって変わります。 例えばマンションに防犯カメラを設置する場合、何かしらの事件が起きない限りはそれほど長期間の映像を保存しておく必要はないかもしれません。 しかし、工場で異物が混入していないかを確認するために設置する場合は、1年や2年といった長期間の保存が求められる場合もあります。 その場合は防犯カメラ・レコーダー内の記録媒体のデータをコピーして別の記録媒体にバックアップとして保存しておく必要があります。

録画時間に影響する要素

録画に影響する要素

解像度

いろいろな性能の防犯カメラがありますが、高画質であればあるほど記録媒体の容量を消費します。

設置する防犯カメラの台数

レコーダーとクラウドに録画がする場合は接続するカメラの台数が増えると録画するデータ量も増えるため、録画可能時間が短くなります。 カメラに記録媒体が搭載されている場合はカメラ1台ずつに記録媒体があるので、台数の多い少ないは関係なしに容量は変わりません。

フレームレート

フレームレートとは1秒間の動画で見せる静止画の枚数(フレーム数)のことで、単位を「FPS」といいます。パラパラ漫画が絵の枚数で動きの滑らかさが変わる様子を 想像してもらうと、わかりやすいかもしれませんね。FPSが大きいと容量が大きくなりますが映像の動きは滑らかです。 FPSの数字が小さいと動きはカクカクしますが容量が少ないので録画時間は伸びます。人間の目で見えているフレームレートは30fpsと言われ、撮影した映像も30fpsあれば なんの問題もない、自然な動きの映像が見れます。

動体検知機能

動体検知機能とは、カメラが人間や動物などの動体検知した時のみ録画をする機能です。 動体検知機能は、映像信号上の輝度の変化「映像上に動きがあったみなす」と検知し、動きが検知された時だけ録画を行い、動きのない時間帯は録画を行わないという機能を設定することができます。この機能を「モーション(動体)検知」と呼び、ハードディスクの使用容量を節約するだけでなく、録画映像を後から検索・再生する時に必要な(動きのある)映像だけを効率よく探すことができるようになります。また、映像上の特定の場所のみで動体検知を行うエリア設定なども可能です。

圧縮方式

ネットワークを介した遠隔監視への需要の高まりと、防犯カメラで撮影可能な解像度が飛躍的に向上していることから、特に普及著しいスマートフォンなどで円滑な監視映像を実現するために、ネットワーク上のトラフィック(一定時間内に流れるデータ量)軽減が急務となりました。 そこで防犯カメラシステムの世界では、国際規格に先んじて新しい映像圧縮方式が次々とリリースされています。 現在主流の国際規格H.264ビデオ圧縮方式は、画質を落とさず効率よく録画データを圧縮する技術として、従来方式のMPEG-2に比べ2倍以上の圧縮効率を実現し、多くの防犯用デジタルレコーダーに採用されています。 さらに、H.264の2倍の圧縮効率を持つH.264+を皮切りに、10年ぶりに更新された国際規格であるH.265のさらに2倍の圧縮効率を持つH.265+、H.265+のさらに2倍の圧縮効率を実現したH.265プロ+が、ここ数年で一気に進化しました。映像の圧縮率が進化することによって容量が大幅に軽減され低ビットレートで滑らかな映像が見れるようになります。

一体何日録画できるか

上記を踏まえて大まかな録画日数をお伝えします。

    【530万画素】【カメラ4台】【各ch最大15fps 合計60fps】【H.264/H265】【動体検知機能有】
    HDD容量 1TB 2TB 4TB
    録画時間 5日 10日 15日

    ※録画可能時間は目安であり撮影場所の環境によっては変動する可能性があります。

設置時の注意点

設置時の注意点

カメラの位置・向きが重要

防犯カメラを設置していることをアピールすることで、かえってカメラの死角を狙われることもあります。敷地が広い場合は死角を作らないように、4台以上つけられれば安心ですが、設置場所や予算の都合で1台しかつけられないこともあるでしょう。設置可能なカメラの台数が限られるときは、位置や向きに特に気を付けなければなりません。屋外につける際には、西日や朝日で全く映像が撮れていないという現象も起きてしまうので、方角やカメラの角度が重要になります。

侵入者を鮮明に撮影できるようにする

建物に侵入してきた人物や車・バイクで来た場合にはナンバープレートまでしっかりと判別できることが必須です。せっかくカメラに侵入者が映っていてもカメラの画質が悪くはっきりと顔が識別できなければ意味がありません。犯罪が起こったときに必要なシーンを拡大してしっかりと確認できるよう、最低限の画素数のあるカメラやズーム機能がついているカメラを使うようにしましょう。また、犯罪はいつ発生するか予測不能です。夜間や悪天候時などの少ない光源でもクリアに撮影できるかどうかも確認しておきましょう。

最新技術を活用することで確実に証拠を残す

常時は広域で全体を撮影し、疑わしい人物が来たら、顔をAI認識して、その人物を自動で追尾する追従カメラや、スマートフォン・タブレット・パソコンなどのデバイスと連動して不審者情報を通知し、遠隔操作でカメラの角度を変えたり、拡大表示で必要なシーンを見たりすることができるカメラもあります。また、暗闇でもカラー撮影が可能な赤外線カラー暗視カメラを利用すれば、夜間の撮影時でも日中同様のカラーでの映像を残すことができます。従来の白黒の暗視カメラでは判別に手間がかかった車体カラーや人物の服装などの識別も容易になるため、犯人特定への有力な証拠をスピーディーに得ることが可能です。

オススメのHDDカメラ

Birdie・Wi-Fiカメラセット

監視カメラ専用のHDDを採用しており、塚本無線ならいつでも安心の日本メーカーである東芝製の1TBが無料で標準搭載しています。 さらにオプションで2TBに拡張もでき長時間の撮影にも対応できるようになっています。どちらも監視専用のHDDで監視カメラの運用に 最適です。録画したデータはUSBメモリにバックアップできるので大切な証拠映像の保管や、映像の持ち出しに便利です。 録画機能は常時録画とモーション録画、スケジュール録画の3種類あり設置場所や用途によって使い分けることができます。 Wi-Fi通信もあり防犯カメラ初心者からベテランの方まで幅広い方に使える防犯カメラです。

Wi-Fiカメラ 監視専用HDD 大容量 塚本無線
おすすめ
  • wtw-egmini
    ネット環境なしでもOK
    楽天ランキング1位獲得!

    34,800円 (税込)

    総合評価3.98 レビュー件数:41件

    ※2020/09/1時点

    設置が簡単で満足
    迅速な対応で、予定したより早く届きました。 早速1台目のカメラを設置、無線接続なので配線工事を必要とせず、簡単に設置できました。モニターと接続後いろいろ操作してみました。操作性はタッチパネルで良かったです。画質もカラーで明瞭、音声もはっきりしてました。 スマホと連携が出来るようなので、その他の設定と残りのカメラは、後日の予定です。 全体として満足してます。

    楽天で詳細を見る

XPoEカメラ

こちらも監視専用のHDDが標準搭載されており、大容量なのでコマ落ちを最小限に抑えることができ、増設オプションも豊富な 商品となっています。48vPoE給電が可能で、カメラと録画装置の間はLANケーブル一本で接続可能初心者にも簡単に設置できます。 本機では、530万画素のフルHDサイズ以上の解像度があり、地上デジタル放送と同じ解像度。それに対し従来の防犯カメラは画素数が低く、解像度不足で全体的にぼやけてしまいます。高ければ高いほど証拠能力が向上し、万が一の事態にも鮮明な記録を残すことができます。 IP66相当の防水防塵や暗視撮影など防犯カメラに必要な機能も当然搭載されているので、使い勝手が良い防犯カメラとなっています。

防犯カメラ ワイヤレス 大容量HDDカメラ 屋外 塚本無線
おすすめ
  • xpoe-4set
    XPoE電源不要
    楽天ランキング1位獲得!

    31,900円 (税込)~

    総合評価4.58 レビュー件数:228件

    ※2020/09/1時点

    とても素晴らしいカメラです。

    我が家に初めて防犯カメラを設置するにあたり、安価で高機能なものを探していたところ こちらの商品にたどり着きました。 電源ケーブル不要で、25mのLANケーブル2本付きという条件が決め手になりました。 早速PCモニターを一台カメラに移行し、LAN・・・ケーブルを繋いでみたところ 煩わしい前準備や難しい設定なしで、簡単にきれいな映像が写りました。 まだ4台すべてを設置し終えたわけではありませんので耐久性などは不明ですが とりあえず大満足の買い物ができました。 不安要素の一つは、専用携帯アプリの評判が宜しくないことでしょうか。 カメラは日本製品ですが、アプリはおそらく中国発です。 ただ、アプリを使わずとも固定IPを用いて遠隔ネットワーク環境を整えることもできると 説明書にありましたので、近々検証してみるつもりです。 また、いくつかの質問に対してストア様からの回答も素早く、安心です。 この度は誠にありがとうございました。

    楽天で詳細を見る

オススメのSDカードカメラ

カメチョ丸

この防犯カメラ一つでできることが多くとりあえず困ったら選んで欲しい防犯カメラです。 ソーラーパネルから充電することによって電源コードがいらず配線関係を触らないでよく、軽量で設置が簡単です。 屋外設置も当然可能な防水防塵機能、夜間も監視ができる暗視機能、Wi-Fiでスマートフォンに接続しアプリを使うことによってリアルタイムの映像が見れます。microSDカードの容量もオプションで拡張できるので使い勝手もバッチリです。

SDカメラ ソーラーバッテリー 電源不要 塚本無線
おすすめ
  • wtw-ipws1103n
    ネット環境なしでもOK
    楽天ランキング1位獲得!

    12,680円 (税込)

    総合評価4.25 レビュー件数:1,018件

    ※2020/09/1時点

    気に入ってます

    届くまでに時間は要しましたが、使い始めて大変気に入ってます。夜も安心して寝れます。外出先や職場の休憩時間にもし感知していたら携帯にお知らせが来ました。感動です。二台買って一台は外。一台は家の中で犬の様子を見ています。 声まで届くのです。大事に使って行こうとおまいます。気になるのは寿命だけです。 あと毎日娘がカメに写って行ってきます。帰りましたと面白い画像にしてくゆて楽しんで見てます。防犯監視から楽しい画像にも使えました。いやー本当にすごいです。画像も綺麗ですよー。あと、商品配達後からしばらくして16Gの小さいカードを入れ忘れたと送ってくれました。正直なところだと思ってます。とにかく機械の進化に驚きです。ぜひお勧めします。マジすごいわー!

    楽天で詳細を見る

見張り番PRO

設置工事はできないけど防犯カメラが必要、丁稚したいけど電源が近くにない、外出中でもスマホで映像をチェックしたい、怪しい動きがあった場、スマホに通知を送る機能が欲しい、難しい操作は自信がないなど、防犯カメラの設置に悩んでいる方に朗報です。見張り番PROなら配線いらずのWi-Fiカメラだから工事無しで導入できます。更に日本初のバッテリー内蔵Wi-Fiスリープカメラでありながら、SDカードに常時録画が可能。専用アプリをスマホにインストールするだけで、外出先からでも遠隔操作・視聴・録画といった操作をすべて行えます。専用モニターや録画機を用意する必要もなくお手軽に使えます。当然、屋外設置でも安心の防水防塵性能、人感センサーと動体検知、暗視機能、広角レンズといった必要な機能も揃っていて、気軽に防犯カメラを設置でき、設置場所を選ばず活躍します。

防犯カメラ ワイヤレス ソーラートレイルカメラ 屋外 塚本無線
おすすめ
  • WTW-IPWS1225
    太陽光で永続動作・電気代無料
    楽天ランキング1位獲得!

    12,888円 (税込)~

    総合評価3.69 レビュー件数:48件

    ※2020/09/1時点

    使ってみて、追加購入しました

    使ってみて、追加購入しました 夜間もよく見えてコスパの良い製品だと思います。1台目を塚本無線のホームページから注文しましたが、楽天市場の方が安かったので追加購入はこちらからにしました。 Androidアプリを使っていますが戻るボタン2度押しでアプリを終了するとカメラがスリープになりアプリから見えなくなるようです。(カメラとしては動いています) PC版ソフトもあって、こちらは複数台の画面をタイル表示できるのでこれも良いです。 塚本無線殿ホームページで紹介されているYouTubeはアプリが古いですね。操作表示はかなり改善(まともな日本語に)されています。
    追伸です。
    アプリから見えなくなる件について、スマホに通知が届いてすぐにその通知からアプリに入ると接続中になることが多いです。あとはWi-Fiが弱かったことも要因かも知れません。アプリをメニューから起動するようにしてからは問題なく使えています。

    楽天で詳細を見る

オススメのクラウドカメラ

みてるちゃん

みてるちゃんが今選ばれている理由は無料クラウド録画にあります。 壊されても塚本無線が契約するAmazonサーバーに映像データは即座に保存されて居るので問題ありません。つまり、カメラが盗まれても、壊されても、映像データは守られています。さらに、最大20m先まで自動追跡機能、内蔵アンテナで見通し最大120m到達、塚本無線のみてるちゃんは他社のカメラとは全く違う「最先端」のホームIPカメラです。 microSDカードの容量もオプションで拡張できるので使い勝手もバッチリです。

クラウド対応カメラ 無料クラウド Wi-Fi 塚本無線
おすすめ
  • wtw-ipws1103n
    最強の自動追跡機能
    楽天ランキング1位獲得!

    5,888円 (税込)

    総合評価4.58 レビュー件数:4,439件

    ※2020/09/1時点

    気に入ってます

    届くまでに時間は要しましたが、使い始めて大変気に入ってます。夜も安心して寝れます。外出先や職場の休憩時間にもし感知していたら携帯にお知らせが来ました。感動です。二台買って一台は外。一台は家の中で犬の様子を見ています。 声まで届くのです。大事に使って行こうとおまいます。気になるのは寿命だけです。 あと毎日娘がカメに写って行ってきます。帰りましたと面白い画像にしてくゆて楽しんで見てます。防犯監視から楽しい画像にも使えました。いやー本当にすごいです。画像も綺麗ですよー。あと、商品配達後からしばらくして16Gの小さいカードを入れ忘れたと送ってくれました。正直なところだと思ってます。とにかく機械の進化に驚きです。ぜひお勧めします。マジすごいわー!

    楽天で詳細を見る

まとめ

防犯カメラに関する録画のまとめ

防犯カメラの録画に関する当店をまとめてご紹介しましたが、どうだったでしょう。 防犯カメラの重要な部分に触れることで自分が必要としている機能が見えてきたでしょうか。 防犯カメラの利点は、事件などの決定的な場面を記録しておけることです。 容量が足りずに映像が撮れていないと防犯カメラの意味がなくなってしまうので、 希望する録画可能時間よりもやや長めに保存できるようにしておくことをおすすめします。