超お値打ちシャブリ!
最高の3ツ星なのに
この価格で楽しめます!!
世界中の白ワインで、最も有名かつ、その素晴らしさを讃えられるのが、『シャブリ』です。

『キンメリジャン』と呼ばれる石灰質土壌を特徴とし、この地ならではの美しい『ミネラル感』を生み出してます。

が、造り手により、品質に大きな差があるのも、事実なのです!

そんな中、フランスを代表するワイン評価本『クラスマン』で、シャブリで、最高評価の『三ツ星』を獲得する、ただ2つの生産者の1つが、この『ドメーヌ・ウィリアム・フェーブル』です。

あのシャンパンのエグリ・ウーリエが、クリュッグらと肩を並べ、三ツ星を獲得した際、大きな話題を呼んだのは、まだ記憶に新しいはず。

その『クラスマン誌』で三ツ星を獲得する造り手は、ブルゴーニュで言えば、ルロワロマネ・コンティルフレーヴコシュ・デュリなど、いわゆる『入手難&高額』な、手の届きにくいワインがほとんどです。

勿論、シャブリで三ツ星を獲得するもう1つの造り手、ラヴノーも同様に、『入手難&高額』です。

そんな中、ネゴシアンも擁するウィリアム・フェーブルは、その規模は他より大きいながらも、徹底的な質への拘り妥協の無い仕事で、他の居並ぶ三ツ星同様の質の高さを誇っていながら、お値打ち価格で入手可能なのです♪

そして、買いブドウから造る、メゾン・ウィリアム・フェーブルにも、ドメーヌと同じ拘りを貫いています。

そのウィリアム・フェーブルのこだわりを、説明すると…


【手摘み収穫】
シャブリ地方の造り手は9割以上が機械でブドウの収穫をしています。

同程度の規模で、ウィリアム・フェーブルのように手摘みを徹底しているところは無いと聞きます。

手摘みする事により、作業の手間は膨大でも、畑での選果、更に選果台での選別と、二度にわたるチェックで健全なブドウだけを仕込みます。
【果汁ではなく、ブドウ果を購入】

ネゴシアン(メゾン)ものに関しても、ドメーヌもの同様の質を維持するため、手摘み収穫されたブドウを購入
【新樽をほとんど使用しないスタイル】

新樽はほとんど使用せず、徹底した選果により選ばれた果実が備える、ミネラル感、フレッシュ感を生かす。

【畑仕事を丁寧に行う、貴重な大手メゾン】
区画ごとの管理、収穫のタイミングも区画ごとに決定するのは、この規模のメゾンでは稀。


と、全てにおいて…

『優良小規模生産者しか出来ないと思われる事を、大手でありながら実践する』

という、容易になしえない努力を行った結果が、シャブリでただ二つの、三ツ星に選ばれた由縁なのです!

掲載されたワインは、2004年、2005年とも、軒並み高評価で、その最高峰の1つ『シャブリ・グラン・クリュ・レ・クロ』は、『クラスマン誌』で、2004年が19点2005年が19.5点(20点満点中)の高評価を得ているほど!

こんな評価を見たら…

『でも、さぞかし高いんじゃないの?』

と思っちゃいますよね。

その心配は、ご無用です!

最高クラスで1万円台!

最もお手頃なシャブリとなれば、2千円台で買えちゃいます♪

これなら、気軽にデイリー・ワインとして飲んで頂けます!

しかも、2006年は、ブルゴーニュ生産者が、口を揃えて『白の出来が素晴らしい!』と、讃える超優良年。

もう、これは見過ごすわけにはいきません!

最高峰三ツ星が、拘りの手間をかけて生み出す、お値打ちシャブリを、是非お試し下さい!!
金賞
2014年1月21日
待ちに待った、『ワインと料理のマリアージュbyソムリエ情野博之氏によるセミナー』が開催されました!

言わずと知れた名店、『アピシウス』のヘッド・ソムリエ、情野氏。
現場での豊富な経験、そして、講師等も務められる多彩な才能を生かし、伝わりやすく、かつ、思わず引き込まれるお話をしてくださいます。

実際に、鮮やかにシャンパンを目の前で開けてくださったり。

ワインの香り、味わい。移り行く様、その味わいがどこから来るのかなどを、軽快なトークでお話してくださったり。

ご自身の経験から来るお話も交えつつのお話に、時々笑いも織り交ぜつつ(笑)

4種の素敵なワインと3種のお料理の組み合わせに、お客様からも『ホント、合う!』『美味しい♪』のお言葉を頂きました!