PAGE TOP ▲

『特別企画』 タイヤ交換にチャレンジしてみました!!

今回の企画は新人スタッフのある一言からはじまりました。

「あのぉ、私タイヤ交換したことないんですけど・・・」

普段はパソコンの前にいることが多いし、実際に作業してお客様に伝えられることもあるかもしれない。
じゃあ実際に体験してみる?ってことで昔、実店舗で作業していたスタッフから教わることになりました。

今回の目的は 1.実際に作業して各部の名称や形状を見て触れること。 2.車載工具と市販の工具の使い勝手の比較。
STEP1タイヤ交換作業の下準備
  • 家から持ってきたホイール付きのサマータイヤを車から降ろします。
    タイヤ交換をご自分でされる方やスタッドレスタイヤを履く地域の皆様はお分かりかと思いますが、毎年履き替え時期の積み下ろしは重いので大変ですよね。
    特に女性やお年寄りは更に大変・・・。

  • タイヤを並べて状態や減り具合を確認します。
    せっかく交換したのにパンクしてたり、すり減っててすぐ交換。なんてことのないようにしっかりチェックします。
    確認したら釘なども刺さってなく、走行距離も少ないので減りも少なかったです。今回作業する車は前輪駆動ですので、減りが少ないものを前に取り付けます。

  • 車によって異なりますが、この車は車載工具やパンク修理キットは後部座席のうしろに入っていました。
    空気を補充するためのコンプレッサーも入っていたので、保管している間に減ってしまったタイヤの空気圧も適正にします。
    コンプレッサーが入っていない車種もあるので、その場合はガソリンスタンドや車屋さんで空気圧の点検をしてください。風船と同じで減っていくものですので、2〜3ヶ月に一度は点検するようにしましょう。
STEP2タイヤ空気圧の調整
  • 空気圧についてですが、車の取扱説明書や運転席ドア周辺、給油口のフタ等に書いてあります。
    この車は運転席ドア付近に書いてありました。
    今回は表示されてサイズと同じものを取り付けするので、表示通りの空気圧になりますが、インチアップ等で異なるサイズを取り付けする場合はお近くの車屋さんなどにご相談ください。

  • パンクしていませんでしたが、外してから約5ヶ月の間に空気圧は190kPaまで下がっていました。
    規定空気圧の240kPaまで補充します。

  • スチール(鉄)ホイールでしたのでカバーが付いていました。
    手で引っ張っても外せますが、きつかったので車載工具で取り外しました。
    マイナスドライバーでも外せます。
STEP3車を持ち上げる
  • 当然手では持ち上がりませんので、持ち上げるための工具『ジャッキ』で、車を上げていきます。
    車の下をのぞき込んで上げるポイントを確認します。
    車種により異なりますが、この車はくぼみとくぼみの間にジャッキを設置します。

  • 右側は車載工具で作業をしようと思いますので、車載工具+パンタグラフジャッキで上げていきます。
    スムーズに回らず苦戦しているようです (´;ω;`)ウッ…
STEP4装着しているタイヤを外す
  • 完全にタイヤが浮いてしまうとナットが緩まなくなりますので、浮く直前に軽く緩めておきます。

  • 車載工具だと力が加わりにくく苦戦していたので、サービスで十字レンチを使っていいことにしました。
    軽く緩めたらタイヤが浮くまで車をジャッキで持ち上げ、ナットを全部外していきます。

  • ようやく外れました。まだ1本目のタイヤを外しただけなのに、疲れた表情・・・( 〇□〇)ハァハァ
STEP5交換するタイヤを装着する
  • 交換するタイヤを装着していきます。体制が悪いと大変なので、下に敷くものがあると良いかもしれません。

  • ナットの向きに注意しながら締め付けていきます。

  • 右側は市販の『フロアジャッキ』を使用します。
    油圧の力で上げていきますので力が要りません。

  • 左側同様、ナットを緩めていきます。
    3本目なのでだいぶ慣れてきた様子。。。

    やはり十字レンチの方が力が入りやすいようです。

  • 既定の力で締まっているか『トルクレンチ』でチェックします。
    締めすぎるとホイールにナットがめり込んでしまうし、緩いと外れてしまうので、とっても狃斗廖な作業になります。

  • カバー付きのホイールでしたので、最後にカバーを付ければ完成!
    空気を入れるエアバルブの位置に注意してください。

  • タイヤ交換が終わってハイポーズ!!
    外したタイヤホイールは汚れ、融雪剤などを洗い流して乾かしてから片付けるだけでホイールの腐食から守ることができます。
    作業終了後に『慣れれば簡単でしょ?』と聞いたら、『大変ですね!もう一生やらないと思います。』とキッパリ!!
    一生懸命教えたのに〜(≡д≡) ガーン


  • 今回使用した工具ですが、車載工具はあくまで緊急用で、作業効率は良くありません。ピンからキリまでありますが、『フロアジャッキ』『十字レンチ』『トルクレンチ』を全部そろえても1〜2万円前後です。
    もしご自分で交換をされるようでしたら、揃えても良いと思います。
    残念ながら当店ではご用意してませんので、お近くのホームセンターなどでご購入くださいね!!

    以上!特別企画 『タイヤ交換にチャレンジしてみました!!』 でした。

『特別企画』
タイヤ交換にチャレンジ
してみました!!

今回の企画は新人スタッフのある一言からはじまりました。
「あのぉ、私タイヤ交換したことないんですけど・・・」

普段はパソコンの前にいることが多いし、実際に作業してお客様に伝えられることもあるかもしれない。
じゃあ実際に体験してみる?ってことで昔、実店舗で作業していたスタッフから教わることになりました。

今回の目的は 1.実際に作業して各部の名称や形状を見て触れること。 2.車載工具と市販の工具の使い勝手の比較。
STEP1タイヤ交換作業の下準備


STEP2タイヤ空気圧の調整


STEP3車を持ち上げる

STEP4装着しているタイヤを外す


STEP5交換するタイヤを装着する