CANADA GOOSE研究メイン画像
”世界一暖かいダウンジャケット”と自負するダウンメーカー『CANADA GOOSE(カナダグース)』。
本国カナダでは、親から子に受け継ぎ50年近く着る家庭もあると云うほど、 タフで頑丈、ハイスペックな”一生モノ”のアイテムを生み出しています。

「ブランド名はよく聞くし、映画とかでもたまに見るけど、詳しくは知らないな…。」

そんなあなたを ”世界最高峰ダウン”の世界へ誘うべく、CANADA GOOSEの魅力を徹底解説します。



目次


(気になる項目をclick!)

01. よくある質問に答えます。

02. あったかい順に並べてみました。

03. で、実際どうなの?

04. 種類豊富なダウン、どれにする?



01. よくある質問に答えます。

(この項目は2〜3分で読めます。)

Q1. そもそもCANADA GOOSE って?

 CANADA GOOSE(カナダグース)は、1957年 カナダはトロントにて設立。(厳密には前身となる前会社) 極寒地での活動を支援することに重きを置いた、とにかくめちゃくちゃ暖かいダウンメーカー。 とりあえずは、「オーロラを見に行くときに着るダウン」っていう感じのイメージで大丈夫です。

 映画撮影などでも結構活躍してます。 デイ・アフター・トゥモロー(2004)や、ナショナル・トレジャー(同じく2004)を筆頭に、 ハリウッド映画やら海外ドラマで見かけることもしばしば。探してみると結構あんな人やこんな人が着てます。


オーロラを見に行くときに着るダウン

Q2. なんでそんな高いの?

  高いですよね。なんたって10万円。ただ、これにはいくつか理由があって…

氷点下でも凍り付かない、コヨーテのファーを使用。

 一般的なダウンに使われるファーは、フィンラクーン(タヌキみたいな小動物)や そもそもフェイクファーなど。(GUCCIを筆頭に多くのハイブランドは動物保護の観点から、 リアルファーを使わない方向にシフトしていますが、それはまたどこかでお話ししましょう。)

 これ、着てもらったらわかると思うんですけど、めちゃくちゃに保温してくれます。 マフラーが不要になっちゃうレベル。それも、免許をもった一部の猟師しか狩猟が許されていない上、 環境保護の観点から、害獣駆除として狩猟されたコヨーテのファーのみを使用しています。


コヨーテのファー

20世紀最強の素材、”ARCTIC TECH”

 CANADA GOOSEのシェルに使用されている生地、その名も”ARCTIC TECH”。 カタカナで書くと「アークティックテック」です。舌噛みそう。
 CANADA GOOSEが研究の果てにたどり着いた生地で、ポリエステル85%+コットン15%を混紡した 生地にテフロン加工を施したものです。 これがまたべらぼうに頑丈で、防風性と保温性はもちろん、岩肌やらガチガチの氷に擦ってもびくともしないレベル。 「20世紀最強の素材」って、弊社の敏腕バイヤーが言ってますので、たぶんそういうことなのでしょう。


生地:ARCTIC TECH

独自配合の最高級ダックダウン。

 CANADA GOOSEと言えばダウン。 カナダ産にこだわる同社は、カナダのアルバータ州産の最高級のダックダウンを使用しています。
 アルバータ州って言ってもピンとこないですよね。 簡単に説明すると、ミネラルウォーターが採れるような、めちゃくちゃ綺麗なトコって感じです。

 要は、めっちゃ綺麗なめっちゃ寒いところに住んでる水鳥(アヒル)の胸の部分の、 フワッフワの1番あったかい羽をこれでもか、と贅沢に使ってる、ということです。 この羽を、モデルによってダウンとフェザーの配合を微妙に変えながら使用しているのが、 CANADA GOOSEのダウンジャケットです。


カナダグースのダウン

Q3. じゃあ、CANADA GOOSEって何が良いの?

  これ、ほんとによくある質問です。いろんなメーカーがダウンを出している昨今、 「絶対にグースじゃないとダメ!」という時代でもないことは確かです。 では、そんな中でもCANADA GOOSEを選ぶべき理由とは、何でしょうか。

とにかく暖かい。抜群の保温力と防寒・防風性能。

 これについては前述の内容も含みますので、ちょっと割愛。
要するに、「ええダウンとええシェルを使ってるから、とにかくあったかいよ」というお話。

 ここからは私個人の感想も含みますが、室内で着比べると正直どのブランドのダウンもめちゃくちゃ暖かいです。 でもやっぱり、雪が降る中とか、寒さの厳しい屋外で着るなら、CANADA GOOSEが一番安心できます。 なんといっても水をめちゃくちゃ弾くんですよ。それに、CANADA GOOSE自身が”世界一暖かいダウンジャケット”って公言してるくらいですからね。


世界一暖かいダウンジャケット

タフ。強い。丈夫。これぞ”一生モノのダウン”

 これも上記の内容とやや被りますが、ARCTIC TECHという生地が抜群に頑丈で、耐久性がそれはもう高いんですよ。 本国カナダでは、親から子に受け継いで50年近く着てる家庭もあるとか。
 信頼性の高いプロダクトをずっと作り続けている、そんなメーカーです。



純粋なデザイン力の高さ。美しくて、カッコいい。

 日本で売れている理由には、これが結構大きいと思います。 Youtuberさんなどが宣伝してるのも確かにありますが、これまでの”ダウンジャケット=防寒着、モサい、ダサい”というようなマイナスイメージから、 ”ダウンジャケットをスタイリングに取り入れてカッコよく”という風潮になったのは、CANADA GOOSEによる功績も大きいのではないかと思います。
メンズモデルのJASPER、 レディースモデルのMACKENZIEは特にそれが顕著で、 とにかくスタイリッシュに着れるようデザインされています。


マッケンジー

Q4. サイズ感は?カナダだから大きいの?

  はい、ここが結構ポイント。一口にCANADA GOOSEと言えど、実は3種類のフィットがあります。

>>Regular Fit(レギュラーフィット):世界規格

 海外サイズ。表記よりも、1〜1.5サイズ程度大きいイメージです。
(ex. Mサイズ→実寸Lサイズくらい)

>>Fusion Fit(フュージョンフィット):アジア向け規格

 アジア人に向けた、小さめの規格。袖丈と着丈・フードが少し小さめで、日本人体系にもハマりやすい。 普段着用しているサイズを選べば、中に着込んで丁度良いくらいのイメージです。

>>Japan Fit(ジャパンフィット):日本専用規格

 日本人向けに作られた規格。人気のJASPERMACKENZIEはここに分類されます。



当店では全てのフィットのモデルをご用意しております。とはいえ、どのモデルがどのフィットなのか?って思いますよね。私もそう思いました。 で、これについては一応簡単な見分け方がありまして、掲載しております品番のアルファベットで判断していただけます。
(LとかMはレディース、メンズという意味です。)

例)
・[4154M] FREESTYLE VEST → LMで終わるものは、レギュラーフィット
・[2580LA] ROSSCLAIR PARKA → Aで終わるものは、フュージョンフィット。アジア向けのA、ってイメージです。
・[2302JL] MACKENZIE PARKA → 品番にJが入るものは、ジャパンフィット

…いかがでしょうか?読み飛ばした方は素直に手を挙げて下さい。大丈夫です。私も手を挙げたい気持ちでいっぱいです。 ご安心下さい。当店ではどのモデルがどのフィットなのかだけでなく、お客様のあらゆる疑問にお答えさせていただきますので、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

02. あったかい順に並べてみました。

(気になるアイテムをclickして詳細へ!)

  タウンユースにぴったりのベストタイプから、オーロラが見えるような極寒の雪山に対応するモデルまで、 幅広いモデルを展開するCANADA GOOSEのダウン。レディースモデル/メンズモデルに分けて、あったかい順に並べてみました。
スッキリと着れるスタイリッシュなモデル〜ボリューム感がカッコいいモデルまで、お好みのシルエットをお選びいただけます。

 for WOMEN

レディースモデルあったかい順 ハイブリットベスト フリースタイルベスト シャーロットパーカ ラブラドールボンバー マッケンジーパーカ シェルバーンパーカ ロスクレアパーカ ブロンテパーカ

 for MEN

メンズモデルあったかい順 ギャルソンベスト フリースタイルベスト アームストロングフーディー メイトランドパーカ マクミランパーカ ラッセルパーカ チリワックボンバー カーソンパーカ/フュージョンフィット ジャスパーパーカ シャトゥパーカ シタデルパーカ

…え?一番あったかいのはないの?と思われた方、いらっしゃいますよね?
その点については、記載温度をご覧ください。…「-30℃」。CANADA GOOSEには極寒地での厳しい実地試験にクリアした、 体感温度-30℃以下の環境で着用できるモデルもございますが、それらのモデルはタウンユースにはあまりにもオーバースペック。 というわけで、当店でのお取り扱いはございません状況です。

とはいえ、そこは”世界一暖かいダウンジャケット”。ライトなモデルのダウンであっても、その保温性は他を圧倒。 次の項目では、実際に愛用されているお客様の声を聞いてみましょう!

03. で、実際どうなの?

(この項目は1〜2分で読めます。)

お客様からいただいた声を、一部ご紹介します!

長年欲しかったカナダグース、街中で着ている人を見て一目ぼれでした〜高価なのでずっと思案して3年目にして念願の購入です。黒が欲しかったのですが、完売していて再入荷待ち。 実際目にしてなかったので不安でしたが、「良い!!」大のお気に入りになりました。ダウンの量と言い、 身体にフィットするスタイルは想像以上でした。大事に!大事に着ます!
ぬくすぎる〜!ほんとにぬくい!!ダウンの下はロンTのみで十分でした。デザインも良い! 初めてのショート丈買いましたが着まわしがききます!!リブがしっかりしていて風も通しません!!!!
カナダグースは2枚目で、極寒で有名な海外着て行きましたが、建物内や車内ではコタツをしょって歩いてるみたいで汗だくになるほどでした。 本当にカナダグースの実力を思い知りました。東京はそこまで寒くないし、電車内などでは暑すぎるくらいなのでベスト購入を思いつきました。 コートと違って胸元にワッペンがあるのも良い。カナダグースは本当に暖かいので寒がりな方には絶対オススメです。
寒波が来ているところ、こちらを着て外出。コートで覆われている部分だけは全く寒くありませんでした!! お高い買い物でしたが、これは価値あるコートだと思います。 あえてマイナス面を上げるとしたら、少し重いこと(初めて着た日は肩こりました)、そこまで不快な匂いではないですが、ファーが若干獣臭がすることです。使っているうちに匂いはなくなると思いますが。 でもトータルで見て、良いお買いものだったと思います。とても満足です。主人にも購入を検討中です。
D社のダウンを愛用して来ましたが、真冬はやはり寒く感じていたので、カナダグースがあればイルミネーションや初詣等長時間外に居るときにも極寒対策ばっちりで、温かく過ごせそうです。

04. 種類豊富なダウン、どれにする?


 WOODY COMPANYが販売する製品は、正規代理店より入荷しております【国内正規品】です。
どうかご安心ください。
”一生モノ”のお買い物、スタッフ一同サポートさせていただきますので、 サイズやモデルでお悩みの場合にも、お気軽にご相談くださいね!

 …え?まだ夏も終わってないのに、ダウンは気が早すぎるって??

そのお気持ちも、よ〜くわかります。 でもね、この人気者たちを侮るなかれ。毎シーズン冬前には、「再入荷はありませんか?」とのお問い合わせ殺到。 「寒くなってきたしそろそろダウンを…」ではもう遅い!みんなが狙うその前に、手に入れるのが得策です!

     for WOMEN


  • マッケンジー

    [2302JL] MACKENZIE PARKA (マッケンジーパーカ)
    ¥134,200(tax in)

  • ラブラドール

    [7967JL] LABRADOR BOMBER (ラブラドールボンバー)
    ¥115,500(tax in)

  • シャーロット

    [2300JL] CHARLOTTE PARKA (シャーロットパーカ)
    ¥118,800(tax in)

  • フリースタイルベスト

    [2832L] FREESTYLE VEST (フリースタイルベスト)
    ¥57,200(tax in)

  • ブロンテ

    [2603JL] BRONTE PARKA (ブロンテパーカ)
    ¥129,800(tax in)

  • シェルバーンパーカ

    [3802LA] SHELBURNE PARKA (シェルバーンパーカ)
    ¥129,800(tax in)

  •  for MEN


  • カーソンパーカ

    [3805MA] CAROSN PARKA(カーソンパーカ)
    ¥132,000(tax in)

  • アームストロングフーディー

    [5076M] ARMSTORNG HOODY(アームストロングフーディー)
    ¥88,000(tax in)

  • ジャスパー

    [3438JM] JASPER PARKA(ジャスパー パーカ)
    ¥134,200(tax in)

  • フリースタイルクルーベスト

    [4154M] FREESTYLE CREW VEST (フリースタイルクルーベスト)
    ¥57,200(tax in)

  • ギャルソンベスト

    [4151M] GARSON VEST (ギャルソンベスト)
    ¥57,200(tax in)

  • シャトウパーカ

    [3426MA] CHATEAU PARKA(シャトゥパーカ)
    ¥129,800(tax in)

  • ラッセルパーカ

    [2301JM] RUSSEL PARKA (ラッセルパーカ)
    ¥123,200(tax in)

  • シタデルパーカ

    [4567MA] CITADEL PARKA(シタデルパーカ)
    ¥132,000(tax in)








TOPへ戻る