入手難として知られ、最高級シャンパンの代名詞としても知られるドンペリニョン・ロゼ。

しかも、1975年物のドンペリ・ロゼなんて、一体、世界で何人の方が飲む機会に恵まれるんでしょうか?

しかも、価格は、多分
10万円は超える
と思うので、もう目が飛び出るほど高いです(@_@)

そんなドンペリ・ロゼに勝った、スパークリング・ワインが、スペインにあったんです!

数年前、某テレビ番組の『芸能人格付けチェック』というコーナーで、5人の芸能人がこのロジャー・グラートを、ドンペリ・ロゼ1975と目隠しで、比較試飲しました。

なんとっ!
その時、過半数の3人が、このカヴァを‥‥
と、言わせてしまったほどのツワモノなんですっ!!そんなロゼが、
『ウソっ???』と、お思いですか?いえいえ、ホントなんです(^O^)v
ロジャー・グラート家は、18世紀初期からブドウ作りを始めたほど、歴史のある蔵元で、以来ずっと、本格的なカヴァを求める世界中の愛好家に幅広く、今日まで親しまれてきています。

彼らのセラーのある、サント・エステヴェ・セスロヴィレスは、ペネデスの特徴的な品種であるチャレッロ種のブドウが多く生産され、長い熟成タイプのカヴァに使用されています。どれも毎年、最高品質のワインを原料とし、しかも特別なカヴァであるグラン・キュヴェに限っては、特に厳選された『最高のワイン』から作られます。

カヴァが年月を掛けて、熟成に成功するには、その元となるワインの品質が重要で、その品質を上げることを、グラート家は何より大事にし、守り抜いて来ています。