SUUNTOについて SUUNTOについて

SUUNTOについて

最も高い山から最も深い海まで

スントは80年以上前にフィンランド で誕生しました。
トップレベルのオリエンテーリング選手であり、熱心なアウトドア愛好家であったトーマス・ヴォホロネンが、溶液充填コンパスの大量生産方法を発明したのです。
それ以来、スントは革新の最前線に立ち、世界で最も過酷な環境でテストを実施した高機能なスポーツウォッチ、機器、ダイブコンピュータを職人の手で作り上げてきました。太古の昔から、人類は冒険を続けてきました。変わったのは、ツールだけです。

スントは現在もフィンランドのヘルシンキ郊外に本社を置き、本社オフィスと隣接する工場で、ほとんどのスント製品を製造しています。
私たちスントは、山の最高峰、深海など、冒険家や登山家、そして数多くのアスリートたちが挑戦するチャレンジをサポートする最高で最良のツールを開発し提供することを常に目標としています。

1936年 - 1960年代

1936年

1936年

オリエンテーリングの選手でもあったトーマス・ヴォホロネン(Tuomas Vohlonen)は、いつもレースで使用している乾式コンパスの針の動きが不安定で、加えて不正確な計測であることに長い間悩まされていました。エンジニアであったヴォホロネンは、常に動いてしまうコンパスの針を安定させて測定精度の向上を図りたいと考え、世界で初めて液体封入式コンパスの製造方法を開発し、特許を得ます。

1939年

1939年

フィンランド軍の ノールバック将校(Norrback) が歴史的に有名な「冬の戦争」の際、ロシアの狙撃兵に撃たれました。しかし、銃弾は彼のシャツの胸ポケットに入っていたM-311フィールドコンパスに当たり、彼は奇跡的に助かります。以来、丈夫さはスントの特徴です。

1940年

1940年

第二次世界大戦中、正確な方位を計測できる精密機器を必要とした砲兵隊の将校たちのために、スントはコンパクトな液体照準コンパス「M40」 を発表します。 

1953年

1939年

1950年代、スントはオリエンテーリングとマリン用のコンパスを製造し始めます。1953年、初めてのマリンコンパス Suunto K-12 が発売されます。真ちゅうで作られた基部のボウルは精密なエンジニアリングの最高傑作です。この時点で、スントは世界50カ国以上にコンパスを輸出しています。

1965年

1965年

イギリス人のスポーツダイバーがスントのコンパスを手首に装着して使用したところ、装置が水中でも作動することを発見したことにより、スントは世界初のダイビングコンパス SK-4 を発表します。彼のフィードバックとイニシアチブにより、スントがダイビング事業に乗り出します。

1980年 - 1990年代

1987年

1987年

1980年代に、スントはダイブコンピュータで世界トップシェアを獲得。その起因となったモデルが1987年に発表され、スント初・世界初となるダイブコンピュータ「SUUNTO SME-ML」が発売、ダイビングスポーツに革命を起こしました。SMEダイブコンピュータが潜水時間など全て計算してくれることで、潜水病の心配も減り、ダイビングスポーツがより身近に、より安全なスポーツへと進化しました。

1989年

1989年

スントのマリンコンパスが SwanとBalticボートの標準であるため、ウィットブレッド世界一周レースの参加ヨットはほぼ全てスントのコンパスを装備しています。

1997年

1997年

世界初腕時計サイズのダイブコンピュータ
Suunto Spyderの発売。Suunto Spyderは、日常使用も可能な高品質のダイブウォッチと最高級のマルチレベル・ダイブコンピュータの性能を組み合わせています。

1998年

1998年

Suunto Vectorは、今では基本機能である高度計、気圧計、コンパスそして温度計を搭載した世界初のアウトドア・リストトップコンピュータです。Vectorはその類まれな機能性とアイコン的なデザインで、スントの代表的な製品のひとつになりました。また、この時計は、登山家の中では今でも絶大な人気を誇り、ヒマラヤを一番多く見てきたといえるでしょう。

2000年 -

2004年

2004年

世界初の腕時計サイズのオールインワン・ダイビングコンピュータ「SUUNTO D9」 を発表。Suunto D9 は、高度な潜水機能にデジタルコンパスとワイヤレスエアインテグレーションを組み合わせています。D9 は、現在Suunto D4i、D6i、D9tx、DX から成る人気の Suunto D シリーズの初代モデルです。

2004年

2004年

高度なトレーニングウォッチ Suunto t6 の登場。アスリートたちが自分専用のトレーニング・フィードバックにより自身のワークアウトを計測し、また適性を知るための補助となるオリンピックレベルの計測技術を提供します。

2007年

2007年

アウトドアスポーツウォッチの水準を上げることに貢献した、数々の賞を受賞の Suunto Core の発表。高度計、気圧計、コンパス、天気情報を搭載した Core は、アウトドアアクティビティに欠かせない機能を提供します。

2009年

2009年

Suunto HelO2 ダイブコンピュータがマーケットにに登場。 HelO2 は、スントで最初の混合ガスに完全対応したダイブコンピューターです。このダイブコンピューターは、レック・ケーブ探索や自分自身の限界を超え、より深く長い潜水を行うためのトライミックス、ナイトロックス、酸素などの複数ガスを必要とするテクニカルダイバー用に設計されています

2009年

2009年

Suunto Elementum を発表。モダンなデザインとハンドワーカーの技術の伝統を先端技術の時計の機能に組込んだプレミアムスポーツウォッチです。高度計、気圧計、コンパスが搭載されており、日常使用にもアウトドアライフにも適しています。

2010年

2010年

オンラインスポーツコミュニティ、トレーニングダイアリー、ダイブログブックの Movescount.comがスタート。スポーツ愛好者たちが自身のスポーツアクティビティをアップロード、評価、追跡そして共有できるようになりました。また、ユーザーはMovescount.comを活用することで、他のメンバーのトレーニングデータの閲覧やルートのチェック、あるいはメンバーをフォローすることでコミュニケーションをとったり刺激を受けるなどの楽しさを得ることが出来ます。

2012年

2012年

高精度な計測を可能とした最新モデル「SUUNTO AMBIT」は、多機能データ計測機器という一面と、ユニークで特徴あるデザイン性という面を併せ持つGPSウォッチとして、世界中のアスリートから高い評価をいただいています。AMBITユーザーになれば画面設定やデータ記録内容の変更、GPS計測頻度などの細かい設定を、無料のコミュニティサイト「Movescount.com」を使用してご自身で自由にカスタマイズすることが可能です。

2013年

2013年

世界初となる腕時計サイズのリブリーザー対応ダイブ コンピューター「SUUNTO DX」 を発表。まったく新しい機能「Suunto Fused™ RGBM」を搭載し、強固性と高級感を併せ持つ素材を身にまとったSUUNTO DXは、ダイビングには不可欠ともいえるマストアイテムになっています。

2014年

2014年

Suunto初のコネクテッドウォッチシリーズ「Suunto Ambit3」は、Suunto Movescount Appと同時に発表されました。Movescount Appを利用することで、その場でムーブの同期や時計本体の設定をするこことができます。Suunto Ambit3には、水泳中でも心拍数を記録できる市場最小のBluetooth® Smart対応の心拍センサー、Suunto Smart Sensorが付属されています。

2015年

2015年

Suuntoダイブコンピュータに新時代が到来。Suuntoは、完全にカスタマイズ可能な次世代ダイブコンピュータ「Suunto EON Steel」を発表しました。直感的に使える操作性に優れたSuunto EON Steelは、高度なテクノロジーを駆使した明瞭なカラースクリーンとカスタマイズ可能な機能を搭載し、必要な情報を水中でも読みやすく鮮明に表示してくれます。

2016年

2016年

Suunto Spartan ソリューションは、Suunto Spartan GPSウォッチと新しくなったSuunto Movescountサービスを組み合わせて活用しています。Spartanウォッチは、強靭なボディに屋外での使用にも適したカラータッチスクリーンを装備し、あらゆるスポーツに対応した多彩な機能とトレーニング分析機能を搭載しています。Spartanウォッチを使ったエクスペリエンスをさらに充実させるために、Suunto Movescountではコミュニティを活用した各種トレーニングツールとヒートマップを提供しています。

2018年

2018年

Suunto App誕生。スマートフォン専用スポーツソリューション、Suunto Appの提供がスタートしました。
これにより、StravaやTraining Peaksをはじめ、グローバルのスポーツコミュニティとの接続が容易に拡張されます。 Movescountの過去の履歴はSuunto Appに転送され、今まで以上にユーザビリティが高くなりました。