フォーマルウェア特集

フォーマルウェア(正装)とは?

フォーマルウェア(正装)とは、儀式などで着る正式な服装のことです。
礼服も同じ意味を持ちます。
正装は、行事や儀式のきまりに合わせて、大きく3種類に分けられます。

1.モストフォーマル(正礼装)

3種類の中でもっともきまりや礼儀に厳しいあらたまった服装です。
冠婚葬祭で主催側にあたる場合や特別な行事のときに着用します。
昼と夜で服装が異なるため、時間帯によって使い分けが必要です。
皇室の方や海外王室の方々が着用されている服装が正礼装としてイメージしやすいです。

2.セミフォーマル(準礼装)

正礼装にならいつつ、段階がひとつ下になる服装です。
冠婚葬祭で来客側にあたる場合や卒業式、入学式、記念式典などで着用します。
ひざ~ひざ下丈のスカートやワンピース、スーツなど
正装する際に、もっともなじみがある服装です。

3.インフォーマル(略礼服)

3種類のなかでもっともカジュアル(日常的、実用的)な服装です。
結婚式のニ次会や同窓会、レストランでの食事などで着用します。
ひざ~ひざ下丈のスカートやワンピース、スーツなどがあてはまります。
正礼装、準礼装の上下同色無地のきまりはありません。
上下の素材が異なる服や柄物、流行を取り入れても良いです。

カラーフォーマルとブラックフォーマル

また、正礼装、準礼装の種類に含まれる“カラーフォーマル”と“ブラックフォーマル”があります。

カラーフォーマル

“カラーフォーマル”は、女性が正装で着用可能な色のことです。
男性は紺や黒が一般的です。
女性は黒以外に上品なベージュやピンク、グリーン、ブルーなどがあります。

ブラックフォーマル

“ブラックフォーマル”は黒い礼服のことです。
黒色のビジネススーツより濃い黒色をしており、シンプルなデザインで造られています。
喪服としての着用が多いように感じられますが、素材やデザインによってお祝い事にも着用できます。
例えば、素材に絹やモヘア(アンゴラヤギの毛)が60%以上使用されているものは 光沢があり、お祝い事向きです。

卒業式や入学式の参列で身に付けるのは、セミフォーマル(準礼装)になります。
ドレスや着物よりも、ジャケットにワンピースかスカート、パンツの組合わせが一般的です。

参考
正装とはどのような服装?正装のマナーや着こなしについて徹底解説 DRENI 0101web channel
上手な礼服の選び方は? オーダースーツのヨシムラ
女性の正装(フォーマルファッション)の種類は?服装マナーと注意点 Liliarge

運営会社について