ホーム > ベジッポとは
誰もが本当に食べたいものって?

ベジッポとは

西日本を中心とした農家さんの真心こもった野菜や果物等を皆さまのご自宅にお届けし、健康的な生活をサポートする、ネットショップです。

ベジッポの由来
ベジタブルのベジに子供から大人まで気軽で呼びやすいかわいい音で決定しました。

ベジッポストーリー

photo 余 裕華
(よ ゆふぁ)
ジッポをご覧いただきありがとうございます。店長の余裕華です。私は在日朝鮮人3世でゆふぁと呼んでください。
私は少し人とは違う体験をしてきました。よろしければ少しだけお付き合いください。
私は4人兄弟の3番目で幼少期は毎日家族団らんで食事をしていました。食べ盛りの衣立ちに母は毎日、元気になるご飯を作ってくれました。母はいつも、
食は体を作るもの
と話し、その影響を受け、大学卒業後、私は栄養士となりました。
しかし、その後の別の仕事で会社経営の手伝いをすることになったのですが、その会社が倒産。私は、心身ともに疲れ、引きこもりになり、いわゆるニートに。実家で死んだような日々が9ヶ月続きました。
そんな私が野菜屋でバイトをすることになりました。 見かねた母が、野菜屋さんのバイトを私に紹介してたんです。 気分転換のつもりでしたが、野菜屋さんの仕組みを知り、実際に自分でも販売できることに気がつきました。 当時、興味深かったのは、その野菜を使ってジュースを作る時、驚くほど栄養価が失われていたことでした。
photo 実は、一般的なジューサーやミキサーで作る野菜ジュースは、カクハンの際に栄養が壊れ、失われてしまいます。そこで私は、その栄養を壊さない低速ジューサーの販売を考えるようになりました。
なんとすぐに、株式会社を立ち上げ、
物販をするサイトネットショップを作ろうと考えました。しかし失敗の日々。
低速ジューサーのつながりから、家電の販売を思いつきますが、商品の多さに企画倒れ。気持ち新たに、低速ジューサーの販売と、野菜の販売を始めますが、自社商品がないので売れませんでした。

そこで栄養士の私は、現代の忙しいサラリーマンが簡単に作れ、長期保存できる乾燥食材の料理キットの販売を考えました!

はじめて家庭用食材乾燥機を購入するのですが、料理キットは、制作に時間がかかる上、自社製品での販売では採算がとれないことがわかりました。
photo
ただ、玉ねぎを乾燥したものがとても
美味しいことを発見しました!
栄養士だからできたセミドライフードです。
玉ねぎの乾燥食材を作るために、いろんな本を読みました。
photo すると、ある一定の温度から栄養素の変化が始まることに気がつきました。料理も一緒で高温調理してしまうと、栄養素は変化していきます。
また、一定の美味しさを保つためには、乾燥時間の調整も必要です。ベジッポの食材は、約10%の水分を残したセミドライフード。パリパリではありません。しかし、そこに栄養、甘み、香りを閉じ込めています。
食材の切り方から、温度や時間まで、一人で何度も考え試作をしました。
そして、やっと、ベジッポオリジナルの商品が完成したのです。
今はもちろん、業務用乾燥機を使い、調理しています。

普通のドライフードとの違い

通常で売られているドライフードは、高温乾燥させたものです。しかも、通常捨てられてしまうような野菜を使っているのが特徴です。

しかしベジッポは、美味さをそのままお届けするため、規格品を利用して低温乾燥で栄養素を壊さないよう時間をかけ作られています。
規格外品が悪いと言っているのではなく、味が保証されているものを選んでいるからです。規格がバラバラだと、味にもバラつきが出ます。

美味しいレストランで、最高の食材を使うのは当然

ベジッポのドライフードは圧倒的に美味しいのです。素材の良さを生かすため無添加、無着色、無香料。もちろん自家製(日本製)
photo

ベジッポの想い

  • 美味しいもの=気持ちが潤う

    美味しいものを食べることで人は幸せを感じ、その幸せは、生活や気持ちにも潤いを与えてくれます。
  • 美味しいもの=食べることが楽しい

    美味しいものを食べたときの感動、美味しいものを目の前にしたワクワク感は食べることの楽しさを再認識させてくれます。
  • 美味しいもの=癒される

    美味しいものを食べるだけでなぜかストレスが解消されたり、心も体も癒されたという経験は誰にでも一度はあると思います。
  • ベジッポは「楽しい食で健康」をモットーに、食べることの楽しさを一人でも多くの方に伝えていければと思います。また、美味しい野菜や果物を全国ひいては全世界にお届けする仕組みづくりに専念し、野菜やフルーツ等の「食」を通した地域活性化に貢献したいと考えています。
SPサイトを見る