新型コロナウイルス感染症へのMSFの対応【最新情報】

欧州、中東、アジア、北米、中南米と、世界各地で新型コロナウイルス感染症に対応中。

①医療従事者の安全を確保
深刻な感染リスクにさらされる医療従事者を感染から守るほか、医療施設の感染制御を支える。

②弱い立場に置かれた人びとを援助
密集したキャンプに暮らす難民など、医療や衛生面が脆弱な環境に置かれた人びとを支える。

③健康リスクの高い人びとを援助
高齢者や持病を持つ人など、感染時に重症化するリスクが高い人びとを支える。

④世界70カ国での既存の活動を維持
新たな感染症に対応しながら、さまざまな人道危機の中を生きる人びとへの医療援助を継続する。

⑤現場からの提言
医療従事者の安全確保の重要性や、医薬品の供給が特許と独占で妨げられないようにすることなどを提言。

  ⇒活動についてより詳しく知りたい  



 国境なき医師団とは

国境なき医師団(Médecins Sans Frontières=MSF)は、 独立・中立・公平な立場で医療・人道援助活動を行う民間・非営利の国際団体です。1971年に設立し、1992年には日本事務局が発足しました。

MSFの活動は、緊急性の高い医療ニーズに応えることを目的としています。紛争や自然災害の被害者や、貧困などさまざまな理由で保健医療サービスを受けられない人びとなど、その対象は多岐にわたります。

MSFは世界各地に38事務局を設置しています。主な活動地はアフリカ・アジア・中東・中南米で、2018年は70ヵ国以上で活動しました。約4万7000人の海外派遣スタッフ・現地スタッフ・事務局スタッフが世界各地で働いています。2018年、MSF日本は106人を派遣しました。派遣回数はのべ148回で、27の国と地域で活動しました。

MSFの活動は、95%が民間からの寄付で成り立っています(2018年)。また、活動地へ派遣するスタッフの募集も通年で行っています。さらに、活動地の現状報告や患者の方々の声を届ける証言・広報活動も重視しています。

1人でも多くの方が、私たちとともに行動してくださることを願っています。

国境なき医師団は、危機のある場所、医療のない場所へ駆けつけます。

  ⇒国境なき医師団のことをもって知る  




医療のない場所ってどんな所?

国境なき医師団は、下記のような場所にいち早く駆けつけ、人びとが安心して医療を受けられる環境が整うまで援助活動を続けます。

・空爆や銃撃で多くの人が傷つき、命を落とす紛争地
・清潔な水、食糧、医療などが不足し、病気が流行する難民キャンプ
・地震、台風、洪水など一瞬で大きな被害が発生する自然災害の被災地
・病院がない地域・病院が遠すぎて通えない地域
・貧困などが原因で薬を手に入れることが難しい地域
・食糧不足で栄養失調が繰り返される地域

 >実際の様子を動画で見る
 >実際の様子を写真で見る




国境なき医師団はどんな活動をしているの?

医療のない場所にスタッフを派遣して、人びとの治療や病気の予防をしています。
医療を受けられない人びとのことを世界中の人々に知らせ、協力を呼びかけています。
活動するための資金を確保するために、世界中から寄付を募っています。



 遼南商店は、医療・人道援助活動をしています

株式会社遼南国際商事は、
2012年11月設立以来、
情報機器の「リユース」(再使用)や
「リサイクル」(再資源化)を行っております。

日本国内での通信販売だけではなく、
提携業者を通し、
発展途上国へ中古パソコンの輸出事業も展開しております。

近年、医療が受けられなく命させ守れない方々の事例を多く目線に入ってきました。

遼南国際商事は、企業活動を行いながら、
より有意義な社会援助活動も支援し始めました。



遼南商店(株式会社遼南国際商事)は、日本国内通信販売の売上金の一部を、 1971年に設立した、感染症や紛争や自然災害などで緊急性の高い医療ニーズに応える世界最大の国際的緊急医療団体へ寄付し、医療支援活動に貢献しています。



  ⇒国境なき医師団のことをもって知る