Manufacturing process製造工程

全て自社工場で製造、メイドインジャパンへのこだわり

長く愛される製品をお届けする為、【デザイン】【使い易さ】「軽さ」「柔らかさ」を追求し1つ1つ想いを込めてお作りします。通常バッグの重さは800g~1kgですが、独自の技術により400g~600gまで軽くすることができます。

全て自社工場で製造、メイドインジャパンへのこだわり
デザイン
オリジナルデザイン画から、型紙を起こし専用厚紙を使用して模型を作ります。
サイズ、バランスを調整し型紙を何度も造り変え、はじめてバッグのデザインが決まります。
デザイン
革選別
仕入れた革の、キズ、サイズ、色むら等を確認します。特にお腹部分は、バッグの顔である正面に使用する為、何度も確認します。
革選別
あら裁ち
バッグの大きさに合った革を選び、全ての型紙をあてていきます。デザインと革の部位のバランスを考え、型紙よりひとまわり大きく革をカットしていきます。
あら裁ち
革漉き
革の厚さを一定にします。0.何mmの厚さを機械によって調整します。部分ごとに厚さも違い、革によって質感も違う為、機械任せで、できない工程です。
革漉き
グレージング
革に機械で圧力をかけて均等にしてから、瑪瑙(めのう)で磨きをかけ更に輝きをもたらします。その後、熱を加えふっくらと立体的な表情にするための仕上げを施していきます。
グレージング
裏張り
バッグの内臓部です。商品の出来上がりを考え、部分ごとに芯材を確認しながら、張り込んでいきます。バッグの質感を決める重要な工程です。
裏張り
裁断
バッグの実際のサイズに合わせて、部分、部分の型に合わせながら 裁断します。
裁断
縫製
糸の太さ、ステッチの幅を見極めて、縫製します。天然素材は表面に凹凸があり、スムーズにミシンが掛からない為、ステッチ1つかけるにも高度な縫製技術が必要です。
縫製
検品
ステッチの幅など、作りすべての検品です。お客様が手にされる前の最終検品ですので、漏れのないよう細心の注意が必要です。
検品
箱詰
完成した製品を箱詰めします。(商品により箱に入らない物もあります。)
箱詰
JRAマーク