当社のウッドデッキなどの写真、解説などをコピーしたネットショップが複数存在します。
楽天・ヤフー・中川木材産業オンラインショップ
の各ショップ以外はすべて詐欺サイトですのでご注意ください。
     
  • ショップ内の商品検索

▼検索キーワード入力

and or 指定

▼除外キーワード入力

▼価格範囲指定
円から

円まで

  • ショールームカレンダー

 はお休みです。

 また土・日・祝日の受注、配送
 業務は、致しておりません。

 ショールーム情報・アクセス

 

カレンダー上


カレンダー下


キットデッキ 柾 MASA ロゴ

ハードウッドとソフトウッドの良いところを取り入れた保存処理からできたウットデッキ

すべて柾目(まさめ)です。

キットデッキ 柾 masa
本物の「木」で耐久性のあるデッキ!! ささくれ、ひび割れ、反りの出にくいデッキ!! 加工性しやすいデッキ!! こんなご要望にお応えして開発された「キットデッキ SE-WOOD」です。 木材の選別からこだわりをもち、木材の短所である腐れ、ひび割れ、ささくれ、反りを抑制し、強くて加工性の優れた保存処理木材からできています。

「キットデッキ SE-WOOD」 特長

■選別された美しい柾目模様 ▼more

■ささくれ、ひび割れ、曲がり、反りが屋外用木材の中で最も少ない ▼more

■上品なチークブラウン色に塗装済

■束高さカット無料 ▼more


高い耐久性と安全性

主成分が銅化合物のJISおよびJAS規格の安全な防腐・防蟻剤です。無毒性の環境にやさしい保存処理木材です。焼却処理をしても有毒ガスは発生しません。自然のままの木材と同様のため、安心してウッドデッキをご利用いただけます。 また柾目挽きのため、木材の欠点が少なくなります。

ぴったりのサイズを選択できます

キットデッキ SE-WOOD   価格と束配置図一覧

送料について

ウッドデッキは大型商品です。通常の宅配便では配送できません。以下の制限がございます。お届け日の指定は出来ません。地域、地区によって配送できない場合があります。当社小物商品との同梱は出来ません。

調整可能な高さの範囲

キットデッキシリーズは発売以来改良を加えてきました。その中でも最新の特殊調整束は大変よく出来ており、お客様の評判も大変よいものです、。
一般の方がウッドデッキ作成で一番困難な作業が床板の水平を保つことです。

床板を水平にするにはその下にある大引きを水平にしなければなりません。

束石から大引きまでを支えるのが束ですが、現実には同じ高さ(長さ)ではありません。地面には必ず凹凸があり、障害物がある場合もあります。束石を設置することにも同じレベルを出すことはほぼ不可能です。

そこで考えだされたのが束の高さを調整できるものにするというものです。当初は金物メーカーの金属製の調整束を実験利用しましたが、実際に使ってみると問題が多いということがわかました。試行錯誤のうえ当社オリジナルの調整束を作り出しました。現在の特殊調整束は3世代目のもので、過去の当社調整束より使いやすくなっております。

3つの道具だけでOK!!

ウッドデッキ道具 丸鋸危険

必要道具は「1.インパクトドライバー」、「2.水準器」、「3.メジャー」の3つです。 危険な電動丸鋸は利用しません。

土の上に設置する場合は束石をご用意下さい(犬走り等のコンクリートの上に置かれる場合は不要です)。

イラスト付きのわかりやすい組立マニュアル

ご購入いただいたお客様から「マニュアルがわかりやすい」との感想を数多く頂きます。ウッドデッキ製作のノウハウが詰まった中川木材産業のマニュアルはきっとお役に立ちます。下記はマニュアルのページの一部です。クリックで拡大できます。 A4版(ご購入前にマニュアルをお渡しすることは出来ません。下記マニュアル写真はイメージです。) 

柾目(まさめ)とは

天然の原木は製材され、材の状態になったときに年輪の模様が出ます。この木目が人工素材と自然素材の違いで人に対して、やさしさやあたたかさを与えています。模様としては板目(板目 flat grain)模様と柾目(まさめ straight grain)模様の2つに大別されます。板目の材は丸太の中心からずれて挽くと、小口から見て年輪が円弧や山のように見えます。板を上から見るとさまざまな杢目(もくめ)になって見えます。柾目材は年輪と90度近い角度に製材したもので、小口から見ると縦に細い年輪が平行しているように見えます。板を上から見ると比較的細い線状の年輪が直線に平行に並んでいます。板目材は木の性質上柾目材よりも大きく(約2倍)収縮します。柾目材は反りや収縮などの狂いが少なくなります。しかし図のように同じ丸太から採れる量が少なく高価になります。
柾目材はウッドデッキ用の木材としては最適なのですが、コスト高になるため、現在まで採用されませんでした。キットデッキにこの柾目材を利用することは通常の板目材を利用するデッキに比べてより長期間の寸法安定性を保ちます。
左の図は丸太からの木材を製材する場合の木取り方法をわかりやすく図にしたもので、実際の木取り方法は丸太の太さ、樹種や国、地方、会社によって異なります。

安全に関するご注意

・デッキ上は、履物をはいてご使用ください。
・天然木のため、経年変化により、ささくれ、反り、ひび割れなどが生じることがあります。
・デッキの耐用年数は、使用状態や気候条件、メンテナンスによりかわります。
・フェンスがついている場合、ボルト、ナットを締め直すことで、強度を維持できます。
・ガケや急斜面には施工しないでください。特殊な地形には専門家による基礎が必要です。

海外、国内の利用例


.

▲ このページTOPに戻る