スケートボード(スケボー)の選び方スケートボードの全てを解説〜

スケートボードデッキの解説

スケボー デッキまったくのスケートボード初心者の場合、初めの一本は選ぶ基準が分からないと思います。 逆にいうとそんなに神経質ならなくてもいいと思います。一般的には幅が太ければ安定感が増し、幅が細ければ回し易くなります。

ランプなどがメインなら幅のあるデッキ、ストリートがメインなら細めのデッキを選ぶのが、一般的です。 ただし、体の大きさや、トリックによってもデッキの選び方は変わりますので、個人の好みによるところが大きいです。

初めはグラフィックや好きなブランド・ライダーなどを基準にお気に入りの板を選んでガンガン滑りましょう。 何本かデッキを替えていくうちにデッキの特徴や自分の好みがわかってくるので 自分の好みやスタイルからイメージしてサイズやキック・コンケーブの強さ、材質、重さなどを 考えたチョイスをしてみましょう。

自分に合ったデッキを見つけるのがポイントです。

キック・コンケーブ
スケボー コンケーブコンケーブとはデッキが湾曲した部分のこと。コンケーブはノーズアップやターンなどの コントロール性の向上を目的に採用されている。湾曲が強めだと、グリップが強く「足からズレにくい」とされ、 弱めだと「スタンス」をチェンジする際に「動かしやすい」と言われています。

ノーズとテール部分に角度の付いた部分がキック。 キックが強いとそれだけ地面との距離が離れ、オーリーの時にデッキの立ちが急になり、高さが出やすくなります。 逆に、キックが弱めだと反応が早く、「軽い」と感じます。

コンケーブやキックの強い・弱いはどっちがいいと言うものではなくて、好みの問題です。慣れていくのも大切でスケボー キックす。

※幅・長さ
近年、回転系のトリックが主流となり、ボードの幅が狭くなる傾向にあります。 幅が狭い程軽くなりデッキを回しやすくなります。逆に広ければシューズとの接地面積も広く安定性が良くなり、 初心者の方にはお勧めです。 自分の身長を考て、背の高い人は長め、という感じで選ぶとよいでしょう。

※サイズ
サイズはインチで表記しております。 1インチ=約2.5cmです。 (例)7.5×31のデッキの場合 7.5がデッキの太さで約19cmとなります。 31がデッキの長さで約78cm 7.5というサイズは一般的に細めのデッキになります。 体の大きさや、足のサイズによって異なりますが、初めは7.5以上のデッキをオススメ致します。

デッキのご注文はこちらから

 

スケートボード(スケボー) トラックの解説

スケボー トラックトラックはブランドによって乗りやすさにクセが有ります。 トラックの高さはHI(ハイ)LOW(ロウ)があり高さが違います。 こちらもデッキと同じく人の好みですのでどちらが良いと言った事は ありませんが、Hiには55mm位までの大きさのウィールが取り付けられます。 Loには53mm程が限界となります。

トラックの幅は、デッキよりも極端に幅が狭かったり、広かったりすると調子悪いです。少し狭いぐらいでOKです。デッキの幅7.5インチ〜7.75インチまでの一般的なサイズの場合は特に気にしなくても大丈夫です。ウェブスポのオリジナルデッキには LOWを使用しています。

HIの場合
スピードの速い大きなサイズのウィールをつける事ができます。 高さが上がるのでテールと地面との距離が遠くなり、オーリーなどのトリックで高く飛ぶ事ができます。

LOWの場合
車高が低くなり安定感が増します。 オーリーなどテールを弾くとき、高さが低いのでテールと地面との距離が近いので弱い力でも弾くことができます。

トラックのご注文はこちらから

 

スケートボード(スケボー) ウィールの解説

スケボー ウィールタイヤの役割を果たすのがウィール。 ウィールには大きさが有り、小さいものから大きな物まであります。 大きくなれば重くなりますがスピードは速くなります。逆に小さくなればスピードは遅くなりますが、軽く取り回しが出来ます。

スピード重視なら大口径ウィール、 回し系トリック重視なら細くて硬い、軽目のウィールを選ぶのが主流です。 ランプやボールを滑る方は、56mm前後の、大きめのウィールを選ばれます。 パークを利用する方などには、小さめのウィールが売れてます。

大きいウィールは速く快適な反面、フリップ等の回し技がやり難くなります。 小さいウィールはスケートを回しやすくなりますが、小石につまずいたり、路面に負けてスケートできなくなったり、 すぐにに磨り減るというデメリットがあります。どのようなスケートをするかによって変わってきますが、 とりあえず 最初は52〜55mm位をチョイスすると良いでしょう。

ウィールのご注文はこちらから

 

【スケボー ベアリング】

スケボー ベアリングウィールの内部に取り付けて使用するベアリングはスピードを左右する重要なパーツです。 ベアリングの精度はアメリカ規格のABEC1〜9で表され、 数字が高い程、精度が高く回転時のガタが少ない為、スムーズになります。スケートボードで使用されるのはABEC3、ABEC5、ABEC7などです。1台のスケートボードにはベアリングが8個必要になります。 初心者でまだスピードを出さないという場合にはABEC3で良いでしょう。 よりスムーズに滑りたい場合はABEC5、ABEC7を選択してみると良いでしょう。ウェブスポのオリジナルセットにはABEC7を標準で搭載しております。

ベアリングのご注文はこちらから

 

スケボー コンプリート・完成品】

スケートボードスケートボードはデッキ、トラック、ウィール、ベアリング、ボルト、グリップテープなどからできています。 コンプリートセットはそれが全てできたセットです。すぐに滑れる状態でお届けいたします。 パーツを一つ一つ選べないという方は、
このコンプリートセットで購入することをおすすめします。価格も¥9,800〜とお買い得で初心者の方にオススメです!

コンプリートはこちらから

オリジナルはこちらから

子供用はこちらより