楽天

インフルエンザの症状と予防について

インフルエンザを予防する
インフルエンザの感染メカニズムには、「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」があります。一般的に、「咳」や「くしゃみ」で飛び散った飛沫が原因で生じる「飛沫感染」、付着したウイルスを手や指が触れることで広がる「接触感染」が主な拡散経路です。

通常、ウイルスの感染を予防するには、不織布のマスクを着用することが効果的です。マスクをする事で「飛沫感染」や「接触感染」を防げる可能性はあります。また、マスクを使用する際には、手を洗い清潔な状態で鼻と口を覆い、フィットさせることが重要です。定期的に新しいマスクと交換し、使用後は適切に処理することも求められます。

そして、最も重要な予防策は、「うがい」と「手洗い」をこまめにすることです。手が洗えない場合には、アルコール消毒薬や次亜塩素酸水などの除菌水を使用して清潔に保つことも効果的です。

何れにしても、インフルエンザウイルスに対する直接的な予防効果は限定的ですが、「うがい」は口や喉を清潔に保ち、粘膜を保護する役割がある為、少なからず予防対策となるでしょう。

あとは、バランスの取れた食事や適度な運動も免疫力を維持するために重要です。重症化しやすい高齢の方や体の弱い方は、予防接種をする事も必要です。これらの予防策は個人だけでなく、家族全体で実践することが大切です。流行期に備え、日常的に感染対策を実施し、感染リスクを軽減しましょう。  


インフルエンザ対策
インフルエンザに感染した場合、急な発熱に驚くことがあるかもしれません。インフルエンザは突然発症するため、診断後はまず安静にすることが重要です。また、他者への感染拡大を防ぐためにも、注意が必要です。

対策その1:咳エチケット
インフルエンザの感染を避けるためには、マスクの着用が必須です。たとえ風邪でも、咳やくしゃみを無作法にすると周囲に不快感を与えますが、インフルエンザの場合はなおさらです。患者本人だけでなく、看病する人もマスクを着用してください。また、定期的に新しいマスクに交換し、常に清潔を保つよう心がけることが必要です。

対策その2:室内の環境を整える
閉め切った部屋にはウイルスが充満しますので、少なくとも1時間に1回は換気を行い、ウイルスを外へ追い出すようにしてください。1時間に2〜3回の換気を行うのが望ましいです。

エアコンの暖房は部屋を乾燥させ、ウイルスにとって快適な環境を作り出します。湿度を50〜60%に保つよう努め、洗濯物を干すことや加湿器の使用も有効です。オフィスなどではデスクに置けるタイプの加湿器も予防としておすすめです。

対策その3:高熱時の対応
インフルエンザに感染すると、高熱を伴うことがよくあります。このような場合には、首筋、わきの下、足の付け根など、太い血管がある部位を冷やすことが効果的です。冷やしたタオルや保冷剤を使用すると良いでしょう。

インフルエンザに感染した患者からはウイルスが排出されています。鼻水をかんだティッシュや、それを触った手にもウイルスが付着しています。使用済みティッシュは蓋付きのゴミ箱に捨てるか、ビニール袋に入れて口をしっかり縛るなどして捨ててください。

ウイルスの付着した手で触れたドアノブやトイレは、消毒用エタノールや次亜塩素酸などで除菌・消毒してください。

対策その4:水分補給
高熱に加え、下痢を起こすこともあります。食欲がなく栄養を摂取できないこともあるでしょう。そのため、手の届くところに常に飲み物を置いてください。スポーツドリンクや経口補水液などが効果的です。

食事を無理する必要はありません。消化が良く、食べられる分だけで十分です。しかし、下痢や嘔吐で水分補給が困難な場合は、医療機関を受診してください。脱水症状を引き起こし、重症化する恐れがあります。

患者自身が他人にうつさないようにする意識も重要ですが、看病する側も感染しないよう環境を整え、正しい知識を持って回復に協力することが大切です。
新型インフルエンザと予防
強毒型の新型インフルエンザは、一般的なインフルエンザよりも大規模な流行を引き起こす危険性があります。新型インフルエンザは、従来の季節性インフルエンザとは異なる抗原タイプを持つものであり、多くの場合、鳥や豚などの動物に感染するインフルエンザウイルスが突然変異して人に感染するようになったものです。

通常、動物にのみ感染するウイルスが人に感染するようになると、人々は免疫を持たないため、感染が急速に拡大します。この結果、世界中でパンデミックを引き起こす可能性が高まります。 強力な感染力をもつウイルスは、目から感染するケースもあるとされています。ウイルスは粘膜に付着して体内に侵入しますが、目も外気にさらされているため感染経路になる可能性があります。例えば、細菌が目に付着して発症する「ものもらい」は、細菌が付いた手で目を触ることが原因です。

●徹底した感染防止対策

### 感染防止策その1
不要な外出は避けることが最善です。しかし、外出が避けられない場合は、マスクの着用、歯磨き(口の中の粘膜を整える)、手洗い、うがいを徹底することが重要です。学校では、県内で感染者が確認された場合、休校措置が取られる可能性があります。

### 感染防止策その2
密閉された空間である電車やバスを利用する際は、空いている時間に乗車しましょう。もちろん、マスクは必要ですが、可能であれば、徒歩や自転車で通勤・通学することを推奨します。

### 感染防止策その3
食事で免疫力を高めることも重要です。ヨーグルトに含まれるラクトフェリンは初乳成分で、ウイルスの予防効果があります。免疫力を高めると予防接種の効果も向上すると報告されています。外出先でもうがいや手洗いをこまめに行いましょう。

### 感染防止策その4
医療機関を受診する際は、事前に電話で指示を仰ぐことが大切です。これは他の患者への配慮としても重要なマナーです。感染が疑われる場合は、迷わず医療機関に連絡しましょう。

これらの行動は感染の拡大を防ぐための予防策です。感染した場合も、同様に厳重な対策が必要です。子どもや高齢者、持病のある人が感染すると大変なことになるため、家庭内にウイルスを持ち込まない、外に持ち出さない努力が必要です。

インフルエンザに感染しないためには、強い体を作ることが重要です。基本はバランスの取れた食事です。乳酸菌、ビタミン類、ミネラル、鉄、亜鉛などバランスのとった栄養素をしっかり摂ることで、体の免疫力を高めましょう。  
インフルエンザの特徴
風邪はいつの間にかひいていることが多く、鼻水や鼻づまり、頭痛、くしゃみ、咳などの症状が年間を通じて発症します。健康な人であれば、風邪は通常合併症を引き起こすことはほとんどありません。

一方、インフルエンザは急な発熱、寒気(悪寒)、関節の痛み、全身のだるさなどの症状が突然現れます。風邪とは異なり、インフルエンザの熱は38℃から40℃と高熱です。これだけでも体は非常に辛く、熱にうなされ、体中の筋肉が痛み、寝ている以外は何もできない状態になります。

さらに、熱が2日から4日も続くことがあります。インフルエンザとはそういう病気です。

インフルエンザの急激な症状の原因
インフルエンザの病原体はウイルスです。風邪のウイルスもありますが、インフルエンザのウイルスは特に強力です。ウイルスが体内に侵入し増殖することを「感染」と呼びます。このウイルスが体内で引き起こす症状のメカニズムは以下の通りです。

ウイルスに侵入された細胞は、その機能を奪われ、ウイルスを作る工場になります。この時点で感染が成立します。 やがて、ウイルスを生産し続けた細胞は力尽き、多くは死にます。死んだ細胞の周辺では炎症が起こります。

ウイルスに侵入された細胞たちは次々と炎症を引き起こし、これが高熱や筋肉痛などの原因となります。 インフルエンザに感染すると、急激に症状が現れる理由がここにあります。単なる風邪と同じように対処することはできません。

インフルエンザ特有の高熱
インフルエンザ特有の高熱は、ウイルスと必死に戦っている免疫機能の結果です。この高熱を解熱剤で無理に下げると、免疫機能にもブレーキをかけてしまい、インフルエンザウイルスの活動を優位にしてしまう恐れがあります。そのため、症状が長引いたり悪化したりすることがあります。

しかし、全ての患者が解熱剤を使わずに済むわけではありません。特に子どもやお年寄りなどには解熱が必要な場合もあります。医師の指導に従い、適切な用法・用量で薬を服用することが重要です。

インフルエンザの治療薬
一般的なインフルエンザ治療薬(タミフルやリレンザ)は、ウイルスの増殖を抑える効果があります。しかし、体内でウイルスが増えすぎた場合には、効果を発揮するのが難しくなります。そのため、発症から2日以内に服用することが必要です。

急な発熱、異常なだるさ、悪寒、頭痛などの症状が現れたら、早めに病院を受診してください。
ウイルスの正体
誰もがインフルエンザにかかりたくはありません。適切な予防対策を行うためには、ウイルスの正体を知ることが重要です。敵の正体を理解することで、より効果的な対策が可能となります。

病原体となる微生物には「細菌」と「ウイルス」が存在し、これらは人の目では見ることができないほど小さな生物です。細菌の大きさが1ミリの1000分の1(1マイクロメートル)であるのに対し、ウイルスは1ミリの100万分の1(1ナノメートル)しかありません。

この小さなウイルスは、人などの細胞に侵入し、猛烈な勢いで増殖します。たった1個のウイルスが8時間で100個、24時間では100万個にまで増えると言われています。インフルエンザにかかった人が排出する小さな粒には、おびただしい数のウイルスが含まれているため、非常に恐ろしいものです。

ウイルスは細胞を持たず、トゲトゲのついた微生物であり、他の生きた細胞の力を借りなければ増殖することができない、非常にしたたかな生き物です。

インフルエンザにかかった人の体内で増殖したウイルスは、咳やくしゃみで体外へ排出されます。会話でも同じことが起こります。

飛沫感染と接触感染
飛び散ったウイルスは、周囲の人の口へ吸い込まれたり、ウイルスの付着した物や場所に手を触れ、知らないうちに口や鼻にウイルスを運んでしまったりして感染します。このような感染の仕方を「飛沫感染」または「接触感染」と呼びます。

「飛沫」とは、直径がおよそ1000分の5ミリメートル(5マイクロメートル)の微粒子で、ウイルスが唾液などの水分に包まれた状態です。くしゃみで飛んだ小さな一滴の排出物の中には、おびただしい数のウイルスが含まれていますが、不織布のマスクで十分に防ぐことができます。

空気感染
飛沫感染よりも厄介なのが「空気感染」です。飛び散った飛沫の水分が蒸発し、身軽になったウイルスが空気中に漂うことになります。空気の流れに乗って浮遊するウイルスを吸い込んで感染するのが「空気感染」です。

この状態のウイルスは「飛沫核」と呼ばれ、マスクを通り抜けるほど小さいため、マスクだけでは予防が難しいです。

インフルエンザは、「飛沫感染」「接触感染」「空気感染」によって人から人へと広がります。特に、閉め切った教室やバス、電車の中など、空気の流れがあまりない場所では感染が拡大しやすいのです。

適切な予防対策を講じるためには、これらの感染経路を理解し、状況に応じた対策を行うことが重要です。
インフルエンザは風邪じゃない!
インフルエンザは、はしか、ポリオ、おたふくかぜ、百日咳などと同様に、病原体によって引き起こされる「感染症」の一つです。

学校では「学校保健安全法」に基づき、インフルエンザと診断された場合、解熱後2日間は登校禁止です。保育園では、免疫機能が未熟な年齢の子どもたちが多いため、解熱後3日間はお休みする必要があります。これは、発症後の3日間が最も感染力が強く、感染拡大を防ぐための措置です。

大人のインフルエンザ対策
会社などでインフルエンザに罹った場合、大人はどうでしょうか。多くの場合、仕事の都合や自己判断で、熱が下がると出勤してしまうことがあるでしょう。状況によってはやむを得ないこともありますが、インフルエンザの感染力の強さを考えると、休養が必要です。

季節性インフルエンザとその変化
インフルエンザは主に気温が低くなる晩秋から冬にかけて流行し、このため「季節性インフルエンザ」と呼ばれます。しかし、最近では夏にも発症が確認されることがあります。これは、インフルエンザの病原体が変化している可能性があるためです。冬が終わったからといって安心できるわけではありません。

インフルエンザの重症化リスク
インフルエンザは、症状の重さだけでなく、重症化の危険性もあります。年間約1000万人がインフルエンザと診断され、そのうち約1万人が亡くなっています。特に65歳以上の高齢者や慢性疾患を持つ人々は、インフルエンザに対する抵抗力が弱く、重症化しやすいです。心臓病や糖尿病、喘息などの慢性疾患を持っていると、重症化のリスクが高まります。

また、1歳から5歳の子どもが罹患すると、「インフルエンザ脳症」を引き起こし、後遺症が残ることや、場合によっては死亡することもあります。

新型インフルエンザの脅威
インフルエンザには、季節性インフルエンザのほかに、世界中の人々が免疫を持たない「新型」インフルエンザも存在します。2009年の新型インフルエンザの大流行では、思春期の子どもを中心に感染が広がりました。この時の感染拡大は非常に迅速で、多くの人々に恐怖を与えました。

再認識するインフルエンザの恐ろしさ
インフルエンザに罹患した際の体力や抵抗力によって、症状の重さは異なります。症状が軽く済んだ場合、インフルエンザへの警戒心が薄れることがあります。しかし、インフルエンザは依然として恐ろしい感染症であり、その危険性を再認識することが重要です。

インフルエンザの予防と対策を徹底し、自身と周囲の健康を守るための行動を心がけましょう。
弱毒型と強毒型(新型)のインフルエンザ
一度インフルエンザにかかれば、免疫機能によって抗体がつくられるはずです。それにもかかわらず、インフルエンザが毎年流行するのはなぜでしょうか。それは、インフルエンザウイルスが複製時にミスを犯すためです。

インフルエンザウイルスの変異
インフルエンザにはA型、B型、C型、そして新型といった種類があります。仮にこれらすべてにかかっても4回で済むはずですが、実際には何度も感染します。これは、インフルエンザウイルスが壊れやすい遺伝子を持っているためです。ウイルスが体内で増殖(コピー)する際に、コピーに失敗して若干異なるウイルスを作ってしまいます。その結果、新たなウイルスが生まれ、既存の抗体をすり抜けることができるのです。

子どもと大人の免疫反応の違い
インフルエンザにかかった子どもを看病している大人が感染しない、もしくは軽い風邪で済むことがあります。これは、大人がたまたま似たような抗体を持っていたため、症状が軽く済んだと考えられます。

一般的なインフルエンザは毒性が弱い「弱毒型」と呼ばれますが、パンデミック(感染症による世界的大流行)を引き起こす強い毒性の「強毒型」は「新型インフルエンザ」と呼ばれます。動物のA型インフルエンザが突然変異を起こし、人に感染するようになる場合がこれに該当します。この場合、ほとんどの人が抗体を持っていないため、パンデミックが引き起こされます。

新型インフルエンザと予防
新型インフルエンザの場合、すべての人が感染予防を行う必要があります。一般的なA型やB型の場合も予防や対策は重要ですが、感染しやすい人としにくい人に分かれます。

インフルエンザウイルスに感染しても、なんの症状も起こさないことがあります。インフルエンザに何度か感染し、免疫を持つことを「基礎免疫がついている」といいます。この場合、ウイルスに対する攻撃力が働き、発症せずに済みます。

免疫力の強い人と弱い人 免疫力が強く、バランスの取れた生活を送っている人はインフルエンザにかかりにくいです。これに対し、基礎免疫がついていない赤ちゃんやお年寄り、慢性の病気を持った人は感染しやすくなります。普段は健康でも、不摂生や栄養状態の悪化、睡眠不足で疲労が溜まると感染しやすくなります。

このように、インフルエンザの予防と対策を徹底することが、健康を守るために重要です。日常生活での健康管理が、インフルエンザから身を守る一助となります。
冬にインフルエンザが流行する理由
インフルエンザは一般的に冬に流行しますが、その理由はいくつかあります。インフルエンザウイルスが活発になる条件について理解することが、予防に役立ちます。

乾燥とウイルスの関係
冬は空気が乾燥しがちです。乾燥するということは水分が蒸発しやすく、咳やくしゃみで飛び散った飛沫の水分もすぐに蒸発します。これにより、ウイルスが空気中に解き放たれ、空気感染のリスクが高まります。乾燥した風が飛沫の水分を奪うことで、ウイルスは空気中に長く浮遊し、感染の確率が上がります。

温度とウイルスの増殖
インフルエンザウイルスが活動しやすい適温は約33℃です。人の体温はおよそ37℃ですが、冬の冷たい空気を吸い込むことで、鼻や喉の温度が33℃くらいまで下がります。このため、ウイルスが鼻や喉に付着すると、容易に活動しやすくなり、感染が確定します。冬の寒さと乾燥は、インフルエンザウイルスにとって非常に居心地の良い環境なのです。

室内環境と感染リスク
エアコンで冷やした室内も、冬の環境と同様に乾燥して冷たい空気が広がります。このため、夏でもエアコンが効いた室内で過ごすことで、インフルエンザにかかるリスクが高まることがあります。

ビタミンDの不足
人の体にはインフルエンザに対する弱点があります。その一つがビタミンDの不足です。ビタミンDは免疫機能をコントロールする役割があり、気温が低くなる冬には体力を奪われやすく、ビタミンDが不足すると免疫力が低下します。

冬にビタミンDが不足する理由は、日照時間の短さにあります。ビタミンDは唯一体内で生成できるビタミンで、太陽の光(紫外線)を浴びることで生成されます。しかし、冬は日照時間が短く、肌の露出も少なくなるため、ビタミンDの生成が減少し、不足しやすくなります。食べ物から摂取することも可能ですが、日光を浴びる機会が減ることでビタミンDが不足し、インフルエンザにかかりやすくなるのです。

冬にインフルエンザが流行する理由は、乾燥と冷たい空気によるウイルスの活動のしやすさ、室内環境の影響、そしてビタミンDの不足です。これらの要因を理解し、適切な予防対策を講じることで、インフルエンザから身を守ることができます。
   
橋本慎太郎
著者:大名町スキンクリニック 院長 橋本 慎太郎
金沢大学医学部卒、美容皮膚科クリニックを運営
https://m-beauty.jp/about/dr.html

エビデンスやメーカー様の資料などさまざまな文献を基に、みなさまの生活をより豊かにするための情報を発信しております。
本成分は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。疾病に罹患している場合はかかりつけ医師に、医薬品を服用している場合は医師、薬剤師に相談してください。食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスをお勧めします。
copyright (c)
エクセレントメディカル all right reserved.

〉〉