こんにちは、
『水郷のとりやさん』の須田です。

いつも当店をご利用いただきまして、
誠にありがとうございます。

本日は、皆様に安心して鶏肉と卵をお召し上がりいただくために、鳥インフルエンザに関してのお話をさせてください。

まず初めに、昨年からの状況でございます。

昨年、千葉県いすみ市で高病原性鳥インフルエンザの擬似患畜についての報告がありましたが、その後、いすみ市、横芝光町(アヒル)、匝瑳市(アヒル)でも同じような事例が報告されました。

千葉県では4例の事例が報告されております。

すでに全ての農場で防疫措置が終わり、殺処分も完了いたしております。

次に。

鳥インフルエンザが確認された農場に関しては、発生農場の半径3km区域内の鶏等の移動制限、さらに3〜10km区域内の鶏等の搬出制限がされております。

ですので、今、市場に出回っている鶏肉や卵は、安心・安全なものであることをご理解いただければと思います。

そして、当店の対応です。

千葉県で鳥インフルエンザが発生したことを受け、
当店の放し飼い農場では、一時的に、庭への放し飼いをやめ、
鶏舎の中だけでの平飼いに切り替えております。

また、鶏舎の周りや運動場などに消石灰をまき、
鶏舎にはいる人間も一人だけに制限し、
防疫措置を講じております。

消石灰などの防疫措置に関しては、継続して行っております。


お客様から
「千葉で鳥インフルエンザが出たけど、
  須田さんの鶏肉は大丈夫か?」
という内容のお問い合わせを数件いただいております。


ご安心ください。


お届けしている鶏肉・タマゴは、
いつもお届けしている安全・安心な鶏肉とタマゴです。

今回の発生農場で、鶏の死亡が確認された時点から、
すぐに当該農場では、家畜保健衛生所へ異常発生の通報し、
家畜保健衛生所職員による立ち入り検査が行われ、
その後、農林水産省による検査も行われました。

農場や関係各所の迅速な対応により、
鳥インフルエンザに感染した鳥やタマゴなどは、
すでに移動・流通しない状態になっていますし、
農場から半径3キロ以内の区域についても移動制限がかかります。

また、弊社が契約している鶏処理場の契約農場は、
県内に11ヶ所あり、今回は移動制限などの指定地域にはかかっておらず、
いつもと変わらない健康なニワトリが出荷されております。

そして、処理場では、獣医師の資格を持つ県職員が、
毎日、鶏の状態を確認し、内臓に異常がないか、
健康な状態であるかをチェックした後に出荷されていきます。

さらに、当店では、毎日、鶏を捌いている弊社の職人が、
1羽1羽、鶏の状態を見極めながら、
丁寧に「手ばらし」で捌いています。

「手ばらし」というのは、
職人が1羽1羽、まな板の上で鶏を捌いていく為、
何か異常があったときなどもすぐに発見することができますし、
その後の処理などもすぐに行うことができます。

お客様に、安心して、美味しい鶏肉を召し上がっていただきたい。

その思いを皆で確認しながら、鶏と真剣に向き合って、
安全・安心・美味しい鶏肉をお届けしてまいりますので、
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


最後に。


今年は全国的に鳥インフルエンザが発生し、
養鶏をしているものとしては、本当に気が気ではありません。

すでに発生してしまった養鶏場でも、
防疫措置を講じて、鳥インフルエンザ対策をきちっとしているところが多く、
そこまでして防げないならどうしようもないと思えるほどです。

出したくて出している養鶏業者なんて一人もいません。

むしろ、自分のところで少しでも疑いがあった場合は、
すぐに家畜保健衛生所に連絡し、他の養鶏場へ被害が広がらないように、
素早い対応をしています。

その中でも、誹謗中傷や風評被害が出てしまうことは、
とても悲しいことだなと感じます。

メディアの報道の仕方や、国の支援の在り方なども含めて、
今後、養鶏業をしていきたいという人たちが、
減ってしまわないことを切に願います。

美味しい鶏肉や卵が、今の値段で買えるのは、
毎日、生き物と向き合っている養鶏農家の人たちの、
日々の努力があるからだということを、
この機会に、今一度、見つめなおしてもらえたら幸いです。