ペッツデポタウンでは、「猫ちゃんがもっと楽しく快適に暮らせるように」という思いから、
2009年よりオリジナルブランド「ねこタワー」を展開しており、
猫ちゃんの使いやすさ、飼い主さんの喜ぶデザイン性を重視したねこタワーを多数製造しております。
多様な猫ちゃんの年齢や性格、体格などに合わせられるように、
コンセプトを決めた多数のねこタワーをご用意いたしておりますので、
きっと猫ちゃんにも飼い主さんにも合ったタワーに出会えることと思います。

「ねこタワー」製品の特長

特長1:安全性

ねこタワーは、猫ちゃんに遊んでもらったりお昼寝してもらったり、猫ちゃんの生活にとても重要なスペースです。
そのため、なによりも安全性を重視し、下記のような製造を行っています。

【安定性】
据え置きタイプのねこタワーは、壁や床、天井に固定しないため、猫ちゃんが元気に遊んでも倒れたりすることの無いよう、それぞれのねこタワーのデザインや高さに応じて安定性を保てる構造にしています。
特に一番下の台座は、通常1枚で使用される板を2〜4枚(ねこタワーにより異なります)合わせて製造しておりますため、とても重く安定感があります。
【耐久テスト】
ポールとステップ台を組み合わせた際に、ステップ台を加圧し、何キロの力に耐えられるか、などの強度テストを専門機関で行いました。
このテストを行うことにより、より強度の強い設計にし壊れにくい安全なねこタワーを製造できるよう努めています。

※強度テストは、ねこタワーで遊ぶ猫ちゃんの動きは想定できないものもあり、また、使用環境もそれぞれ異なるため、全ての衝撃に対してねこタワーが壊れないということを保証するものではありません。
 

【使用テスト】
もちろん、実際の猫ちゃんが上れない、寝ころがれないようなデザインですと意味がありませんので、スタッフの猫が実際に上って使用テストを行っています。
スタッフの猫がおおいに気に入ってしまったものは、そのままスタッフのおうちへ引取られていくこともしばしば…。

※上りやすさや寝ころびやすさなどは、猫ちゃんの個体差もございますので、この使用テストは全ての猫ちゃんに上りやすい、使いやすいことを保証するものではありません。
申し訳ございませんが、あらかじめご了承いただきますようお願いいたします。

 

【接着剤】
ねこタワーに使用される接着剤は、もちろん飼い主様にも猫ちゃんにも安全な素材を使用しています。
主に使用されている接着剤の原材料は、EVAという紙コップのコーティングに使われている材料を主原料としているもので、人体にも猫ちゃんにも安全です。

においや接着剤についての詳しい説明はこちら
 

特長2:デザイン性

ねこタワーは、長年猫を飼っている猫好きスタッフによって、猫ちゃんの遊びやすい・くつろぎやすい形を重視してデザインしています。
特に、猫ちゃんも体格や年齢、性格などによって使いやすいタワーが異なりますので、子猫ちゃんが使いやすい形、遊び盛りの成猫ちゃんが遊びやすいステップ台の配置、シニア猫ちゃんでも安心して上れる段差などを考慮して、 それぞれのライフステージにお薦めのねこタワーをデザインしています。
もちろん、飼い主さんや猫ちゃんがタワーでケガをしたりしないように、例えばステップ台の角は全て丸く削るなど、細かいところも配慮しています。

また、ねこタワーは、家具のように大きなもので、お部屋での設置スペースを多くとりますので、お部屋に置いても違和感のない、インテリアになるようなシンプルでオシャレなデザインを目指しています。

製品を選ぶ際の注意点

ねこタワーは猫ちゃんの運動不足解消に持ってこいのアイテムです。
それは、猫ちゃんの先祖が木の上で生活をしていたことに由来します。猫ちゃんにとって上下運動は欠かせないのです。

でも、やっぱり猫ちゃんの性格や年齢などによって、ちょうどいいねこタワーが違います。
ここでは、ねこタワー選びのポイントである猫ちゃんの年齢や、設置環境などから見たねこタワーの選び方の例をご紹介します。
猫ちゃんには個体差がありますので、もちろん「この選び方が絶対!」なんてことは全くありません。このページを参考に、普段の猫ちゃんをじっくり観察してくださいね。

ねこタワーは大きなものですし、簡単に買い替えられるものでもありません。ですから、じっくり検討して、猫ちゃんと飼い主さんに一番合ったねこタワーを選んでくださいね。

また、ご不明な点や、ねこタワーご購入についてご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

email:info@pets-depot.com
フリーダイヤル:0120-326-863

1.猫ちゃんの年齢、体格、性格、運動能力に見合っているか


↑子猫だと2匹で寝られるこのベッドも…
ねこタワーには、いろいろな高さのものがあり、またそれぞれステップ台やベッド、ハウスのサイズも異なります。
そのため、愛猫ちゃんのふだんの生活の様子から、猫ちゃんが使いやすいデザインをお選びください。

たとえば、体重6〜7キロの大きな猫ちゃんですと、子猫ちゃんにお薦めしている小さめのねこタワーのベッドは小さすぎて寝ることができません。また、シニア猫ちゃんに、ステップ台とステップ台の間隔の広いタワーはとても上りづらいものです。

↑成猫だとこんな感じです
 
当店では、猫ちゃんのライフステージ別にお薦めのタワーをご用意いたしておりますので、ぜひ参考にしていただき、猫ちゃんに最も合うタワーをお選びください。


※ライフステージ別にご紹介しているねこタワーの、対象年齢、体重、頭数などは、あくまでも目安ですので、実際にお使いになる猫ちゃんの性格や運動神経をご考慮いただき、ねこタワーをお選びください。

2.設置環境に合っているか

【設置スペースの確保ができるか】

各ねこタワーの商品ページに、必要な設置スペースを掲載しておりますので、設置スペースをお部屋の中で確保できるかどうかをあらかじめご確認ください。

特に、一番下の台座からステップ台が飛び出しているねこタワーも多くございますので、その場合、台座のサイズ分だけスペースを確保されても設置いただけませんので、ご注意ください。
 

【据え置きタイプか天井突っ張りタイプか】

ねこタワーには、自立式の据え置きタイプと、天井にしっかり固定する天井突っ張りタイプがあります。天井突っ張りタイプは、天井に板を当て、木ネジをまわし入れてねこタワーと天井を固定します。そのため、天井に穴を開けられる環境での設置をお願いいたします。
また、天井に穴を開けられない場合、地震対策用の固定マットを天井とねこタワーの間にはさんでいただく方法もございますが、その場合でも、しっかりと固定をしていただきますので、剥がしていただいた際に、天井の壁紙が傷んでしまったり跡がついてしまったりする可能性もございます。
お部屋に傷をつけたくない場合は、据え置きタイプをお薦めいたしております。

※据え置き、突っ張りのどちらのタイプにしましても、壁際などに置きますと、猫ちゃんが元気よく遊んでいる最中に、ツメが壁に当たってしまってりすることがありますので、ご注意ください。 また、他の家具と同様に、ねこタワーを壁につけて置きますと、壁紙が傷んだり変色したりする可能性がございますので、ご注意ください。

設置環境別にねこタワーを選ぶ


ご利用上の注意点

  • 組み立ての際は、各ポール、ジョイント金具をきつく締めこんでください。締めこみが足りないと、商品がグラついたり揺れが大きくなる場合があります。
  • 猫ちゃんがねこタワーで遊ぶことにより、締めこみが緩むことがありますので、一ヶ月に一度程度、定期的に商品の点検を行い、締めこみ直してください。
  • 猫ちゃんが、1mほど離れた家具などからねこタワーに飛び乗るなどした場合、想定外の衝撃が加わり、商品が転倒・破損する可能性もございますので、ご注意ください。
  • 壁に近づけて設置しますと、設置のしかたや猫ちゃんの使い方によっては、壁紙が傷んだり変色したりすることがございますので、ご注意ください。
  • ねこタワーは、屋内専用商品です。必ず風雨の当たらない、水に濡れない屋内でご使用ください。

お掃除方法のご紹介

キャットタワーは猫ちゃんがいっぱい遊ぶものだからこそ、毛もいっぱいついてしまいがち。
キャットタワーのお掃除には、粘着コロコロを使ったり濡れた雑巾で拭いたり、掃除機で吸い取ったり。。。

ここでは、スタッフが発見した簡単なおそうじ方法をご紹介します。
コツは、こまめにおそうじすること!
(あまりにも毛がいっぱい付いてしまうと、このおそうじ方法もうまくいかないかもしれません。)
 
  1. おそうじ道具を用意する
    まず、お掃除道具を用意しましょう。

    必要なのは、炊事用のゴム手袋です。
    消耗品ですので、100円ショップやドラッグストアで安く売っているものでかまいません。
     
  2. 毛を集める
    それでは、お掃除を始めましょう。

    やり方は簡単。炊事用ゴム手袋をはめて、ステップ台をサッサッとなでて、ステップ台についた毛を集めます。
    あまり力を入れなくても不思議と毛がとれますよ。
     
  3. ハウスの中や外も毛を集める
    目につくステップ台だけでなく、ハウスの中までしっかり毛をとりましょう。

    猫ちゃんはキャットタワー全体で遊ぶので、思わぬところから毛がどっさり、なんてこともあります。
    ポールに毛がついていることもあるので、ポールもおそうじしましょう。
     
  4. 集めた毛を捨てましょう
    キャットタワー全体をよくおそうじしたら、集まった毛を捨てましょう。

    キャットタワー使用3ヶ月で、左の写真くらい毛が取れました!
    毛がいっぱい付いてしまうと、取れにくくなるのでテレビを見ながらちょちょっと、などこまめにおそうじすることが大切ですね。
ねこタワーのページへ戻る
copyright © 2012 RELENTY Inc. all rights reseved.