【コラム】洗濯機で洗える寝具。
デンマークに学ぶ心地よい寝室のつくりかた

  1. デンマーク人が考える心地よい寝室
  2. ぐっすりと眠るために大切な温度と湿度
  3. 1つのモノを長く使う文化だからこそ、洗濯機で丸洗い手軽さも
  4. シンプルにラクに、快適な寝室と眠りを整える
  5. 環境に配慮したパッケージ

ヨガと睡眠。上質な眠りをサポートするデンマーク製寝具。

睡眠の質を上げるのに、ヨガはとても有効的です。
安眠のためには呼吸が重要。
就寝前のヨガによって、ゆっくりとした呼吸のリズムを作り、心身ともにリラックスした状態をつくることが、上質な眠りに繋がります。
ヨガによって心身を整えた後、さらなる『上質な眠り』を体感いただきたく、 この度、当店にてお取り扱いさせていただいている、北欧・デンマーク生まれの寝具ブランド『NORDIC SLEEP (ノルディック スリープ)』様より、「デンマークに学ぶ心地よい寝室のつくりかた」という内容でコラムのご提供いただきました。

是非、ご一読いただき、NORDIC SLEEPの想いや、環境問題への取組など、一人でも多くの方に知っていただき、商品の良さと上質な眠りをご体感いただければ幸いです。

画像の説明が入ります

Instagram @by.sofiehammer





1日の中で、もっとも心地良く過ごしたい眠りのひととき。とはいえ、今の寝室や寝具に対して、自信を持って「満足している」と答えられる人は少ないかもしれません。
デンマークでは「ヒュッゲ」と呼ばれる価値観があり、その考え方は眠るときの環境づくりにも生かされています。デンマークの人々が実践する「寝室と睡眠の知恵」をご紹介します。

デンマーク人が考える心地よい寝室

画像の説明が入ります

Instagram @by.sofiehammer



デンマークの寝室づくりに欠かせない「ヒュッゲ」の価値観。
ヒュッゲとは、デンマーク語で「居心地がいい空間」や「楽しい時間」などを指します。
こうした空間や時間をつくりあげるのには、家具や照明、香りなどの要素が欠かせません。

落ち着いた配色の家具をしつらえた、すっきりとした清潔な部屋。そこに温かい掛け布団を取り入れ、ろうそくの明かりや間接照明にこだわります。こうした自分が心地良く過ごせるように部屋を整えることもヒュッゲの一つです。

ちなみに、 デンマーク人たちは友人を自宅に招待するのが大好きですが、ベッドルームはゲストが行かないプライベートな空間。友人との付き合いや仕事は寝室の外まで。寝室は一日の後にリラックスして、次の日に備える場所だからこそ、極力モノを置くことなく、落ち着いた雰囲気を保つことを心掛けているそうです。

ぐっすりと眠るために大切な温度と湿度

画像の説明が入ります

Instagram @by.sofiehammer





日本ではなかなか睡眠の悩みを人前で話すことは多くありませんないが、デンマークでは友人や同僚と話し合うことも当たり前。
そこには、 良い生活をするには、良い睡眠が必要だという考えがあります。
質の良い睡眠を得るには、寒すぎず、暖かすぎずない室温を保つことが大切。そして寝具には、適度な保温性や通気性が求められます。
実はデンマークにも四季季があり、“光り輝く霜や、雲一つない空、熱波、湿気や乾燥、気温の上昇と低下、高気圧と低気圧……”と、季節の変化がはっきりとしています。

こうした気候の変化を考慮した寝具選びも、デンマークの人が心掛けていることなのです。 

1つのモノを長く使う文化だからこそ、洗濯機で丸洗い手軽さも

画像の説明が入ります



そんなデンマークで使われている寝具の一つ「ノルディック スリープ」は、創業者のラース・E・フォス氏が「眠りの浅さ」に悩んでいたことから生まれたもの。
彼は映画技師でもあり、仕事で映画やテレビなどに使う特殊な「人工雪」を降らせていました。あるとき、人工雪の詰まった大きな袋の上で仮眠をとっている人がいるのを目にした際、彼も人工雪を枕の詰め物にして寝てみたところ、その晩は熟睡できたのだとか。
この経験から、人工雪をヒントに独自素材の「フォスフレイクス」を生み出したのです。

フォスフレイクスはふんわりと空気を抱く構造になっているため、あたたかさを保ちながら、湿度を逃がす機能に優れています。そのため、寝ているときの温度と湿度を整えてくれる素材です。  


画像の説明が入ります




掛け布団であれば、フォスフレイクスの量や、掛け布団の生地や縫い方を変えることで、通気性を重視したつくりや、保温力を重視したつくりにでき、住環境や好みによってタイプ(※)を選ぶことができます。特に保温力に優れたウインターは、これから寒くなる季節にはぴったりの掛布団です。

※SPRING、SUMMER、AUTUMN、WINTERの4タイプがあり、SPRINGとSUMMERは通気性を重視、AUTUMNとWINTERは保温力を重視






掛け布団(デュベ)







画像の説明が入ります

Instagram @by.sofiehammer



枕にもフォスフレイクスを取り入れています。どの向きで寝ても枕は頭の形に合わせて凹み、周りはふわふわとした感触に。頭の熱がこもらないので、一晩中快適に眠ることができます。

画像の説明が入ります



さらに、お手入れのしやすさにも特徴があります。デンマークの人々は「1つのものを長く大切に使う」ことが当たり前。たとえば、デンマークの首都コペンハーゲンには古い建物が多く、築150年の住宅もあります。だからこそ、DIYを積極的に行い、家に取り入れるモノへの審美眼も磨かれるのだとか。

こうした背景があるからこそ、ノルディック スリープの寝具も長く大切に使えることを前提に、自宅の洗濯機で丸洗いができ、お手入れのしやすさを実現しています。さらにフォスフレイクスには弾力性と復元力があり、繰り返し洗濯しても使い心地を保つことができます。60度のお湯を使用して洗濯すれば、表面のダニなども駆除できるので、アレルゲンの心配もありません。

枕(ピロー)

その他商品 

シンプルにラクに、快適な寝室と眠りを整える

画像の説明が入ります

Instagram @by.sofiehammer







何かを変えようとしても、面倒だとなかなか続かないもの。でも、たとえば掛布団のタイプを選ぶだけで体が心地良いと感じる環境を整えることができて、お手入れがラクだとしたら。快適な眠りのために寝室を整えるハードルはぐっと下がるかもしれません。

今日の疲れを癒し、明日をすっきりと過ごすためのヒントがデンマークの暮らしにはあります。

環境に配慮したパッケージ

画像の説明が入ります

Instagram @by.sofiehammer





ノルディック スリープ製品は、FSC(森林管理協議会)認証を取得したサスティナブルな素材でできたホワイトバッグでお届けしています。








画像の説明が入ります

『ノルディック スリープ直営店舗』
六本木ヒルズ店・・・〒06-0032 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズタワー ウェストウォーク4階



画像の説明が入ります


文章 / 南澤悠佳 Haruka Nanzawa
フリーランスの編集者、ライター。
企業の”伝わらない”を伝えたい人に”伝える”ため、コンテンツを通じたコミュニケーション支援を行う。
https://harukalog.com/ Twitter:@haruharuka__