ローズヒップオイル

特徴
ローズヒップオイルは、αリノレン酸を多量に含むのが特長のキャリアオイルです。αリノレン酸は、近年注目を集めている必須不飽和脂肪酸です。アロマテラピーでは、フェイシャルマッサージ用オイルとして、研究が進んだ1990年代後半から脚光を浴びてきたキャリアオイルですが、2003年の3月にテレビ番組でセンセーショナルに紹介された反響で、にわかに一般にも認知されるようになりました。

単独でそのまま使用しても問題ありませんが、高価で且つ、匂いがやや強く、肌触りがあまり良くないため、他のキャリアオイルに5~10%程度の割合で加えての使用がおすすめです。酸化が早いため、開封後はできるだけ冷蔵庫で保存するようにしてください。含まれるカロチノイドのため、赤みがかった色をしています。
植物
2002年にローズヒップティーが静かなブームになり、翌年の2003年には、ローズヒップオイルの特性がセンセーショナルにテレビ番組で紹介されたことから、爆発的なブームとなりした。現在では、たくさんのお店でローズヒップオイルが売られていますが、番組放映当時は扱っているお店は非常に少なく、番組終了と同時に、当店では過去例を見ないほどの大量のご注文をいただきました(わずか2時間で約200件)。それ以前は、ローズヒップは最もご注文の少ないキャリアオイルの1つだったので、テレビの影響力の大きさにとても驚かされました。その後ブームは落ち着きましたが、一般に定着した感があり、多くのリピーターさんから定期的にご注文を頂いています。化粧品業界では、ローズヒップオイルは、フェイシャルクリームの原料として広く使用されています。
エピソード
ローズヒップオイルは、ドッグローズと呼ばれる野バラの一種の種子から採取されます。ドッグローズは、主にチリとペルーのアンデス山脈中に自生しています。比較的やせた土地に生育し、2.5mほどに成長します。白とピンクの小さな花を咲かせ、その後に生る実の中にローズヒップオイルの原料となる種ができます。化粧品業界では、ローズヒップオイルは、フェイシャルクリームの原料として広く使用されています。
使い方のワンポイントアドバイス
  • 粘性が高く、肌触りが良くない上、匂いもあることから、マッサージオイル全体の5~10%程度の割合になるよう、他のキャリアオイル(メインオイル)に混ぜて使用するのがお勧めです。

    日本でローズヒップが広く知られるきっかけとなった2003年放映のテレビ番組では、ローズヒップオイルを単独で使う使用法が紹介されました。当時から当店では上記のようなご説明をHPに掲載していたため、番組放映終了直後から「そちらのローズヒップオイルは、番組で紹介されたものとは違うものですか?」「そちらのオイルは単独で使ってはいけないのものなのですか?」というご質問をお電話やメールで沢山頂きました。

    単独で使ってはいけないキャリアオイル(=植物油)というものはございません。どのキャリアオイルも、単独でそのまま使っても大丈夫(エッセンシャルオイルは原液のままお肌につけてはいけません)ですが、より良い使用感を得るためには、他のキャリアオイル(=メインオイル)と混ぜ合わせて使ったほうが良いものもあるということです。

  • メインオイルとして使うキャリアオイルは、スイート・アーモンドアプリコット・カーネルグレープシードホホバマカデミアナッツのいずれかがお勧めです。
  • あまり日持ちしないキャリアオイルです。開封後はできるだけ冷蔵庫で保存して下さい。