地球儀ガイド
地球の形をもとめて   

地球儀がひとつあれば   

地球儀の種類

画像地球儀のページへのリンク

地球儀の大きさと縮尺

大きさで選べる地球儀

金額別地球儀一覧


地球の形をもとめて

最近は100円ショップで小さな地球儀が売られていたり、インターネットを利用すればパソコンの画面の中に地球の姿を3Dで表示できたり、私たちの星、地球が「球」であることは誰でも知っています。地球が丸いことは今から2000年以上昔、紀元前のギリシャ時代から考えられていましたが、それが実際に確かめられたのはマゼランの時代、16世紀になってからのことです。中世のヨーロッパ、キリスト教の世界では「地球は丸い」という考えは異端とされ、地球儀作りが禁止された時期もあるとか。しかし大航海時代の幕開けとともに、より正確な地球儀が求められるようになりました。

現在残っている最古の地球儀は「マルチン・ベハイムの地球儀」と言われるもので、直径が約50cmの大きなものです。この地球儀が作られたのは1492年。コロンブスがヨーロッパから西の航路でインドを目指した時代です。したがってこの地球儀にはまだ、米国大陸は描かれていませんでした。

・・・21世紀の現在では、人工衛星やスペースシャトルの画像を見ることで、地球が球体であることは誰でも確かめられるようになり、またGPSの発達で、地球上のどこに自分がいるのか、わずかな誤差でわかるようにもなりました。伊能忠敬が子午線の長さを求めて日本中を歩いてから200年。今後、世界情勢や環境の変化にあわせて、地球儀の用途、意義も変わってゆくことでしょう。

18世紀、オランダで作られた
ファルク地球儀

Page Top


地球儀がひとつあれば

地球上のどこに、どんな国があるか、オーストラリア大陸はどんな形か、ヒマラヤ山脈はどこにあるかということは、世界地図を広げてもわかります。しかし、日本の裏側はどこか、熱帯と温帯はなにがちがうのか、昼と夜、季節の変化はどうしておきるのか、ということは地球儀がないと、なかなか理解しにくいものです。また地球の表面を分割して引かれた経線や緯線はどのようにして決められたのか(全部で何本あるか)、太陽が東から昇るのはなぜか、ということも、地球儀を前にして初めて理解できるのではないでしょうか。地軸の傾きと太陽の関係など、他の恒星・衛星との関係も地球儀があれば理解が進みます。他にはどんな使い道があるでしょうか?


地球儀の種類

地球儀には大きく分けて「地勢」タイプと「行政」タイプの2種類があります。

地勢タイプは大陸を等高線で色分けし、平野や高原、山脈など「自然の地形」が一目でわかるようになっています。また海も深度別に色分けされています。
行政タイプの地球儀は国別に色分けされています。主な都市の名前も記載されています。たとえば球形32cmの行政タイプの地球儀にはなんと、3500もの都市の名前が記載されています。もし、みなさんの家や学校に10年前、20年前の行政地球儀があれば、今の地球儀とくらべてみてください。国の名前や国境が変わっているところがたくさん見つかるはずです。

Page Top

地勢タイプと行政タイプの他には、人工衛星で撮影した画像をもとに「素顔の地球」が見られる「画像地球儀(上の写真)」、地球の表面積の七割を占める海洋にスポットを当てて作られた「海洋地球儀」などがあります。めずらしいものでは「白地図地球儀」があり、地理や地学の授業などで使われています。

画像地球儀のページへのリンク

 宇宙から見た地球の姿

Page Top


地球儀の大きさと縮尺

64cm以上はご相談ください。       Page Top

大きさで選べる地球儀 45cm  32cm   26cm  23cm  12〜15cm

ご予算で選ぶなら 金額別地球儀一覧