ミラーカーテンとは

基本的には、生地の裏側が光っていて、
外から透けにくいレースカーテンのことをミラーカーテンと呼びます。
遮像(しゃぞう)カーテンと呼ぶこともあります。

プライバシー保護を目的として作られており、
家の外の光を取り込みつつも、ある程度紫外線もカットされます。

「遮像(しゃぞう)カーテン」に似た言葉として、「遮光(しゃこう)カーテン」があります。

遮光カーテンは光を遮って暗くするためのカーテンになりますので、
採光することを前提として作られたレースカーテンに対して遮光カーテンと呼ぶことは、あまりありません。

なお、紫外線も光の一種ですが、紫外線を遮る機能に特化したカーテンは
UVカットカーテンと呼ばれることが多いです。

※メーカーによっては、明るさを和らげたり紫外線カットできるカーテンを、
遮光レースカーテンと呼んでいるところもあります。

理想のミラーカーテンは?

多くの方が理想とするミラーレースカーテンはおそらく、
「昼夜問わずに外から室内が見えない」
「室内から外の景色は見える」
「室内が暗くなりにくい」
「風通しが良い」

といった感じではないでしょうか。


・・・残念ながら、すべてを兼ね備えているレースカーテンは現在存在しません。

すべてを求めると、どうしても矛盾する機能がでてしまうため、
どの機能を優先するか決めてカーテンを選びましょう。

見えにくさのレベル

見えにくさのレベルは色々ありますが、当店では大きく分けて

・夜も昼も外から室内が見えにくいミラーレースカーテン
・昼間は外から室内が見えにくいミラーレースカーテン
・ミラー機能がついていないレースカーテン

の3つに分類して販売しています。

夜も外から見えにくいタイプ

夜に電気を点けた室内は外より明るくなりますが、
外の暗いところから室内の明るいところを見ても透けにくいように作られたのが、このタイプです。


※明かりは透けて見えますが、部屋の中の様子はわかりにくくなります。

透けにくくするために生地の密度を高くしているため、
断熱性が高くなる傾向があります。

また、UVカット率は70~80%程度が多いですが、中には90%を超える商品もあります。


暗いところから明るいところを見ても透けにくいということは、
室内から外が見えにくいということでもあるため、
景色を楽しみたい場合には向きませんし、
カーテンが壁の延長のように感じて、圧迫感を覚えることがあります。

ですが、プライバシー保護重視の場合や、機能重視の場合は
間違いなくお勧めになります。

※商品や環境によって透け方や機能値は異なります。

昼間は外から見えにくいタイプ

※昼間はプライバシーを守りますが、夜は透けて見えてしまいます。

いわゆる、一般的なミラーレースカーテンがこのタイプになります。

透け感が強いレースカーテンに比べれば、ある程度の断熱性も期待できます。

また、UVカット率は50~75%程度のものが多いです。


暗いところから明るいところを見たときに透けるため、
夜になって電気を点けると室内が見えてしまいますが、
その代わり、外が明るいときは室内から外の景色を楽しむことが可能です。

夜間は厚手のカーテンを閉める場合は、レースカーテンが透けるかどうかを
考慮する必要がないため、このタイプをお選びいただいても良いかもしれません。

※商品や環境によって透け方や機能値は異なります。

ミラー機能がないタイプ

※ミラー効果は無いので、夜間はかなり透けて見えてしまいます。

「プライバシー保護」ではなく
「外観(見た目)」を重視して作られたレースカーテンです。

見えにくさや断熱性といった機能よりも、
レースカーテン本来の軽さや風合いをお求めの方におすすめです。

生地を織る際に制限がないため、ヴェールのような透け感のものや、
凝った模様が編み込まれたものなどがあります。

※商品や環境によって透け方や機能値は異なります。

環境による見えにくさの違い

●光源の種類

室内の明かりが白熱球タイプの電球と蛍光灯では、
外から室内を見たときに電球の方がやや透けやすくなり、蛍光灯の方が透けにくいようです。


●カーテンと対象物との距離

カーテンと対象物(見られるもの)との距離によっても見え方が異なります。

当店で実験したときは、カーテンの近くに置いた物が少し透けて見えて、少し離すと見えにくくなって、
さらに遠くに離すと今度は透けて見えたので、距離だけではなく光源の角度なども関係するのかもしれません。


●対象物の色

対象物(見られるもの)が白いものは透けて見えやすく、色の濃いものは見えにくくなるようです。


●カーテンの色

カーテン自体の色が濃いものほど透け感が増します。

白い生地が見えないタイプでも、黒く染めると透けるとお考えください。
(ホワイトとベージュの違いくらいでしたら、ほとんど差がありません)

暗くなりにくいレースカーテン



※光を拡散するレースカーテンは、直射日光が当たっている部分の光を柔らかくして、周辺の暗い部分を明るくします。

生地に厚みがあるものは、若干暗くなるように感じる事があります。
(和室の障子のように、光が柔らかくなるイメージです)

見えにくいタイプほど生地の密度が高いため、
窓に掛けたときに少し暗くなったと感じるかもしれません。


ただし、なかには夜も見えにくいタイプなのに、
生地がふわふわするほど薄いために採光性に優れている商品もありますし、
外から入る光を屈折、拡散させることで、採光性を高めて、
お部屋の中の印象を明るくすることができる商品もあります。

ふわふわレースカーテン「ピクシー」の販売ページ

光拡散するUVカットミラーレースカーテンの販売ページ


なお、ブラウンやブラックなどの濃い色の商品は、
生地の厚みや密度にかかわらず、日陰になったように薄暗く感じることがあります。

レースカーテンの風通し

基本的にミラーレースカーテンの生地は目が詰まっています。
もしも生地の糸と糸の間に隙間があると、その隙間から向こう側が見えてしまうためです。

そのため、「昼間見えにくい」「夜でも見えにくい」の両方のタイプで、
糸と糸の間から風が入る、という意味の風通しは期待できません。


どちらかと言うと、空気の流れを感じ取れるのは
風で裾がめくれることによって、窓とカーテンの間にできた空間から風が入ってくるときかと思います。

ただし、カーテンが風でめくれた部分の目隠しが出来なくなってしまいますので、
何よりもプライバシー保護を重視している方は、風通しを期待しない方が良いかもしれません。


写真で比較してみます

レースカーテンを外から見たときに
実際にどの程度見えにくくなっているのか、撮影してみました。

こんな環境で撮影しました。

※画像はクリックで拡大します。

見えにくさの違いを出すために、ライトが直接見える角度(手前に向いた照明)と、見えない角度(横向きの照明)の2種類を映すように撮影しました。

また、窓際にあるものと部屋の奥にあるものでは、見え方が異なります。


できるだけ正確に撮影したつもりですが、ちょっとした角度や光の加減などで見えにくさも変ってしまうので、実際に使用してみたときとこの写真では印象が異なる可能性があります。予めご了承ください。

↓ 夜間の環境で撮影

外が暗く、室内は照明を付けて、外よりも室内が明るくなるようにした環境です。
天井照明の他に、スタンドライトも点けています。

↓ 昼間の環境で撮影

外が明るく、室内は照明を消して、外よりも室内がうっすら暗くなるようにした環境です。
天井照明、スタンドライト、両方とも消しています。


3タイプの見えにくさのレースカーテンを比較してみました。

※画像はクリックで拡大します。

↓ 夜、外から見ると…

↓ 昼、外から見ると…

夜も見えにくいミラーレース

昼間もバッチリ見えません。しかし、室内から外の景色もほとんど見えなくなります。

昼間見えにくいミラーレース

昼間は、外からばっちり見えません。

一般レースカーテン

よく見るとうっすら見えますが、ミラーでなくても意外と見えにくいです。

室内からの見え方

室内から外を見たときの透け方を知りたいときは、
「夜に外から室内を見たときの写真」をご参照ください。

昼間に室内から外(暗いところから明るいところ)を見たときと、
夜に外から室内(暗いところから明るいところ)を見たときは、同じくらいの見えにくさになります。

同じ生地の色違いを並べてみました

夜も外から見えにくいミラーレースカーテン

夜、電気を点けても外から見えにくいレースカーテンです。
そのかわり、室内からも外が見えにくくなっています。
完全に見えないわけではなく、環境によって透ける場合もあります。

夜も外から見えにくいレースカーテンの傾向
昼間、外から室内明るいところ暗いところを見たとき 透けにくい
昼間、室内から外暗いところ明るいところを見たとき× 景色があまり見えない
夜、外から室内暗いところ明るいところを見たとき 比較的透けにくい
夜、室内から外明るいところ暗いところを見たとき× 外がほぼ見えない
※画像はクリックで拡大します。
断熱 4084「ロフティ」ホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱 4084「ロフティ」オフホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱 4163「ナイス」ホワイト

販売商品はこちら


後ろの様子もうっすら見えていますが、
昼間見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。

断熱 4163「ナイス」オフホワイト

販売商品はこちら


後ろの様子もうっすら見えていますが、
昼間見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。

断熱 4170「レイア」オフホワイト

販売商品はこちら


柄の部分が厚くなるせいか、意外と見えにくいです。
よく見ると後ろの方がうっすら見えることがあります。

ふわふわレース 4112「ピクシー」ホワイト

販売商品はこちら


ほぼ何にも見えません。
こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。

ふわふわレース 4112「ピクシー」ベージュ

販売商品はこちら


ほぼ何にも見えません。
こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。

ふわふわレース 4112「ピクシー」ミントブルー

販売商品はこちら


ほぼ何にも見えません。
こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。

ふわふわレース 4112「ピクシー」ピンク

販売商品はこちら


ほぼ何にも見えません。
こんなに見えなくてもとっても薄くて軽い生地なんです。

ふわふわレース 4112「ピクシー」ブラウン

販売商品はこちら


かなり見えにくくなっています。
同じ「ピクシー」の生地でも、ホワイトよりブラウンのような
濃い色のほうが若干透けやすいです。

UVカット 4223ホワイト

販売商品はこちら


後ろの様子もうっすら見えていますが、
昼間見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。

トリコットレース 4143ホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

トリコットレース 4143オフホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱つた柄レース 4176ホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱つた柄レース 4176オフホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱ストライプ 4180ホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

2倍ヒダ 4177ストライプホワイト

販売商品はこちら


後ろの様子もうっすら見えていますが、
昼間見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。

2倍ヒダ 4177ストライプオフホワイト

販売商品はこちら


後ろの様子もうっすら見えていますが、
昼間見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。

4193鎖調ストライプホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

4193鎖調ストライプオフホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱ストライプ柄 4167ホワイト

販売商品はこちら


よーく見ると後ろの方がうっすら見えますが、
かなり見えにくいと言っていいと思います。

断熱つた柄 4169ホワイト

販売商品はこちら


後ろの様子もうっすら見えていますが、
昼間見えにくいタイプと比較すると、見えにくくなっています。

ふんわりボイル 4024オフホワイト

販売商品はこちら


ほぼ見えないと言っていいと思います。

しわ加工ボイル 4991オフホワイト

販売商品はこちら


ほぼ見えないと言っていいと思います。

昼間は外から見えにくいミラーレースカーテン

昼間、外から見えにくいレースカーテンです。
夜、電気を点けると透けますが、室内から景色を楽しみたい方にお勧めです。
(夜も外から見えにくいタイプは、室内からも外が見えにくくなっています)

昼間は外から見えにくいレースカーテンの傾向
昼間、外から室内明るいところ暗いところを見たとき 比較的透けにくい
昼間、室内から外暗いところ明るいところを見たとき ある程度景色が見える
夜、外から室内暗いところ明るいところを見たとき× 透けて見えてしまう
夜、室内から外明るいところ暗いところを見たとき× 外がほぼ見えない
※画像はクリックで拡大します。
無地「シーサー」4106ホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

無地和風 4174墨色(ブラック)

販売商品はこちら


色が濃いレースカーテンは白いレースカーテンより透けて見えます。
そのため、一般的なミラーレースカーテンより透けます。

防炎ストライプ 4185ホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

防炎ストライプ 4185オフホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

4937無地ホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

4937無地オフホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

4016花粉キャッチオフホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

リーフ柄 4217オフホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

アウトレットミラーレース 4203ホワイト

販売商品はこちら


夜、電気をつけると、室内の様子がかなり見えてしまいます。
ただし、昼間もある程度は室内から外を見えるようにできます。

ミラー機能のない一般レースカーテン

見えにくくする機能(ミラー機能)は付けていませんが、
環境によって見えにくくなる場合もあります。

ミラー機能がないレースカーテンの傾向
昼間、外から室内明るいところ暗いところを見たとき 意外と透けにくい場合もある
昼間、室内から外暗いところ明るいところを見たとき 比較的景色が見える
夜、外から室内暗いところ明るいところを見たとき× 透けて見えてしまう
夜、室内から外明るいところ暗いところを見たとき× 外がほぼ見えない
※画像はクリックで拡大します。
エレガントな花柄 4187オフホワイト

販売商品はこちら


柄部分は透けませんが、地の部分が透けるため、
室内の様子がはっきり見えます。

刺繍入りボイル 4211ホワイト

販売商品はこちら


室内の様子がはっきり見えます。
まるでカーテンがかかっていないような印象です。
(ボイルは、この透け感も魅力です)