形態安定加工・形状記憶加工について



生地が厚かったり硬かったりすると、カーテンのヒダが波の形にならずに広がってしまうため、
カーテンのヒダをきれいに整える加工が大人気です。


カーテン業界で一般的に認知されている方法は、「形態安定加工」と「形状記憶加工」の2種類があります。

当店では、ほとんどの商品に「形態安定加工(後加工オプション)」を行うことが可能です。
「形状記憶加工(前加工)」は一部の決まった商品のみ加工しています。

「形態安定加工」と「形状記憶加工」の違い

実は業界の中でも呼び方が様々なので、同じ呼び方の中でも細かい違いが色々あります。

ここでは、当店で扱っている方法についてご案内致します。

形態安定加工(後加工オプション) 形状記憶加工(前加工)
工程 1.カーテンの形に縫製
2.プリーツ加工
の順番
1.プリーツ加工
2.カーテンの形に縫製
の順番
形式 熱風(乾熱で加工)(※1) 真空釜(熱と蒸気で加工)
一度に加工する枚数 1枚ずつ加工 複数枚 重ねて加工
強度 :洗濯は5回程度まで大丈夫です :洗濯をしてもほとんど崩れません
見た目 ほどよく柔らかいドレープ感 きっちり形作くドレープ感(※2)
当店では オプションとして加工することが可能
(一部の商品は無料オプション)
専用の業者に依頼しているため、
特定の商品のみ加工可能

(※1)当店では熱風式のものを採用していますが、他のお店では別の形式を採用している事もあります。

(※2)ヒダの形が強い場合、裾のほうで隙間ができてしまうことがあります。
隙間が空いてしまった場合の対策はこちら


お洗濯について

形態安定加工をかけたカーテンは5回程度までお洗濯しても大丈夫、とご案内しましたが、
カーテンを長年吊していると吊した形のクセがつきますので、
指定回数以上のお洗濯をしても意外と裾は広がりません。

脱水機にかけた後はカーテンレールに吊るし、形を整えてそのまま乾かしましょう。

形態安定加工について

形態安定加工はオプションとして承っています。
お申し込み方法は最後にご案内しますので、まずは注意事項についてご確認くださいませ。

※形状記憶加工(前加工)は、店舗指定の商品に加工済みで販売しています。
店舗指定の商品以外に加工することはできません。

生地によって 加工がかかりにくいことがあります

形態安定加工は、ポリエステルの熱可塑性(ねつかそせい)という、
熱を加えると柔らかくなり冷ますと硬くなる性質を利用して任意の形が保たれるようにしています。

そのため、ポリエステル100%以外の生地は形になりにくくなっています。


また、生地にもよりますが、生地が厚い方が横に広がってヒダがきれいに出にくいため、
形態安定加工を行った場合と行わない場合の差がはっきりと出るようになります。

特に生地の中に黒い糸を織り込んでいる遮光カーテンは、
生地が横方向に広がる傾向が強いため、形態安定加工を行った効果が他の生地よりわかりやすいです。


薄手のレースカーテン(ボイル生地など)は、元々厚手ほどゴワゴワとはしていないので、
比較的ご家庭などでもヒダを整えやすい傾向にはありますが、
やはり専用機でしっかりと熱を加えて整えたヒダのほうが、仕上がりはきれいになります。

予算的にどちらかだけに加工という場合には、
より見た目の効果がわかりやすい厚手だけに加工を行うのも、ひとつの方法です。

裾のオプション加工を行った場合について

薄手のレースカーテンに、
ウエイトテープ加工をかける場合と形態安定加工をかける場合、
どちらの方が綺麗なヒダになるかお問い合わせをいただくことがあります。

ウエイトテープ加工は、裾の見た目を綺麗にしますが、
これだけではヒダの形は均一になりません。
ヒダの形を整える目的の場合は、形態安定加工をご依頼ください。


なお、ウエイトテープ加工と形態安定加工を同時に承ることは出来ますが、
裾フリル加工の場合は形態安定加工と同時に加工することが出来ません。
裾フリル加工を行ったカーテンは形態安定の機械に設置することができないため、
ご容赦のほどお願い致します。


【在庫品】に形態安定加工を行った場合について

在庫品は畳んで保管されているため、どうしても畳んだときの折り目が付いてしまいます。

残念ながら、形態安定加工でヒダの形を整えても、この折り目(畳みじわ)が残ってしまうことがあります。

畳みじわはアイロンがけで消えますが、アイロンをかけすぎると今度はせっかくのヒダの形まで消えてしまいます。

畳みじわが気になる場合は、お手数ですがヒダを消さないように調整しながら、お客様ご自身でアイロンを掛けていただきますようお願いします。


なお、あまり目立つ効果はありませんが、形状記憶付き商品に形態安定加工をご依頼いただくことも可能です。

加工できるサイズに限りがあります

高さ30~285cmの範囲で加工可能

既製品・規格サイズ:
巾200cm まで加工可能

イージーオーダー(1.5倍ヒダ):
巾400cm まで加工可能

フルオーダー(1.5倍ヒダ):
巾800cm両開き または 巾400cm片開き まで加工可能

フルオーダー(2倍ヒダ):
巾650cm両開き または 巾325cm片開き まで加工可能

高さ29cm以下、高さ286cm以上、巾401cm(もしくは326cm)以上のサイズは、
形態安定をかける機械の仕様上、加工を行うことが出来ません。

形態安定加工のお申し込みについて

1枚あたりの巾サイズが基準となります

以下をご参照ください。

「オプション加工代」をお買い上げください

形態安定加工をご希望の方はカーテン本体をお買い上げいただき、
続けて、形態安定の加工代をお買い上げください。

ご注文商品の一部のみに形態安定加工を行う場合は、
注文フォーム内の備考欄に加工対象商品を入力してください。


縫製仕様にかかわらず、サイズごとに同じ価格になります。
価格の部分をクリックすると、お買い物ページへ移動します。

~巾100cm 1枚につき
600円

イージーオーダー・規格サイズ・既製品:
巾100cmまで

フルオーダー:
巾100cmまでの片開き
または 巾200cmまでの両開き
(両開きの場合、1窓につき加工が2個分必要です)

~巾150cm 1枚につき
900円

イージーオーダー・規格サイズ・既製品:
巾150cmまで

フルオーダー:
巾150cmまでの片開き
または 巾300cmまでの両開き
(両開きの場合、1窓につき加工が2個分必要です)

~巾200cm 1枚につき
1,200円

イージーオーダー・規格サイズ・既製品:
巾200cmまで

フルオーダー:
巾200cmまでの片開き
または 巾400cmまでの両開き
(両開きの場合、1窓につき加工が2個分必要です)

~巾300cm 1枚につき
1,800円

イージーオーダー:
巾300cmまで

フルオーダー:
巾300cmまでの片開き
または 巾600cmまでの両開き
(両開きの場合、1窓につき加工が2個分必要です)

~巾400cm
※1.5倍ヒダ限定
(2倍ヒダは
巾325cmまで可)
1枚につき
2,400円

イージーオーダー:
巾400cmまで

フルオーダー(1.5倍ヒダ):
巾400cmまでの片開き
または 巾800cmまでの両開き
フルオーダー(2倍ヒダ):
巾325cmまでの片開き
または 巾650cmまでの両開き
(両開きの場合、1窓につき加工が2個分必要です)