未精製・無漂白。アロマテラピー用の高品質天然黄蜜蝋(みつろう)、ビーズワックスです♪
蓋で計量もできてお試しにぴったりの遮光瓶入りや、蜜蝋クリームをよく作られる方にお勧めのお徳用サイズまで!!各種あります♪



蜜蝋クリームを作ろう♪
いろんな用途に重宝する蜜蝋クリームの作り方です。唇や手足の荒れ、カサつきが気になるときに、お気に入りの香りの練り香水として、虫刺されや切り傷が心配なキャンプのお供に、昆虫忌避作用のある精油を使ってボディクリームに・・・その他とってもたくさんの使い道がある蜜蝋クリーム!
作り方は意外と簡単!しかもとっても経済的!もちろん、正真正銘100%天然成分のクリームなので安心して使用できます。みつろうの助けを借りれば、自然の恵み、エッセンシャルオイルを使ったアロマテラピーの楽しみがさらに一層拡がります♪
★用意する材料
精油(エッセンシャルオイル) / 蜜蝋 / ホホバオイルなどのキャリアオイル / クリーム瓶 / ビーカー
★分量
ハンドクリームの場合 : 蜜蝋 6g キャリアオイル 30ml 精油 6〜8滴
リップバームの場合 : 蜜蝋 4g キャリアオイル 20ml 精油 2〜3滴
上記比率を目安に、作るクリームの量に合わせて各材料の使用量を決めてください。精油の濃度はハンドクリームの場合1%前後、リップクリームの場合は0.5%程度が基準です。唇は粘膜に近いため、精油の濃度を落とします。当店販売の蜜蝋は、1gが溶けると約1.2mlの液体になります。これをもとに、キャリアオイル+蜜蝋の容量に対する精油の濃度を計算してください(精油は1滴で0.05mlです)。手首など体の局所につける練香は、肌への刺激の強い精油を使う場合を除いて、濃度を3%程度まで上げても大丈夫です。使う精油の香りの強さやお好みに応じて、加減して作ってみてください。

キャリアオイルは酸化しにくいホホバオイルが最適ですが、無ければスイート・アーモンドオイルなど他のオイルで作っても問題ありません。

上記レシピは、容積比で「蜜蝋1:キャリアオイル4.2」になっていますが、比率を変えることにより、粘性の違うクリームが作れます。蜜蝋の比率を少なくすると柔らかいクリーム、多くすると固めのクリームが作れます。1:3〜1:5程度の間で調整してお作りください。
蜜蝋の重さ
少量のものが量れる秤やポストスケール等があれば正確に測れますが、無い場合は以下を目安に計量ください。

小さじ擦り切り1杯2g
大さじ擦り切り1杯6g





★お勧めのエッセンシャルオイル
*ハンドクリームラベンダー サンダルウッド ベンゾイン ゼラニウム
パルマローザ リラクシング
*リップバーム ラベンダー ベチバー サンダルウッド ローズ・オットー
*夏の野外クリームレモングラス  ゼラニウム シトロネラ ペパーミント
*ぷっくり対策 ティートゥリー ラベンダー アンティセプティック
*すれたり切れたりティートゥリー ラベンダー ラベンサラ アンティセプティック
*ネイルレモン キャロットシード
*赤く冷たい指先にベンゾイン ジュニパー・ベリー サイプレス ローズマリー
*ぐちゅぐちゅ足の指にティートゥリー ラベンダー ラベンサラ パチュリー パイン
*反応しやすい肌にカモミール・ローマン カモミール・ジャーマン
*煉香水ジャスミン ローズ・オットー ネロリ その他お気に入りの精油
★注意事項
蜜蝋に対するアレルギー反応の出る方がまれにおられますので、事前に少量でパッチテストを行ってください。
作ったクリームは冷暗所に保存し、ホホバオイルのものは6ヶ月以内、それ以外のキャリアオイルのものは2ヶ月程度で使い切るようにしてください。(ホホバオイル以外では、小麦胚芽油(ウィートジャームオイル)を加えると、やや長持ちします)
蜜蝋を作った後の汚れたビーカーなどは、無水エタノールを使って、スポンジなどでこすると綺麗になります。
グレープフルーツ、ベルガモット、レモン、アンジェリカなど光感作用のある精油を使う場合は、肌に塗った後、日光にあたるとしみの原因になり得ますので、ご注意ください。