Loading...
AR7719-100
AIR FORCE 1
Learn More

AIR FORCE 1

スニーカーは、白であるべき。

綺麗であればあるほどステータス。
そう教わったのがエア フォース1でした。 最初に欲しいと強く思ったのは、90年代後半のこと。 自分の中でヴィンテージ熱が一旦落ち着き、紆余曲折を経てヒップホップカルチャーに興味を持った頃。 すでにおしゃれな人たちの間でエア フォース1の白×白は、ティンバーランドと同じくらいアイコン化していました。 しかし当時はまだ日本で正規発売されていなく、並行輸入ショップで¥15,000以上は最低でも出さないと買えません。 ユニフォーム的なベーシック、でも履く人を選ぶ。そんなイメージでした。 気軽に買えるようになったのは、アメリカに留学していた時でした。 フットロッカーの定価が70ドル。当時の『Boon』のスニーカー特集や広告ページを見ると1万5800円とか。 日本の半額で、しかもどこでも買える。そんな嬉しい悲鳴を日本の友達に届けたくて、まとめ買いしては地元の友達に送っていました。 UPSで送料が約20ドルだったので、約9000円。革の関税がかからないように品名を「Athletic Shoes」とラベルに書いていました。 もし70ドルのスニーカーで引っかかったら、さらに上代の30%の2100円が追加されます。革靴じゃないのだから関税なんてありえない、と思っていたし、そうなると旨味はさしてありませんよね。 しかし1982年の誕生時、バスケットシューズ市場が軽くて安いクラリーノ(人工皮革)全盛だったのに対し、エア フォース1は強気の本革で、定価がなんと2万5000円。 1ドルが230円の頃ですので、おそらく海外でも100ドル強はしていたのではと推測できます。 とにかく別格的な扱いだったそう。学生で手にしていた人など、ほとんどいなかったようです。 もし僕が品名表記を工夫しなかったら、このスニーカーは間違いなく課税の対象となっていました。

ストリートで愛される所以は、色々とあると思いますが、僕にとってこのモデルのステータスが高い理由は、革靴であり、スニーカーであることです。 たとえフレッシュな”White on White(白×白)”であっても、スラックスや上品なパンツに合わせても似合う魅力が、思い出補正とともに備わりました。 大人になってから改めて接して見ると、意外な発見がありますね。一方で最近の若い人の足元を観察していると、エア フォース1は”Black on Black(黒×黒)”の人気が高いように思われます。 ヒップホップカルチャーやストリート育ちの世代からみると実に意外なトレンドですが、このスニーカーが革靴的な魅力を持っていることを知れば、至極当然なチョイスかもしれません。 しかもそれがいまでは国内定価で1万円。ファッションも随分と気軽に楽しめる時代になったなぁ、と思います。


小澤匡行 - MASAYUKI OZAWA
1978年生まれ、千葉県出身。雑誌『Boon』でライター業をスタート。現在は編集・ライターとして『MEN’S NON-NO』、『UOMO』(集英社)等の雑誌やカタログ、広告などで活動。2016年に『東京スニーカー史』(立東舎)を上梓、近著に『SNEAKERS』(スペースシャワーネットワーク)の日本語監修など。

スニーカーは、白であるべき。

綺麗であればあるほどステータス。
そう教わったのがエア フォース1でした。
最初に欲しいと強く思ったのは、90年代後半のこと。
自分の中でヴィンテージ熱が一旦落ち着き、紆余曲折を経てヒップホップカルチャーに興味を持った頃。
すでにおしゃれな人たちの間でエア フォース1の白×白は、ティンバーランドと同じくらいアイコン化していました。
しかし当時はまだ日本で正規発売されていなく、並行輸入ショップで¥15,000以上は最低でも出さないと買えません。
ユニフォーム的なベーシック、でも履く人を選ぶ。そんなイメージでした。
気軽に買えるようになったのは、アメリカに留学していた時でした。
フットロッカーの定価が70ドル。当時の『Boon』のスニーカー特集や広告ページを見ると1万5800円とか。
日本の半額で、しかもどこでも買える。そんな嬉しい悲鳴を日本の友達に届けたくて、まとめ買いしては地元の友達に送っていました。
UPSで送料が約20ドルだったので、約9000円。革の関税がかからないように品名を「Athletic Shoes」とラベルに書いていました。
もし70ドルのスニーカーで引っかかったら、さらに上代の30%の2100円が追加されます。革靴じゃないのだから関税なんてありえない、と思っていたし、そうなると旨味はさしてありませんよね。
しかし1982年の誕生時、バスケットシューズ市場が軽くて安いクラリーノ(人工皮革)全盛だったのに対し、エア フォース1は強気の本革で、定価がなんと2万5000円。
1ドルが230円の頃ですので、おそらく海外でも100ドル強はしていたのではと推測できます。
とにかく別格的な扱いだったそう。学生で手にしていた人など、ほとんどいなかったようです。
もし僕が品名表記を工夫しなかったら、このスニーカーは間違いなく課税の対象となっていました。

ストリートで愛される所以は、色々とあると思いますが、僕にとってこのモデルのステータスが高い理由は、革靴であり、スニーカーであることです。
たとえフレッシュな”White on White(白×白)”であっても、スラックスや上品なパンツに合わせても似合う魅力が、思い出補正とともに備わりました。
大人になってから改めて接して見ると、意外な発見がありますね。一方で最近の若い人の足元を観察していると、エア フォース1は”Black on Black(黒×黒)”の人気が高いように思われます。
ヒップホップカルチャーやストリート育ちの世代からみると実に意外なトレンドですが、このスニーカーが革靴的な魅力を持っていることを知れば、至極当然なチョイスかもしれません。
しかもそれがいまでは国内定価で1万円。ファッションも随分と気軽に楽しめる時代になったなぁ、と思います。


小澤匡行 - MASAYUKI OZAWA
1978年生まれ、千葉県出身。雑誌『Boon』でライター業をスタート。現在は編集・ライターとして『MEN’S NON-NO』、『UOMO』(集英社)等の雑誌やカタログ、広告などで活動。2016年に『東京スニーカー史』(立東舎)を上梓、近著に『SNEAKERS』(スペースシャワーネットワーク)の日本語監修など。

- PICK UP -

AIR FORCE 1 PRM JDI

不朽の名作、
AIR FORCE 1より、ヒールに「JUST DO IT.」のスローガンを加えたプレミアムモデルが登場。
NIKEが掲げるこのスローガンは今年で誕生30周年。
「毎日が、あたらしいなにかに挑戦するための日」と謳うNIKEの理念をプッシュしたモデル。

NIKE AIR FORCE 1 '07

NIKE WMNS AIR FORCE 1 '07

1982年の登場から現在まで、色褪せる事なく世界中の人々に愛され続けている「Air Force 1 / エア フォース 1」。
ストリートカルチャーと共に時代を築き上げながら、今も変わる事無く進化を繰り返すことで「不朽のアイコン」の名を欲しいままにするモンスターシューズ。

1982年の登場から現在まで、色褪せる事なく世界中の人々に愛され続けている「Air Force 1 / エア フォース 1」。
ストリートカルチャーと共に時代を築き上げながら、今も変わる事無く進化を繰り返すことで「不朽のアイコン」の名を欲しいままにするモンスターシューズ。

AIRFORCE 1 07 LV8

AIRFORCE 1 07 LV8

パイル地のシェニールパッチでスウッシュを象ったポップなデコレーションのエアフォース1ローカット。
ブラックスエードのアッパーにグレーのスウッシュを立体的に表現したワッペン付き。

パイル地のシェニールパッチでスウッシュを象ったポップなデコレーションのエアフォース1ローカット。
ブラックスエードのアッパーにグレーのスウッシュを立体的に表現したワッペン付き。


About  Kicks Wrap ?

スニーカーをラッピングする専用のシュリンクフィルム。

NIKE新作特集

只今NIKEより新作が続々入荷中!日々新しいアイテムが入るので、是非チェックしてみてください!
定番アイテムからレアスニーカーまで、きっとお気に入りの一足が見つかります!

2018 SUMMER BIG SALE!!

2018サマービッグセールが始まりました!
夏真っ盛りの今使えるアイテムから秋冬に向けた掘り出し物まで要チェックです!

トラックパンツがポイント10倍!

スーパースターシューズを着想源に、SSTトラックスーツはテニスのトレーニング向けアイテムとして、1979年に誕生。そして瞬く間に、その艶感のあるトリコット素材はストリートの象徴となる。

スニーカーケア "JASON MARKK(ジェイソンマーク)"

世界30カ国2,000店舗以上のスニーカーショップやセレクトショップ、百貨店などで取り扱われるスニーカーアクセサリーブランド。水分や汚れをよせつけません。

- MORE PICK UP -


メルマガ登録はこちら

最新情報からお得な情報まで!
登録はこちら!