ゲストとしてではなく新郎新婦の親族の代表として、友人や会社の人と会うことになります。結婚式の場での振る舞いは、良いこともそうでないことも印象に残りやすいです。色は黒、ロゴや装飾は控えめに、シンプルなものを選ぶと良いでしょう。

基本的には上司・部下に関わらず、フォーマル重視な服装が無難ですが、職種や式場によっては、参加者の多くがカジュアルな場合もあります。シャツの色や靴などフォーマルの基本さえ押さえておけば問題ないでしょう。同僚に事前にリサーチするのも◎

新郎新婦の親しい友人という立場で出席する人たちの服装は様々ですが、新郎新婦のご両親や他の年配の参加者からマナーがなってない友人と見られない為にも、フォーマルの基本をしっかり押さえた服装が良いでしょう。

正式な決まりはありませんが、 会場の格式やドレスコードに合わせて服装を決めましょう。蝶ネクタイやアスコットタイ、あるいはノーネクタイなど、少しカジュアルな雰囲気を作るとオシャレでしょう。

招く方も招かれる方も、相手のことを慮った結果誕生したご祝儀文化。ちょっと面倒くさいと思われがちですが、その背景を知ると日本人ならではの粋な心遣いが見えてきます。あなたの気持ちを最大限に伝えてくれる上質なアイテムを選びましょう。









T-Style 売れ筋ランキング
ranking

ギフトラッピング
gift wrapping



PAGE TOP