HOMEDIY(自分で取付) > ワンホールタイプ水栓の取付実例
蛇口(ワンホールタイプ)取替実例
サンリフレプラザで販売している水栓(ワンホールタイプ)の取替工事を実例でご紹介しております。その他、取替工事などに関するご質問は『よくある質問』をご用意しておりますので、そちらもご覧ください。
(現状の配管状況により異なる場合もございます。)


もぐら〜ずの説明は 取付例 をご参照下さい。
ワンタッチ接続の説明は 取付例 をご参照下さい。

ご注意
ご自分で取替・取付を行う場合は特に水漏れにご注意下さい。弊社ではお客様ご自身の工事による事故等の賠償を一切負うことが出来ません。自己責任において施工を行ってください。
取付実例
ワンホール水栓の交換方法をご紹介いたします。

今回の交換機種は、INAX製品ですがTOTO製品も施工方法は同じです。

下に潜らなくても本体を固定できる
「もぐらーず」、「ワンタッチ接続」を採用しております。
取付例
取替え前の水栓
以前のTOTO水栓はレバーを下げて水を出す
「下げ吐水」でしたが、現在は各メーカー共通の
レバーを上げて水を出す「上げ吐水」を採用しています。
取付例
まずは水を止めます
ワンホール水栓は、止水栓が付いているケースが多いです。この場合はシンクの扉を開ければ配管が見えます。

※画像の様に点検口が付いている場合は、
ドライバーで開けて下さい。


画像の様に止水栓が無い場合は家の元栓を止めます。

※止水栓・・マイナスドライバーやハンドルで開閉ができる水栓です。(トイレに付いている栓です)


取付例
以前の配管部品を撤去します
ワンホール水栓には、通常「逆止弁」と言われる部品が付いています。この部品までが付属部品です。(新しい水栓にも、もちろん付属しています)

取付例
水栓本体の固定ナットを外します
ほとんどの水栓は下側より固定されています。
メーカー、製品によりサイズなどが異なりますので
ここが一番苦労するかも知れません。レンチなどで少し緩められれば、あとは手で廻して外します。また、最初から手で取れる場合もあります。

※ネジ部をレンチでキズを付けてしまうと、外すのが大変になりますので、ナットのみ外す様にご注意下さい。


取付例
既存水栓の撤去完了
水栓を外すと、この様な穴が空いています。
この穴の直径が「水栓の取付穴」となります。
※取付穴とは水栓本体の直径ではありません
取付例
新しい水栓の部品の取付
最近の水栓は、上から簡単に本体を固定できる
「もぐらーず」を採用しています。
メーカーにより多少異なりますが、基本的に同じ様な金具です。
(TOTOメタルジョイシリーズは下からの取り付けです)
この部品を付ければ、本体の取付はほぼ完了です。

取付例
水栓本体の設置
先ほど取付した金具に水栓をはめ込み、本体をネジで固定すれば完了です。
取付例
逆止弁の取付
付属品の逆止弁を取付けます。
※逆止弁取付前にに古いパッキンが残っていないか必ず確認して下さい。

取付例
給水ホースの取付
逆止弁へ給水(給湯)ホースを取付ます。
ワンタッチ接続を採用していますので、
奥まで「カチッ」と音がするまで差し込めば完了です。
※ホースが折れ曲がらないよう、ゆっくり曲げて長さを調整して下さい。
取付例
完成
止水栓を開いて、水漏れをチェックしたら完成です。家全体の元栓で止めている場合は、一人が開けてもう一人が水漏れが無いかご確認下さい。
通水後5分ほどおき、最終確認して下さい。

キッチンワンホール水栓

完成
お客様からご報告を頂きました。
誠にありがとうございます。


TOTO TKN34PB

先日、商品が届き、先ほど滞りなく取替えが完了しました。取替え工具についてお世話になりました。
取り付けの具合もよく、いい雰囲気になりました。
ありがとうございました。
(福岡県/S様/弊社にて水栓金具をお買い上げのお客様)


ページの先頭へ