繊細な職人技が宿る赤みの淡い紫

薩摩切子 紅藤 二重被せ

薩摩切子とは江戸末期に薩摩藩で造られた切子ガラスです。鉛を24~25%含むクリスタルガラスを使用し、無色のガラスの表面に色ガラスを1~2ミリ程度溶着させます。その色被せガラスにカットを施し、磨きあげた製品を「薩摩切子」と言います。薩摩切子は被せたガラスに厚みがありますが色味が淡い為、クリアガラスから色ガラスの間にできるグラデーション「ぼかし」が特徴でです。現代では、シャープな仕上がりが特徴の薩摩黒切子や、薩摩ブラウンなど先人が挑戦し続けてたように、技術だけでなく本質の継承を心掛けて、新しい薩摩切子も制作しております。


伝統の技と現代の技が生み出す薩摩の美

「伝匠 薩摩切子」幕末から明治初期に栄えた薩摩切子を、先人より伝えられた意匠と技術を受け継いだ匠が、現代の技術と発想を以って蘇らせました。当時から輝き続ける薩摩切子の魅力を後世へと伝えたい、という想いのもと「伝匠 薩摩切子」と称して温故知新の精神で創られた作品です。薩摩切子の魅力の一つに色ガラスの豊富なバリエーションがあげられます。幕末の匠によって創りだされた8色に加え、現代の匠によって生み出された黒。色のバリエーションには先人より伝わる現代匠の魂と情熱が込められています。

薩摩切子の取扱について

薩摩切子は耐熱ガラスではありません。熱湯 を注ぐと割れますのでご注意ください。
クリスタルガラスは柔らかいガラスです。ガラスどうしをあてないでください。
食器用洗剤を溶かしたぬるま湯に浸し、スポンジか布で丁寧に洗います。カット面は時々柔らかいブラシで洗ってください。吹きガラス・カット・磨きは全て職人による手作業で行っているため、作品の重さや厚みが一つ一つ異なります。まれにガラスの中に泡等の混入物がありますが、品質上の問題はございません。食器洗浄機、電子レンジ等は使用しないで下さい。

サイズ 65φ×55H
原産国 日本
知っておいてほしいこと 手作りのため、作品によりサイズや容量は異なる場合がございます。