ヘーゼルナッツオイル(50ml)

特徴
へーゼルナッツオイルは、化学組成上スイートアーモンドと極めて似通ったオイルですが、浸透性という点で大きく異なっています。非常に浸透性が高く、すばやく皮膚を透過するキャリアオイルで、オイリーになりがちな脂性肌や混合肌のフェイシャルマッサージに適しています。精油成分をすばやく体内に運んでくれるのもへーゼルナッツの特長の一つです。別名「コブナッツ」「フィルバート」とも呼ばれます。
植物
へーゼルナッツは北ヨーロッパ原産の落葉樹で、樹高3m程度まで生育します。ナッツ類の中で唯一ヨーロッパを原産とし、現在でもヨーロッパ全域の至る所に広く自生しています。特に地中海、黒海沿岸地域では、実の収穫を目的とした栽培が盛んです。1つの木に雄花と雌花をつけ、2月から3月にかけて、黄色く長い花序をつけます。ヘーゼルナッツの実はたんぱく質とビタミンが非常に豊富で、数千年前からヨーロッパ人にとって冬の間の貴重な栄養源でした。冷搾法で実の重さの40%ものオイルを抽出することができます。
エピソード
へーゼルナッツオイルは、紫外線を遮断することから、サンローションの原料として使われている他、シャンプー、ヘアケア商品、石鹸、クリームなどの原料としてに幅広く利用されています。学名はヘーゼルナッツの実の形が似ている「小さなヘルメット」という意味のラテン語に由来しています。ヘーゼルナッツの実は、貴重な栄養源として、ヨーロッパで長らく食されてきました。12世紀のドイツの有名な詩人で、作曲家、修道院長でもあった聖ヒルデガルトは、ヘーゼルナッツの実の特性について著書の中で紹介しています。
使い方のワンポイントアドバイス
  • 脂性肌、混合肌、敏感肌に特に適しています。
  • 単独での使用にも適していますが、香りが比較的強く、やや高価なため、他のキャリアオイル(メインオイル)と1:1程度の割合で混ぜるとより使いやすくなります。
  • メインオイルとして使うキャリアオイルは、グレープシードオイルホホバオイルがお勧めです。