#PRODUCT DETAILS製品詳細

OUTLINEエアウォッシュウォーターとは

エアウォッシュウォーターの成分特徴

エアウォッシュウォーターは次亜塩素酸ナトリウムを超高純度精製水に安定化させることに成功したことで従来の次亜塩素酸系と全く異なる性質が出現した揮発性のない水溶液です。細菌やウイルス、バクテリアなどの有機物と接触すると遊離した次亜塩素酸イオンがすぐに反応し、それらと化学反応を起こし分解、人体に害のない物質へと変化させるので、除菌・消臭が瞬時に行われます。除菌・消臭効果が高いことも複数の専門機関の実験で証明されております。

ADVANTAGEエアウォッシュウォーターの利点

エアウォッシュウォーターの特性

刺激臭

ほとんどの濃度で無臭

刺激性

無刺激

除菌力

瞬間的に作用し99.9%を除菌

消臭力

無臭と判断される臭気の1/100以下

安全性

人体の安全試験に合格

耐性菌(※1)

耐性菌の発生はほとんどない

腐食性

金属腐食なし

揮発性

揮発せず5年間品質安定

環境性

環境に優しくほとんど無害

漂白脱色

漂白・脱色作用はほとんどなし

ウィルス対策

ほとんどのウィルスに有効

食材ドリップ

細胞膜を破壊せずドリップなし

発ガン物質

トリハロメタン生成なし

塩素ガス

発生なし

温度変化

適用温度の範囲内であれば不変

※試験での結果であり実際の環境によって異なる場合が御座います
各種検証機関:(財)日本食品分析センター / (社)東京食品技術研究所 / (社)京都微生物研究所
※1 抗菌薬(抗生物質)が効かない菌

従来品との比較

AIR WASH WATER アルコール製品 二酸化塩素製品 次亜塩素酸製品 植物性除菌製品
殺菌効果
除菌対象種類
除菌スピード
消臭効果×
非腐食性××
非漂白性××
非有毒ガス発生××
非刺激臭×
無揮発×
空間除菌××
非可燃性×
品質安定性××
安全性×
耐性菌阻止×
超音波加湿器利用××
長期保管××

※1 つけ置き等を行った場合、衣類によっては稀に色あせや変色、染料が水分に溶け出す場合がございます。

  • アルコールではノロウィルスには効果はありません。またアルコールの最大殺菌濃度は76.9~81.4%であるため、60%以下または85%以上の濃度の場合は他のウィルスに対しても殺菌力はほとんどありません。

  • 二酸化塩素製品は殺菌力を有しておりますが、塩素臭と有毒ガスを発生し、強力な酸化力で金属・電子機器を瞬時に腐食させ、繊維製品を漂白してしまいます。

  • 従来の「次亜塩素酸ナトリウム」は強い刺激臭があり、金属腐食と繊維漂白が顕著です。また副生成物として、発ガン物質のトリハロメタンが生成されます。エアウォッシュウォーターも次亜塩素酸ナトリウムを使用しておりますが独自の研究によりそれらの問題点をクリアしております。

  • エアウォッシュウォーターは水道水で希釈する通常の次亜塩素酸製品と異なり、品質劣化はほとんどありません。

SAFETY人体への安全試験に合格

安全性試験結果

急性経口毒性試験、眼刺激性試験、皮膚刺激性試験においてすべて異常なしとの結果によりエアウォッシュウォーターの安全性が実証されました。

急性経口毒性試験
投与容量20ml/kg
投与方法経口投与
観察期間14日間
観察内容死亡例、一般状態、体重変化等
比較対称群注射用水を投与
判定:全て異常なし
皮膚刺激性試験
一次刺激性インデックス反応カテゴリー
0.0~0.4無刺激性
0.5~1.9弱い刺激性
2.0~4.9中等度の刺激性
5.0~8.0強い刺激性
結果:0判定:刺激なし
眼刺激性試験
平均合計評点区分
0.0~5.0区分
5.1~15.0区分
80.1~110.0区分
結果:0判定:刺激なし

※1 (財)日本食品分析センター / (社)東京食品技術研究所

DEODORANT消臭力

臭気レベルは無臭判断範囲の1/100以下

液体自体は塩素特有の臭いもなく無臭。芳香成分の入った香りで上書きするタイプの除菌消臭剤とは異なり、ニオイを基から分解するので混合臭が発生する心配もありません。

  • アンモニア肉の腐敗臭、トイレのニオイ

  • 硫化水素腐った卵のようなニオイ

  • メチルメルカプタン腐った玉ねぎのようなニオイ

  • 硫化メチル腐ったキャベツの様なニオイ

  • 二酸化メチルニンニクのようなニオイ

  • トリメチルアミン腐った魚のようなニオイ

  • スチレンプラスチックが燃えたニオイ

  • アセトアルデヒドタバコのニオイ

STERILIZATION除菌力

試験結果

エアウォッシュウォーターは各種試験において様々なウィルスを99.9%除菌出来ることが実証されています。

試験菌

対象

生菌数 or TCID(/ml)

開始時

15秒後

30秒後

60秒後

インフルエンザウィルス

検体

5.8×104

検出せず

検出せず

検出せず

対照

5.8×104

1.0×105

コロナウィルス

検体

5.4

検出せず

検出せず

検出せず

対照

5.4

5.3

パルボウィルス

検体

5.7

検出せず

検出せず

検出せず

対照

5.7

5.8

ノロウィルス

検体

3.2×106

検出せず

検出せず

検出せず

対照

3.2×106

3.2×106

腸炎ビブリオ

検体

4.6×105

検出せず

検出せず

検出せず

対照

4.6×105

4.9×105

大腸菌O-157:H7

検体

1.3×105

検出せず

検出せず

検出せず

対照

1.3×105

1.3×105

VRE

検体

1.1×106

検出せず

検出せず

検出せず

対照

1.1×106

1.0×106

サルモネラ

検体

6.8×105

検出せず

検出せず

検出せず

対照

6.8×105

5.7×105

レジオネラ

検体

2.3×107

5.0×105

6.3×103

検出せず

対照

2.3×107

1.9×107

(財)畜産生物化学安全研究所 / ビジョンバイオ(株) / 検体:エアウォッシュウォーター / 対照:精製水 / 作用温度:室温

ウィルス/菌/カビ除去

各種試験において様々なウィルスに対し瞬間的に作用し、高い除菌効果が確認されています。

100ウィルス含有量(%)
90
80
70
60
50
40
30
20
10
0
01002003004005006007008009001000
反応時間(1000=1分)

わずか数秒で99.9%を不活性化

試験ウィルス
ネコカリシウィルス(Feline calicivirus F-9 ATCC VR-782)
インフルエンザウィルス(Influenza A virus (H1N1) A/PR/8/34 ATCC VR-1469)

試験方法
細胞培養後のウィルス培養液を遠心分離して得られた上澄み液を精製水で10倍希釈し、検体1mlにウィルス液0.1mlを添加

測定方法
15秒、30秒、60秒(室温)にてTCID法で感染価測定を行う

試験データ
(社)京都微生物研究所 / ビジョンバイオ(株)

画像はイメージです
秒経過