コラーゲンとコラーゲンペプチドとは/フィッシュコラーゲンがおすすめされる理由

 

 

<そもそもコラーゲンって何だかよくわからない。>

私たち人間の体は約60兆もの細胞が集まってできているといわれます。
その細胞同士を結びつけるのに欠かせないのがコラーゲンです。

ちなみに、コラーゲンがタンパク質の一種であることをご存知でしょうか?
皮膚はもちろん、骨や血管、臓器に至るまで、私たちの体を構成しているタンパク質のうち、
コラーゲンは約30%もの割合を占めています。コラーゲンは細胞同士をつなぐ接着剤のような役割を果たしており、
そのおかげで肌ではみずみずしさを、関節ではクッション性を、血管ではしなやかさを保つことができるのです。

ここでは、
・コラーゲンが何の原料から作られているのか。
・コラーゲンにはどんな種類があるのか。
・効率の良いコラーゲンの摂取方法。
・おすすめのコラーゲンペプチドとは。
の順番にお話ししていこうと思います。

 

1.コラーゲンは何から作られているのか?

コラーゲンの原料は大きく分けて動物由来と魚由来があります。
コラーゲンはいずれも皮に多く含まれています。
そして、魚由来の中には皮の他にウロコを素材にしている場合があります。
どちらもⅠ型コラーゲンと呼ばれるもので組成は同じです。

 

・動物性由来のコラーゲンと魚由来のコラーゲンの違いについて

 

動物性由来コラーゲンとは?

牛・豚・鶏などの動物の皮から抽出したものを指します。
一般に売られている動物性コラーゲンは豚皮のものが多いです。

 

魚由来コラーゲンとは?

魚皮由来とウロコ由来のコラーゲンがあります。
どちらもⅠ型コラーゲンで組成は同じですが、精製法の違いがあるため価格に差が出ます。
あきらかに安いフィッシュコラーゲンはウロコ由来の可能性があります。 コラーゲン組成には違いはありません。

 

動物性由来と魚由来はどっちがいいの?

魚皮から抽出されたフィッシュコラーゲンをおすすめします。

実は、動物性コラーゲンは分解能が良くないという事が研究論文で明らかになっています。
同じ分子量で比較すると分解能が魚コラーゲンの7分の1というデータがあります。
また、コラーゲンはそのまま吸収されることはなく、
胃腸で消化酵素により分解されて数個のアミノ酸ペプチドになってはじめて腸管吸収が可能になります。
だから分解能=吸収能となり、7倍分解能がいい魚コラーゲンが豚より7倍吸収能が良い事になります。
肉でも豚肉と魚肉では豚のほうが消化しにくいですね。
コラーゲンも肉もたんぱく質なので消化しにくさはコラーゲンも同じということです。
そして何より、
「豚コラーゲンは臭いがきつく、味も変わり、コーヒーなどに入れると濁ってしまう」
と、摂取し続けるためには根気がいります。

 

2.コラーゲンの種類について

コラーゲンには主に、「(生)コラーゲン」「ゼラチンコラーゲン」「加水分解コラーゲン(コラーゲンペプチド)」の3種類があります。

コラーゲンと聞くと、どんものでも肌に良さそうというイメージをもつ人が多いと思いますが、
実際のところ、この3種類は製造方法がそれぞれ違うため、効果も異なります。
ここでは加水分解コラーゲンについてお話します。(他のコラーゲンについては割愛します。)

 

・加水分解コラーゲンとは?

牛や豚の骨や皮、サケなど魚の皮、うろこ等を加水分解法という加工によって分子を細かくしたコラーゲンです。
低分子コラーゲンやコラーゲンペプチドとも言われ、肌や髪への浸透力と体への吸収力が高いのが特徴です。
低分子のコラーゲンは、他のコラーゲンと違い分子が小さいので肌の奥深くにまで浸透することができます。
そして、水分を保持し肌を保護、潤いとしなやかさを与えます。 肌以外にも効果があります。たとえばコラーゲンが毛髪の損傷部にいきわたったとします。
すると毛髪に保護膜を作りはじめます。保護膜の効果により髪が保湿され、その結果はりと艶のある髪を与えてくれます。

 

・コラーゲンとコラーゲンペプチドって何が違うのか?

コラーゲンペプチドもコラーゲンもほとんど同じアミノ酸で組成されています。
何が違うのかというと、それは分子量です。
コラーゲンは分子が大きいため吸収されにくいのに対しコラーゲンペプチドは分子が小さいので吸収されやすいです。
多くの健康食品やサプリメントは体に吸収されやすいコラーゲンペプチドを使用しています。

 

・コラーゲンペプチドについて

これまでは「コラーゲンを摂ってもバラバラのアミノ酸に分解されて体に吸収される」と考えられてきました。
アミノ酸は、体内でコラーゲンに再合成されたり、神経伝達物質になったりと、とても大切な栄養として体内で活躍してくれます。
お肌はもちろん、骨や血管、内臓など、あらゆる部分で健康をサポートしてくれるので非常に大切な栄養素です。
ですが、これは普通に「たんぱく質」を摂取した時と同じなので「わざわざコラーゲンだけで食べなくとも、普通にお肉や大豆などを食べていれば良いよね!」と考えられていました。
その為、コラーゲンを積極的に摂る意味はないと考える専門家や学者がいました。

しかし、最近の研究結果でコラーゲンの一部はアミノ酸に分解されずに、コラーゲンペプチドとして腸で吸収されるということがわかってきました。腸で吸収されたコラーゲンペプチドは、血液にのってカラダのすみずみまで運ばれ、お肌はもちろん、関節や骨、髪の毛、爪など全身で活用されます。

 

・コラーゲンペプチドはどれだけ摂れば良いの?

最近の研究で、1日5,000mg~10,000mgを毎日摂取すると効果が高いことが分かっています。
ですが、これをどうやって摂取したらいいのか気になりますよね?
鶏手羽やフカヒレなどの食べ物(※食事由来)から摂ることもできますが、毎日は大変です。
それに食事由来のコラーゲンは分子が大きいため、消化吸収されにくいという欠点もあります。
多くの方が「コラーゲンを食べたけど効果がなかった」という感想を持ってしまうのはそれが原因だったのです。

せっかく食べても吸収されなければ意味がありません。 そこで、サプリメントの出番です。

 

・なぜ毎日摂り続けないといけないのか?

食事やサプリメントなどで摂取したコラーゲンは体内吸収されてから約24時間経つとなくなります。
そのため毎日摂り続けないと、体内のコラーゲンはどんどん減少していくことになってしまうのです。
このコラーゲンの減少は、30代から急激に進みます。
コラーゲンが体内から減ってしまうと「シワ・シミ・お肌のたるみ・お肌の乾燥・抜け毛・関節痛・骨粗しょう症・・・etc」といったお悩みの原因になります。
コラーゲンを常に体内にキープするには吸収率の高いコラーゲンペプチドを毎日摂取することが必要になります。

 

3.コラーゲンペプチドの上手な摂り方

1・コラーゲンペプチドのサプリメントを使う

コラーゲンを食事だけで補おうとすると、とても大変な量になります。 カロリーオーバーどころの騒ぎではありません。
ですが、サプリメントを使えば手軽に、しかも簡単に摂取することができます。
体内で消化吸収されやすいように低分子化された「コラーゲンペプチド」をおすすめします。
さらに付け加えるなら魚由来のフィッシュコラーゲンペプチドがベストです。

 

フィッシュコラーゲンをおすすめする理由

匂い・味・見た目

コラーゲン摂取が続かない原因の一つに「臭い・味・飲み物に入れた時の濁り」があります。これは動物性特有のものです。臭いがきつく料理に入れると味が変わってしまう。さらに、コーヒーなどの飲み物に入れると濁ってしまう。と、せっかく続けようとしても先に挙げた「臭い・味・見た目」が原因でやめてしまうケースが非常に多いのです。

 

吸収率が高い

動物性コラーゲンは吸収率が良くないという事が研究論文で明らかになっています。 豚などの動物性由来コラーゲンと比較すると魚由来のコラーゲンは7倍も違うのです。

 

安全

牛や豚などの動物には進化の過程が人と近いため、共通のウィルス(豚インフルエンザなど)があります。 魚には人と共通のウィルスがいないため、安心で安全です。

 

2・ビタミンCと一緒に摂取する

コラーゲンはビタミンCと一緒に摂取すると非常に効果的だという研究結果もあります。 コラーゲンは何万ものアミノ酸が連なった三重らせんを描いた複雑な構造です。体内に入った「コラーゲンペプチド」はビタミンCと組み合わさることで三重らせん構造を形成する働きをします。体内でコラーゲンが安定して維持されるためには欠かせない栄養素です。 (※東京都健康長寿医療センター研究所 ビタミンCが足りないと老化が進む!?から抜粋)

 

3・スタッフも実践している摂取方法

弊社スタッフのNさんは暖かい緑茶に入れて毎日飲んでいます。Iさんは生野菜にふりかけて食べていたり、Rさんはスープに混ぜて飲んでいます。パウダータイプのフィッシュコラーゲンペプチドだからできる摂取方法です。)

 

いかがでしたか?

このコラムを参考にコラーゲンペプチドについて少しでも理解を深めてもらえると嬉しいです!
今日までに日本やアメリカなど国内外のさまざまな研究分野でコラーゲンペプチドの働きが解明されはじめ、多くの研究結果が発表されています。

コラーゲンペプチドの需要は、今後さらに高まるといえるでしょう。
この機会に、コラーゲンペプチドで健康生活をはじめてみませんか?

 

(※2019年11月18日追記)

おすすめのフィッシュコラーゲンペプチドは?

コラーゲンについて理解はできたけど、どこの商品を購入したら良いのか分からない。
と言う方に朗報です。
今回、資料を提供くださった日本ツナバイト様で製造されたフィッシュコラーゲンをご紹介いたします。
スティック状に個包装されている使いきりタイプなので、残りが湿気にやれられてしまうなんて心配もいりませんし、初めての方にもおすすめできる【お試しパック】というのもあります。
通常商品は1袋、3袋・・・10袋っと、お好みに合わせてご購入いただけます。

(※2019年12月11日更新)

お試しパック10スティック入り


販売価格:1,000円(税込)

約一ヶ月分(30スティック入り)


通常販売価格:3,300円(税込)

約十ヶ月分(10パック300スティック入り)


通常販売価格:26,400円(税込・送料無料)

 

フィッシュコラーゲン商品をもっとみる

 

Q&A | 問い合わせ | 会社概要 | 支払い・送料 |   店舗トップへ
Copyright(c) TENKAパワーストーン, All Rights Reserved.