女性は年齢とともに、身体の不調も変わっていきます


女性の身体は、ホルモンの影響や最近のライフスタイルの変化から、年齢や時代とともに不調が変わってきます。


20歳前後からは、女性ホルモンの分泌量がピークとなり、排卵や月経周期が安定してくるようになります。

30歳になると、ホルモン分泌は安定する年代ですが、忙しさや人間関係のストレスなどでホルモンバランスが乱れ、不調が起こる場合もあります。

20歳から30歳の女性の症状として多いものに「貧血」があります。女性には月経、妊娠、出産など貧血になりやすい条件が多く揃っています。また無理なダイエットや朝食を抜くなどの偏食で胃腸機能が低下すると生理不順や貧血を助長する原因にもなります。

40歳になると、卵巣機能はこの頃からしだいに低下しはじめます。ホルモンバランスの乱れなどから、月経サイクルの乱れや過多月経のほか、頭痛やイライラ感、皮膚のかゆみや乾燥、吹き出物などの不調が起こりやすくなります。

50歳ころになると更年期となり、女性ホルモンのエストロゲンの減少、それを防ごうとして分泌される性腺刺激ホルモンの上昇などから、女性の心身に変調を起こすきっかけとなることがあります。

60歳以降は、卵巣は働きを終え、女性ホルモン値はゼロに近付きます。血管の流れや、脂質代謝を助け、骨を守るなどの女性ホルモンの保護がなくなり、高血圧や脂質異常症、糖尿病、骨粗鬆症などの生活習慣病のリスクが高まります。肌や粘膜のうるおいも減っていきます。また、人によっては更年期の症状がぶり返すこともあるようです。

各年代別の不調と漢方薬やサプリメントのご紹介は、以下各バナーをリンクの上、参考にしてください。

女性の不調 特集 年齢別の不調 ~ 20代~30代の身体の不調・悩み 貧血 ~

女性の不調 特集 年齢別の不調 40代~50代の悩み 更年期と骨粗しょう症

女性の不調 特集 年齢別の不調 40代~50代の悩み 更年期障害に効果的な漢方薬

女性の不調 特集 年齢別の不調 60代以上女性の悩み 更年期以降の中年太り

不眠症状に関する漢方薬

イライラ・落ち込み・不安・・特集ページは以下バナーをクリック!


いらいら、不眠、不安等に関する漢方薬

胃もたれ、胸やけ、食欲不振、消化不良、飲み過ぎ、食べ過ぎ、二日酔い

楽天ランキング胃薬部門 リアルタイム 第1位受賞! 新潟の置き薬屋のこだわり胃腸薬 たんとらがん(膽肚羅丸)

<--! -->

胃もたれ、胸やけ、食欲不振、消化不良、飲み過ぎ、食べ過ぎ、二日酔いなど 「胃腸薬、どれがいいか分からないまずは試してみたい。。。」方に 

新潟の置き薬屋こだわりの胃腸薬 膽肚羅丸(たんとらがん)

価格帯から探す

~¥1,000
¥1,001~¥3,000
¥3,001~¥5,000
¥5,001~¥8,000
¥8,001~¥10,000
¥10,001~¥20,000
¥20,001~