機械式腕時計の魅力

単に時間を知りたければ進化し続ける高精度のクオーツ腕時計や、スマートフォンで正確な時を知ることができる現代。
しかし、今なお愛され続ける機械式時計。
そこにはただ時間を知る道具というだけではなく、非常に小さなからだのなかには職人が丹精込めて設計したデザインや機能など深いこだわりが息づいています。

機械式時計の魅力

付ける喜び

時計には時間を確認する以上に、身に付けることに特別な価値を感じることができるアイテムだ。
熟練の技術により丁寧に造り込まれた感性に訴えかける逸品を身に付ける。
それは、オーナーにとって、一日をはじめる大変心地の良いルーティーンとなる。
腕に着けた時に感じられる、何事にも替え難い高揚感。深く刻まれた文字板に魅入る陶酔感。
シースルーバックから規則正しく律動するムーブメントを眺める優越感。
身に付けることでその喜びは本物になっていくだろう。

継ぐ喜び

作り手からオーナーへ、更にその次の世代へと受け継ぐことができる機械式時計。
美しいムーブメントは永遠とも想える時を刻み、輝きを放ち続ける

機械式時計のしくみ

機械式腕時計はクオーツ時計と全く違った仕組み、パーツで構成されているため
クオーツ時計より大きな進みや遅れがでたり、
ぜんまいを巻いてあげないと数日で止まってしまいます。

動力源の違い

クオーツ時計は電池を動力源とし、水晶振動子とIC回路で
針の動きの精度を高め、月何秒かの遅れや進みに制御しています。
一方、機械式時計はぜんまいの力を動力源とし、規則正しい往復回転運動を
することで時を刻みます。内部は一切電池類などを使わずに
歯車など機械部品だけで構成されているので電池交換などを必要としませんが、
これらの微細な部品は温度や衝撃などの刺激や使用状況の
影響を受けやすく1日に何秒かの遅れや進みが現れます。
しかし、電子回路などの交換部品が生産終了になれば修理ができなくなる
クオーツ時計に対して、機械式時計は古いモデルであってもパーツが
流通していたり、自作が可能な場合もあるので、世代を超えて長い期間の使用が可能になります。

自動巻き

機械式腕時計の主流

ローターと呼ばれる半月形状の回転部分が腕の動きによって自動的にゼンマイの巻き上げを行われるので自動的に腕時計が動き続けます。仕事などで毎日時計を着用する方は、手巻き式のようにぜんまいの巻き具合を気にする必要がなく使用することができます。
もし数日間着用を休め時計が止まっても優しく振ることでぜんまいを巻き上げることができ、モデルによっては手巻き同様、手動で巻けるものもあります。
手巻き式に比べるとパーツ数が多くなるためメンテナンス費用は高く、ムーブメントが厚くなりがちです。

手巻き

ぜんまいを巻くことで腕時計に命を吹き込む

りゅうずで時計を動かす動力源であるぜんまいを巻き上げることで、まるで生き物のように動き出します。
自動巻き同様、何もせず置いておくと止まり、自動巻きと違って身に付けるだけでぜんまいは巻き上がらず、更に精度を保つため毎日決まった時間にりゅうずでぜんまいを巻き上げる必要があります。
この作業を手間と感じるか、時計に生命を吹き込む楽しいひと時と捉えるかで向き不向きが決まるでしょう。

国産機械式時計

日本の機械式腕時計

高性能なクオーツ腕時計はもちろん、
リーズナブルな価格で高品質な機械式時計を、世界でも希少な自社製造体制で
作り続けている国内3メーカーの機械式腕時計をご紹介します。

ORIENT オリエントスター

機械式にこだわり、時計愛好家のための時計を作り続けるオリエント時計。
国産時計メーカーの中で一際鮮烈な個性を放つ腕時計が印象的です。
機械式だけでしか味わえない魅力や楽しみを追求したものづくりの姿勢は
多くのファンをひきつけてやみません。

45年以上の歴史を持つ46系ムーブメント

長年オリエント時計の心臓として動き続けているムーブメント。
安定した精度をベースに、多彩な機能を加え、進化し続けてきました。

本物に拘って新たに作り出されたORIENT STARのニューラインは
基本性能を徹底的に見直すことにより、
時計の基本価値の作り込みを図りました。

クラスを越えた高精度

造り込まれたムーブメントパーツと熟練職人の組み立て技術で精度を向上させています。

極限まで高められた基本性能

視認性を高めた針

分目盛の近くまでしっかりと届く伸びやかで先端がカーブした針。先端はしっかりインデックスを指すように、一本一本丁寧に手作業で曲げています。

デザイン性と視認性を重視した防風

クラシカルな印象と視認性を兼ね備えた両球面サファイヤガラスでレンズ効果の歪みを防ぎます。更に、レンズ内面に施された光の反射を防ぐ無反射コーティングで、どの角度からでも抜群の視認性を誇ります。

次世代へ繋ぐ本格仕様

ケースは耐食性(汗に強い)の高いステンレス316L材を使用し、裏蓋にはダイヤモンドに継ぐモース硬度を誇るサファイヤガラスを採用しています。
りゅうずは指で回し易い専用の菊型デザインで、側面には凸刻印のロゴマークを配置しています。

こだわりの針
菊型りゅうずと裏蓋

国産唯一の機械式月齢

デジタル信号で時間管理された社会の中で、 あえて人間らしいゆったりした時間に浸る。
そんなきっかけになるのが、ムーンフェイズ。
悠久の昔より、人類は月と共に生きてきた。
その満ち欠けは太陽暦を生み出し、 羅針盤と共に航海を支えていた。
ふとした瞬間に、月の表情に想いをはせる。 それは機械が刻む時の浪漫。

信頼の46ムーブメントをベースにした国産唯一の機械式月齢

マニファクチュールである当社ならではのオリジナルムーブメントを開発。パワーリザーブインジケーター×セミスケルトン×月齢機能は、世界的に見ても大変希少なムーブメントです。オリジナルの月齢車は夜空の深い藍色と月の優しい光を表現しています。

魅せることに拘った外観

デジタル信号で時間管理された社会の中で、 あえて人間らしいゆったりした時間に浸る。
そんなきっかけになるのが、ムーンフェイズ。
悠久の昔より、人類は月と共に生きてきた。
その満ち欠けは太陽暦を生み出し、 羅針盤と共に航海を支えていた。
ふとした瞬間に、月の表情に想いをはせる。 それは機械が刻む時の浪漫。

丁寧に装飾された美しい外観

回転錘と受けで異なる目付模様に光が走るダイヤカットを加え、ねじの鮮やかな青色とルビーの赤色が美しいコントラストで華やかな印象を与えます。

オリエントスターの顔であるスケルトン部分

美しい模様付けをした専用パーツは削りだしのため、1日の生産個数も限られます。また、1951年から受け継がれてきたOSロゴをモチーフに日本古来の菱形を組み合わせた型打ち模様と、ニューラインを主張する立体的なメタルパーツのOSロゴが印象的です。

オリエントスターメカニカルムーンフェイズ

6時位置のインダイヤルにムーンフェイズ表示を配置。
夜空を表す深いブルーと星、そして優しい光を放つ月のモチーフをあしらった月齢車が、
29.5日周期で回転し、新月から満月までの月相を表します。
さらに文字板にはムーブメントが見えるセミスケルトン小窓とパワーリザーブインジケーターも搭載し、
機械式時計の醍醐味が存分に味わえる機能を備えています。

セミスケルトンニューライン

昭和46年に開発され世界中のマーケットで指示されてきた46系ムーブメントを
さらに精度の改善や仕上げの品質を向上させ「46系F7」ムーブメントとして新登場しました。


チタンモデル

ケースとバンドに、ステンレスのおよそ半分の重さの軽量チタンを採用。
そのチタン素材の魅力を引き出せるようエッジを効かせたケースデザインに仕上げられています。
サファイアガラスにSARコーティング、ケースとバンドには傷に強い表面硬化処理を施すなど、
ビジネスマンの普段使いとして最適な一本です。

着用感想:WZ0051AF
軽くて長時間身に着けていてもストレスを感じない。シンプルなカラーリング、デザインで文字盤が見やすく、
ビジネスシーンにぴったりな1本だと思います。

セミスケルトンモデル

セミスケルトンモデルの魅力は、時計の心臓部であるムーブメントの動きを
見える形で味わえることです。これぞ、機械式時計、というメカニカルな
フェイスでありながら、どこか上品さも感じさせてくれます。
大人の遊び心を、確かな技術で実現します。

着用感想:WZ0271DK
ずっしりとした着用感、重厚感や 、ぜんまいの動きを見て楽しむ事が出来る、これぞ機械式といったモデル。
視認性、デザイン性共に高める赤い針が好ましく感じました。

サンアンドムーン

世界的トレンドのクラシックなデザインに、モダンなエッセンスを加えた、
太陽と月による昼夜の表示が立体的でユニークなオートマチック。
特徴的な複合型打ちやスタイリッシュなローマ数字の書体が
クラシックでかつモダンな雰囲気を演出しています。

着用感想:WZ0311DK
カーフ革にクロコ風の型押しを施したベルトが味のある色合いでお気に入りです。
プッシュ三つ折式で一度はめたら穴を通さなくていいので着脱がとても楽でした。

SEIKO

日本初、世界初であるクオーツ腕時計の製品化を成し遂げ、
日本の腕時計界を先導してきたSEIKO。
その高い技術力は機械式腕時計の分野でも遺憾なく発揮されています。

PRESAGE

100年を超える腕時計づくりの伝統を継承し、真摯に時計づくりと向き合い
技術や技能を高めてきたセイコーが生み出すPRESAGEの機械式腕時計は
実用性と機械式の味わいを融合させた日本製のドレスメカウォッチです。
機械式ウオッチに興味を持つ20~40代のビジネスマンや、
メイド・イン・ジャパンを重視する外国人旅行者から高い評価を得ています。

SEIKO海外モデル

海外向けに日本国外で組み立てされているSEIKOの海外モデル。
人件費などのコストを抑えることで品質はそのままに低価格を実現。
その品質の高さは海外でも高く評価されており、愛用者は後を絶ちません。

CITIZEN

「市民に愛され親しまれるモノづくり」という想いを社名に込められたメーカー。
部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールであり、
だからこそ可能な「改善」を積み重ねることで、進化し続ける時計を生み出しています。

CLUB LA MER

フランス語で「海」を意味するラ・メールという名のブランド「クラブ・ラ・メール」 。
「手の届く機械式時計」をブランドコンセプトとし、一般的に高価格のイメージがある機械式時計の魅力を、
多くの人に知ってもらいたいという思いから、丁寧に仕上げられた文字板やケースに加え、
信頼性の高い日本製ムーブメントを搭載しながらも、2万円~3万円台の価格帯でコレクションを構成しました。

CITIZEN COLLECTION

お求めやすい価格で、どんなシーンにも合わせやすい
ベーシックデザインの腕時計を提案する「シチズンコレクション」。
メンズ向けのシンプルで使いやすいモデルからレディース向けの華やかなモデルまで
様々なデザインの機械式腕時計を取り揃えています。