HOME > パッキン無料サービス

当店ではキッチン・浴室・洗面のツーホールタイプ水栓の交換に必要となる、配管接続用パッキンの無料提供サービスを行っております(通販でご購入頂いた商品にもれなく同封しております)。
パッキンはとても小さな部品ですが…配管からの水漏れを防止するために欠かせないパーツですのでぜひご利用ください。


パッキンは用途に合わせてゴム製と紙製の2種類があります。
  ここがポイント!  

ツーホールタイプ水栓の交換には通常、配管の接続が3箇所必要です。≫取替え方法
それぞれの配管の接続状況によって、必要になるパッキンの種類が違ってきます。
下記の詳細図をご覧いただくと、どのタイプのパッキンが必要になるか予め調べることができます。


水栓を台座(キッチン)に固定するための接続箇所です。
※この部分には、商品の付属品を使用します。
※交換の際、手が入りにくい箇所ですので、当店では取付の専用工具のご使用をオススメしております。

 


・逆止弁設置&金属鋼管(鋼管)で接続 ⇒下図Aパターン
・逆止弁設置&フレキシブル管 ⇒下図Bパターン
・逆止弁なし&金属鋼管(鋼管) ⇒下図Aパターン
・逆止弁なし&フレキシブル管 ⇒下図Bパターン

逆止弁は逆流を防いだり急激な水圧を緩める効果がありますので設置した方がよろしいですが、水圧が低い場合や配管状況などにより、取付しないで蛇口を取付しても結構です。

 

給水パイプはフレキシブル管と金属鋼管の2種類があります。

■ つぶしパッキン

■ シートパッキン(ゴム) ※同梱4枚

フレキシブル管を使用して設置する場合はこちらです。

■ 平紙パッキン(紙) ※同梱2枚

平パッキンと同じ。ゴム製より耐久性がありますが、少しでも接続がおかしいと水漏れしてしまうのでプロ向け品です。
通常はゴムパッキンで大丈夫です。

※70度以上の高温が出るお湯配管は、ゴムだと溶けてしまう場合がありますので、こちらで接続してください。
(温度調節ができない給湯器で高温で給湯される場合)


※配管は日本全国で様々ですので、この図と違う接続方法をされている場合もあります。
お客様ご自身で取り付けされる場合は事前に設置されている蛇口をよくご覧頂き、出来るとご判断されてからご注文下さい。(稀に古い公団住宅等のキッチンのツーホールタイプ水栓は溶接されていてプロでないと取り外しが出来ないような場合もありますのでご注意下さい)
当店でご購入頂いたお客様には、上の図でお分かりにならない場合でも、現状の画像を添付してメールでお問い合わせ頂ければ無料で技術相談をお受けしております。

ページの先頭へ