MLK PAINT

ターナーミルクペイント DIYを安全に気軽に楽しむために、原料にこだわった本格派オリジナルペイント!

ミルクペイントの由来 アメリカ開拓時代、ミルクカゼインを利用した塗料を使って家具などを彩色していました。顔料として身の回りにあるもの(土・レンガなど)を使っていたことから、落ち着いた色調(アーリーアメリカン・アンティーク調)のものが多いのが特徴です。

使用方法 塗面積:約5〜7m2(1l/2回塗り)※使用後は必ず密閉し、直射日光・高温多湿を避けて保存してください。乳成分に由来する原料を使用しているため、腐敗する恐れがあります。※テーブルなど耐久性が必要な部位には上塗りとしてトップコートクリア(UVカット)をご使用ください。

クラッキングメディウム ひび割れしたタッチを再現できる ミルクペイントとセットで塗ることにより、時を経て、ひび割れしたタッチを再現することができます。

使用方法 塗面積:約7〜12m2(1l/1回塗り)※刷毛で何度も同じところを塗ると、塗料のダマができ、塗料のもたつきが出ます。また、塗膜が割れなくなります。※上塗りが必要なときは油性のオーバーレイを使用してください。水性タイプを使用すると塗膜が割れます。

ポイント 塗膜の割れ方は、メディウムの塗布量、上塗りまでの乾燥時間、上塗りの塗布量や刷毛の方向等で変わります。

アンティークメディウム 塗るだけでアンティークな風合いに 身近にある木製品や家具が塗るだけで簡単にくすんだ味のあるアンティーク風に仕上がります。

使用方法 塗面積:約8〜10m2(1l/1回塗り)

ポイント 古ぼかした感じを強く出したい時は、汚れやすい角を重点的に塗ります。

トップコートクリア(UVカット)上塗りすることで耐久性を+ ツヤをあたえ、紫外線や手垢から守ります。テーブルの天板などキズがつきやすい場所にご使用ください。

使用方法 塗面積:約9〜13m2(1l/1回塗り)※塗布後、表面が乾いてもすぐに布や紙などを重ねないでください。接着の恐れがあります。※クラッキングメディウムの上塗りには使用できません。油性タイプのオーバーレイをご使用ください。

ダストメディウム 白っぽく、くすんだ仕上がりに ホワイトで汚しをつけることで、ホコリをかぶったような雰囲気に仕上がります。

使い方 塗り面積:約8〜10m2(1l/1回塗り)

ポイント 汚し具合によって完成の雰囲気も変わります。最初は少し色づく程度に薄く塗り、全体の汚れ具合を確かめながら進めましょう。 ウエスとは、布製品を再利用した汚れなどを拭くためのもの。使わなくなったTシャツやタオルなどを、使いやすい大きさに切ってご使用ください。 ホワイトの汚しをつけるため、下地のミルクペイントの色は濃いめの色がおすすめです。

ブラスターメディウム(漆喰風) 漆喰調の仕上がりに

使い方 塗り面積:約9〜13m2(1l/1回塗り)

マルチプライマー 塗装面への密着性を向上

使い方 塗り面積:約20〜25m2(1l/1回塗り)

ラストメディウム サビを表現し古びたアンティークな仕上がりに

使い方 塗り面積:約20〜25m2(1l/1回塗り)

共通注意事項 ※塗装は下地が充分に乾燥した状態で行ってください。  ※気温5度以下での塗装は避けてください。  ※使用後の刷毛・筆等は、乾かないうちに水洗いしてください。  ※皮膚に付着した場合は、石鹸水で洗い落としてください。  ※目に入った場合は、多量の水で洗い、できるだけ早く医師の診察を受けてください。  ※誤って飲み込んだ場合は、できるだけ早く医師の診察を受けてください。  ※こどもの手の届かないところに保管してください。

DIY初心者講座 これからDIYを始める人へ

カラーシミュレーション 色は部屋の雰囲気や印象を決める大きな要素です。豊富なカラーで内装のコーディネートを事前にご確認