すき焼はお肉だけでなく、お肉の旨みが野菜、お豆腐、こんにゃくなどいろいろな具材にも染み込んでさらにおいしく召し上がれます。
だからこそ友屋本店の松阪牛の良さがはっきり分かっていただけると思います。

【すき焼の美味しいお召し上がり方】
  1. 厚手のすき焼き鍋(なければ普通の鍋で大丈夫です)を少し煙が出るまで加熱し、松阪牛の牛脂を鍋全体に馴染ませます。
  2. 最初の一枚目は両面を軽く焼き、その上に「友屋本店オリジナルすき焼きのたれ」をさっとかけ、溶き卵につけてお召し上がりください。
    なお、卵につけなくても非常に美味しいのでぜひお肉本来の旨みをお楽しみください。
  3. 続いて、野菜・豆腐などを鍋に入れ先程のすき焼きのたれを鍋全体に行き渡るようにかけます。火が通ってきたら、お肉を入れ、再度すき焼きのたれで味を調えてお召し上がりください。
  4. 松阪牛と野菜の旨みが出た炊き汁をご飯にかけるだけでもとても美味しくいただけますが、やはり〆は炊き汁の中にうどんやご飯を入れお召し上がりいただくのがおすすめです。
    ご飯と溶き卵を入れた雑炊が特におススメです。

友屋本店の松阪牛はしゃぶしゃぶをしても松阪牛の味の濃厚さ、深みがきちんと残ります。あっさりでいて、しかも満足!

当店では松阪牛のおいしさを十分味わっていただくために、いわゆるしゃぶしゃぶ用の極薄には切りません
さらには、一枚ずつセロファンに包んだりも致しません。なぜなら、剥がすのが面倒な上、きれいにとれないため、せっかくの松阪牛が台無しになるからです。
お肉に自信があるからこその、当店の"コダワリ"です。

【しゃぶしゃぶのお召し上がり方】
  1. 土鍋またはしゃぶしゃぶ鍋に八分目ぐらいの水と、だし昆布を入れて火にかけます。
  2. 鍋のだしがふつふつと沸騰しましたら、昆布を引き上げます。
  3. お肉を1枚ずつお鍋の中でしゃぶしゃぶします。
    お肉が淡いピンク色になりましたら食べごろです。
    ポン酢、ゴマダレでお召し上がりください。
【美味しくお召し上がりいただくには】
  1. ・鍋のだし(湯)をあまり沸騰させすぎないでください。
    ・牛肉はあまり煮過ぎない様にします。
    ・アクは丁寧かつこまめに取ります。
    ・一度にたくさんの量を鍋に入れない様にします。
  2. 〆はやはり肉や野菜の旨みが出た炊き汁の中に、ご飯を入れ、ポン酢を少々と溶き卵を入れて、雑炊にするのもオススメです。梅干し、塩昆布との相性が抜群です。