POINT: 1
植えこむ広さ&日当たり
初心者でも悩まずに1㎡に必要な植物(宿根、一年草、多年草の組合せ)がセットでお選びいただけます。植え場所は日向がおすすめで、半日陰の場合でも、半日以上は日が当たるあかるい場所に植えてください。(このセットは日陰むきではございません。)
POINT: 2
セットの選び方
秋植えは初めて挑戦される方、どのセットにしようか迷ってしまったら!
アンミとデルフィニウムは多少難易度があがります。ただ、イングリッシュガーデンにはデルフィニウムが欠かせない程の雰囲気のある素敵な植物ですので、是非挑戦する事も楽しんでいただければと考えます。Happy Gardenでは、好きな花が側にある満足度も大切と考えています。ですので、貴方のお好みでお選びくださいとお伝えしています。
POINT: 3
マップについて
お届け後、悩まずに配置していただけるように、安心!植え込みマップ付きでお届けしております。イングリッシュガーデンセットなので、ナチュラルな雰囲気で、高低さをつけて、植物と植物が交じり合うように植え込みスペースと配置、組合せを考えております。スペースを離しすぎると、植物が単独で存在してしまい、自然感に欠けてしまいます。植え込みマップを見ながら植えこんでみてください。とっても簡単です。
POINT: 4
土作りの準備
植え込み前に、準備としてお客様には花壇の土作りをしていただく事を強くおすすめしております。植えていただけば、翌年に開花しますが、開花の状態は花壇の土の状態によって大きく異なります。植え込み2週間前には、植える場所の土づくりを終えて、その後2週間程、寝かしてから苗を植え込みます。 土作りはコチラをご覧ください
POINT: 5
秋植えと春の植えのボリュームについて
秋植えは植え込みから開花までの成長期間が長い為、しっかりと根が張り、上部も大きくなります。その為、春と秋を比べるとボリュームが違います。秋植えは少ない苗数で花壇を埋め尽くすことができ、経済的でもあります。秋植えの感動体験を是非していただきたく、願いをこめてセットをつくりました。今回、初めて、秋植えをお買い上げのお客様、小さな苗が成長し沢山の花を咲かす事ができる、秋植えをお楽しみください。
POINT: 6
植え込み大きさの調整
1セット1㎡の幅の植え込み面積となりますので、幅が2mと広い場合は2セットお求めいただき、横にセットをつなげていただければ横幅が調整できます。 奥行きに関して、前方にビオラを植え込むと、奥行きを20~30cm深く調整ができます。冬の時期、寂しい花壇に花が咲き、5~6月の宿根の開花には同化してくれイングリッシュガーデンの1部になるビオラはおすすめです。 植え込みに関するQ&Aは コチラをご覧ください。ビオラの ご注文はこちらより 
POINT: 7
寒さ対策
雪深い地域のお客様からのご心配の声も聞きますが、雪は、植物を直接の寒さや霜から守ってくれるので、 あまり心配はございません。ただ、一番の心配は、強い霜です。せっかく張った根が霜で何度も浮き沈みして動かされてしまうと植物にダメージを受けてしまいます。 敷き藁やバーク等株の根本にかぶせて霜で根が浮き上がらないように守ってあげてください。その他、不織布をかける簡単な方法もございます。不織布はこちらから。