▼他にもたくさんのTV・雑誌で紹介されました!!▼




《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》
新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。




《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

池波志乃さまにご紹介いただきました!
新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。



《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》
《水郷どりまるごと一本》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。



《水郷どり各種》  《自家製レバーのパテ》
《参鶏湯〜サムゲタン〜》  《贅沢マドレーヌ》


肉を見ただけで一目瞭然、そこらの肉とは質が違うことがわかるはず。ストレスの少ない環境で時間をかけて育てられた鶏は、粗たんぱく質が多く低脂肪の極上品。(本文引用)




《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。




《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。




《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。


《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。



《自家製レバーのパテ》

ここまで、臭みがなく、レバーの甘い香りが活きたパテは初めて!放し飼いで飼育された水郷どりは脂肪分が少なく、濃厚なうまみが特徴。すぐに食べられるようバゲットもついてくる心遣いが嬉しい。(本文引用)



《自家製レバーのパテ》

『月に1回販売される限定品。ブルーベリーと一緒にバゲットにのせて食べるのが好き。』(本文引用)



《自家製レバーのパテ》

鶏肉専門店が作る完全予約販売の人気パテ。レバーのクセをおさえ、甘みを引き出すために入れるという醤油がかくし味!おつまみにもピッタリ。(本文引用)



《自家製レバーのパテ》
スタイリストすずき尋己さんからオススメされました!

「すごい人気でなかなか買えないほど。ママ友に協力してもらってなんとかゲットしてます」
新鮮なレバーを使用しているので臭みがなく、舌ざわりなめらか。しょうゆとバターの風味で食べやすい。(本文引用)



《自家製レバーのパテ》

焼き鳥の名店「バードランド」で修行した、4代目が作るレバーパテ。千葉県北総地区の地鶏「水郷どり」の新鮮なレバーを使用。地元ちば醤油の再仕込み醤油のコクが、レバー独自のくせを抑え、甘みを際立たせています。完全予約制ですが、その期待を裏切らない味です。(本文引用)



《自家製レバーのパテ》

楽天市場「グルメ対象2008」おとなの週末賞ノミネート

「水郷どり」の新鮮なレバーで手作りしたレバーパテ。地元の醤油醸造所のコクのある再仕込み醤油を味付けに使うため、レバーの甘みがさらに際だつ。クセもなく心地よい風味が口の中に広がり、ワインや日本酒など酒にもよく合う。(本文引用)




《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。



《自家製レバーのパテ》

濃厚な甘みが特徴の「水郷どり」を扱う鶏肉店。人気で要予約の自家製レバーのパテ(奥)や店内では水郷どり親子丼(手前)も味わえる。(本文引用)



《自家製レバーのパテとピコットのバゲット》

新鮮なレバーと厳選された食材を使ったこだわりのレバーパテ。フランスパンに塗って食べれば、パンの香りとパテの甘みが口の中に広がります。レバーが苦手な方でも食べられるように、作り方を工夫したレバーのパテです。



《自家製レバーのパテ》

素材は飼育期間を長くとり、放し飼いで運動させた水郷どりの新鮮なレバー。脂肪分が少なく、肝の濃厚な旨みがのっていて、もちろん臭みなぞない。これに地ねぎを加えて煮込み、バター、ブランデー、バルサミコ酢で仕上げる。なめらかな口どけ、穏やかなレバーのコク、ほのかな酸味はレバーが苦手な人でも旨いと唸らせる上品な仕上がりだ。(本文引用)