全品送料無料沖縄・離島配送不可
伊藤忠食品が運営する安心安全な食品ECサイト

オイルの選び方

脂肪酸の種類と効能

まず、オイルの特性は主成分である脂肪酸の種類によって、分類されます。

不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 オメガ3系
(αリノレン酸)など

【不足しがちなので、積極的な摂取が必要】

中性脂肪を減らす/善玉コレステロールを増やす/動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病予防/アレルギー症状緩和/認知症の予防緩和/メンタルケア/脂肪燃焼効果

オメガ6系
(リノール酸)など

【不足の心配はないが、質の良いものの摂取が重要】

悪玉コレステロールを減らす

一価不飽和脂肪酸 オメガ7系
(パルミトレイン酸)など

【ナッツ類に多く含まれる】

血管強化/皮膚再生促進/糖尿病・高血糖予防改善

オメガ9系
(オレイン酸)など

【酸化しにくく、加熱調理に向いている】

悪玉コレステロールを減らす/動脈硬化、心筋梗塞、脳卒中などの生活習慣病予防/胃もたれ予防/便通改善

飽和脂肪酸 中鎖脂肪酸
(ラウリン酸)など

【ココナッツオイルに多く含まれる】

認知症の予防緩和/脂肪燃焼効果/ダイエットサポート/免疫力UP

長鎖脂肪酸 主に動物性油

植物オイルの栄養素と効能

また、植物オイルには固有のビタミン、ミネラル、フィトケミカル※を豊富に含み、それぞれの効能が期待されます。

ビタミンE 抗酸化作用、アンチエイジング、美肌効果、血行促進
ビタミンA
β-カロテン
抗酸化作用、美肌効果、風邪やがん予防
ビタミンD
ビタミンK
骨を丈夫に保つ
クロロフィル 腸のデトックス作用、美肌効果
β‐シトステロール コレステロール低下、免疫力調整

※フィトケミカルとは
植物の色、香り、アクなどに含まる成分。人体の健康と美容の維持改善に役立つことがわかっており、第7の栄養素として近年注目されている。

※こちらのページでは、あくまでも植物オイルの一般的な効能についてご紹介をしております。

自分に合うオイルとは?

自分のライフスタイルやお悩みに合わせてオイルを選んでみましょう。

ホルモンバランスの乱れによる女性特有の症状でお悩みの方 女性ホルモンのバランス調整
フラックスシード(亜麻仁)オイルなどのオメガ3系オイル
サンフラワー(ひまわり)オイル
ピスタチオオイル
アルコールをよく飲まれる方 肝機能サポート
カメリナオイル(アマナズナ)
ウォールナットオイル(くるみ)
セサミシードオイル(ごま)
ダイエットをサポートしたい方 脂肪燃焼サポート
ココナッツオイル
エゴマオイル
セサミオイル
アルガンオイル
血糖値が気になる方 血糖値の調整サポート
マカダミアナッツオイル
ウォールナットオイル(くるみ)
チアシードオイル
気持ちの安定をはかりたい方 メンタルケアサポート
フラックスシードオイル(亜麻仁)
サチャインチオイル
エゴマオイルなどのオメガ3系オイル
胃もたれ・便秘でお困りの方 胃腸の機能サポート
アプリコットシードオイル
レイプシードオイル(菜種)
アボガドオイルなどオメガ9系オイル

※こちらのページでは、あくまでも植物オイルの一般的な効能についてご紹介をしております。

一目でわかる植物オイル図鑑

植物オイルの効能・調理法・風味を一覧にしました。ご参考に、お気に入りのオイルを見つけてみてください。

ココナッツオイル ダイエット×認知症予防緩和
アプリコットシード(あんず) 胃もたれ便通改善×アンチエイジング
マカダミアナッツオイル 糖尿病・高血糖の予防改善×美肌
レイプシードオイル(菜種) 骨の強化×胃もたれ便通改善
ピスタチオオイル 女性ホルモンバランス調整×むくみ対策
アーモンドオイル アンチエイジング×冷え症改善
アルガンオイル むくみ対策×脂肪燃焼
タイガーナッツオイル 便通改善×アンチエイジング
アボカドオイル 美肌×アンチエイジング
ウォールナットオイル(くるみ) 糖尿病・高血糖の予防改善×肝機能サポート
ポピーシードオイル(けしの実) 睡眠サポート×冷え症改善
サンフラワーシードオイル(ひまわり) 女性ホルモンバランス調整×アンチエイジング
セサミシードオイル(ごま) アンチエイジング×脂肪燃焼
パンプキンシードオイル 泌尿器トラブル×前立腺機能サポート
パインナッツオイル(松の実) アレルギー緩和×美肌
カメリナオイル(アマナズナ) 肝機能サポート×胃もたれ改善
フラックスシードオイル(亜麻仁) 女性ホルモン調整×メンタルケア
チアシードオイル アレルギー緩和×メンタルケア
サチャインチオイル アンチエイジング×アレルギー緩和
エゴマオイル メンタルケア×認知症予防緩和

※こちらのページでは、あくまでも植物オイルの一般的な効能についてご紹介をしております。