犬用車いすの試乗車貸出もしています! 電話086-552-3050 7歳からの老犬(シニアドッグ)と介護が必要な犬のための岡山のショップ わんケア
犬用車椅子の販売・レンタル(車イス,歩行器)や介護用ハーネス、老犬のための介護用品、
フードやペットグッズなどを取り揃えております。
主な取扱商品はK9カート犬用車椅子、ウォークアバウト介護用歩行補助ハーネス、
床ずれ防止用介護マットホームナース、
犬用添え木、犬用保護ブーツ、ナックリング用ブーツ、靴、マナーベルト、
エリザベス・カラー、スリングなど。

ロゴ わんケア ロゴ サブタイトル


犬用車椅子や介護用品のへのお問い合わせ、車椅子サンプルの試乗については下記までお気軽に!
組み立てや調整もメールや電話でサポートします。
cs1@wancare.jp
/TEL 086-552-3050/営業時間10:00-17:00/定休日 土・日曜、祝日

わんケアについて わんケアについて 私とワンコの老犬生活 症状別 ケア知識とグッズ 会社概要 ご利用ガイド 商品一覧 愛犬の困ったQ&A    


2021年11月30日
 
k-9カート

k-9カート
★車椅子について、気になることや、サンプルの試乗についてお気軽にお問い合わせください!
cs1@wancare.jp
 
店長の部屋Plus+


[// :]


[// :]


[// :]

老犬介護の物語 犬用車椅子篇
犬用車椅子をマンガで
紹介します

足腰のケア
k9カート犬用車椅子
 ・K9カート犬用車椅子
 ・補助前輪パーツ
 ・後付前輪パーツ
 ・レンタル
介護用歩行補助ハーネス
犬介護用保護ブーツ
ラバーブーツ
ペットステップ
犬用ワゴン PGソフトカート バギー
 
オーナーグッズ
K9クーラーベッド
ライフバッグカジュアル
 
床ずれのケア
老犬介護用床ずれ防止マット ホームナース
犬介護用床ずれ防止ウェア
犬介護用床ずれ防止ウェア
 
排泄のケア
犬用マナーベルト
洗えるペットシーツ
犬用おむつ
 
体のケア
犬用エリザベスカラー トリムライン
ドライシャンプー
デリケートフィンガー
歯ブラシ
ペット用耳式体温計
 ・ペット用耳式体温計
 ・体温計+交換レンズ40枚
 ・交換レンズ40枚
 ・交換レンズ120枚
 
おすすめフード

アカナ
ドットわん

オリジン
ホリスティックレセピー
オーブンベイクド
 
老犬のイイ話
 
店長の部屋Plus+
日々是好日ミックス犬カブとの第2章
4月13日更新
 
店長の部屋Plus+
2013年4月28日
レオ君は18歳で永眠しました
 
老犬介護の知識あれこれ
老犬介護の知識ブログ 3/5
 
 
 
ブログ
 
■カレンダー

店舗へのお問合せは、下記の時間帯にお願いいたします

月曜~金曜10:00~17:00

土・日曜、祭日はお休みをいただいております。

▼ 2021年10月 ▼
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25

26

27 28 29 30
31          
▼ 2021年11月 ▼
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
             
 

…休業日

お問い合わせ先〒710-0261
岡山県倉敷市船穂町船穂5708
TEL.086-552-3050
(10:00-17:00)
cs1@wancare.jp

モバイル

QRコード

1万1000円以上で送料無料

メール会員募集中

犬 車椅子 犬 介護なら
老犬と介護の専門店わんケア


老犬介護の基礎知識 認知症トップ画像

■ワンコも歳をとると認知症にかかることがあります。

 ワンコも高齢になるとボケの症状が出てくることがあります。老化による脳の神経細胞の衰えや自律神経の機能低下、脳の萎縮などの原因が挙げられますが確実なことはわかっていません。ワンコのボケの症状には飼い主がわからなくなる、徘徊する、意味もなく夜鳴きするなど様々なものがあります。このような場合、原因がはっきりわかっていないため対症療法を行うしかありません。少しでもボケの進行を遅らせるために、現実を受け入れ適切な対応を行うことが必要になります。

ワンコの認知症の予防のために

1 たくさん話しかける

 コミュニケーション不足は愛犬のストレスになります。たくさん話しかけてコミュニケーションをとると頭も気持ちも活性化します。

2 スキンシップをとる

 眼や耳が衰えてきたワンコだからこそスキンシップが大切です。しっかり体に触ってあげる事で感情を刺激し元気にします。

3 散歩中に刺激をプラス

 散歩が排泄のための時間になっていませんか?時にはコースを変えてみたり、寄り道して遊ぶ時間を作ったりして刺激を増やしてあげると老犬の好奇心を呼び戻します。

4 子犬を迎える

 同居犬を迎えるのは大変刺激になります。上下関係を示そうとしたり、うるさいと邪魔にしたりするのも心とカラダの刺激となるでしょう。

■こんな行動をワンコはとっていませんか?
ワンコの認知症の症状について。

1 後退できない。くるくる回る。

 前進しかできす後退できない、クルクル回るといった行動はボケの症状が現れ始めたワンコによく見られる症状です。これらの障害が出たときは、バスマットなど柔らかい素材で円形のサークルを作ってあげましょう。角がないので嵌り込む心配もなく、体をぶつけても柔らかいので安心です。

2 夜鳴きする

 何も理由がないのに短調で高い声で鳴くのはボケの症状のひとつ。また昼夜逆転してしまうワンコも多いです。このような症状がでたら、まず本当に鳴く理由がないのか確認しましょう。体調不良や環境への不満が原因で鳴いている場合もあります。夜中に鳴かせないためには、昼は活動して夜は睡るという形に体内時計を修正してやるのがポイント。体内時計は日光にあたると調整できるので、寝たきりになってもひなたぼっこさせましょう。

3 おもらし

 おもらしもボケの症状のひとつ。ボケによるおもらしは叱っても効果がないので、おむつやペットシートを上手に使って部屋を汚すのを防ぎましょう。尿の量が増えているなら腎臓病、糖尿病、生殖器の疾患の恐れが。回数が増える、いきむ、血尿が出るなどの症状があれば膀胱炎の疑いがあります、動物病院で受診しましょう。

4 異常に食べる

 一日の食事回数を増やして食べたい気もちに応えてあげましょう。ボケの症状が出たワンコは、ひっきりなしにごはんを欲しがることがあります。こういう場合は1日のトータルの食事量は変えず、何度にも分けて与えるとよいでしょう。食べる回数を増やすと、ごはんをせがんで鳴く回数を減らせます。低カロリーのおやつをあげよう異常に食べるからと言って太ったり、吐いたり下痢をしていなければそれほど気にする必要はありません。ごはんを食べても欲しがるなら、カロリーの低いおやつをあげるのも手です。

 


スマホ