歴史
History

トータスは明治30年創業の莫大小屋です。
それまでの布地は、縦糸と横糸を交互にくぐらせて、織り上げるカチッとした織物で、「メリヤス」とは一本の糸による編み輪の絡み合いでつくる伸縮性に優れた布地です。
さらに、製造者としてより良い素材・技術を求めて、平成の時代に入ってから、約80種類の有用微生物群EM(Effective Microorganisms)によるのポリエステル綿混紡糸(特許第3130484)を実現、本来薬草といわれる徳島特産の「藍」を使っての天然染色の導入も行ってきました。

皆様に、さがし求めて頂ける良いものづくりをモットーに
今までも、そしてこれからも、トータスは走り続けていきたいと思っています。

●トータスの商品は紡績から編み立て、染色、縫製まですべて日本でおこなっています。

  • 紡績紡績
  • 染色染色
  • 裁断裁断
  • 縫製縫製

素材
Material

はらまきなどに使われているワッフル生地は弊社独自開発の生地で、凸凹構造になっていて肌と生地の接触面が少ないため、さらっとした肌触りです。
また凸凹の空間層に自分の体温を溜め込むため、じんわりと温かさを感じます。汗をかいても発散性が高いので一年中快適に着用いただけます!

■ ワッフル素材の特徴

  1. 汗の吸収が早い
  2. 水分の発散性が高い
  3. 暖かい

生地には、*EM(有用微生物群)加工を施したポリエステル綿混紡糸(特許 第3130484)を使用しており、遠赤外線効果も期待でき、自らの体温に加え、自然界のチカラも素材に付加しています。

*EM(有用微生物群)
光合成細菌、酵母、乳酸菌などを含む約80種類の善玉菌の集合体。
「老化」「劣化」など、体に害を及ぼす活性酸素を誘発する悪玉菌に対して抗酸化物質を生成し、活性酸素を消すチカラを持つと言われています。