お客様Q&A集

普段、皆様からよく頂く疑問・質問にお答えしています。

1.当社品と他社品との基本に関するQ&Aについて

2.商品の品質・機能面のQ&Aについて

3.オーダーに関するQ&Aについて

■お取扱いにつきまして

業務用スチールラックの販売経験と実績を踏まえ、特に通販でお買い求めされるお客様からの多様なお問合せ、質問等の中から代表的なものをテーマ別に整理し、ご紹介するものです。
ご回答につきましては当社の経験上の見識を踏まえたものであり、全ての責任を追うものではございません。お客様が重要なご判断をされる場合、 同業他社の検証も頂きながら快適なご購入をされますよう宜しくお願いします。

1.当社品と他社品との基本に関するQ&Aについて

Q-1:グリーン購入法について教えて下さい。

A-1:お答えします。
  • (社団法人)日本オフィス家具協会(JOIFA)では、グリーン購入法(正式名称: 「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(平成12年法律第100号) 適合を示す会員企業の「グリーンマーク」を制定しています。
  • 当社取り扱いのスチールラックは、グリーン購入法適合商品ですので、 ユーザーの皆様に安心してご購入いただけます。

▲このページのTOPへ

Q-2:当社品はグリーン購入法適合商品ですか?通販の同業他社品のことも教えて下さい。

A-1:当社品はグリーン購入法適合商品です。
  • トップページにグリーン購入法適合商品のマークと表示をしております。
    当社は製造メーカーではございませんので、定められたグリーン購入法のマークは掲載しておりません。

    JOIFAではグリーン購入法適合を示す会員企業の「グリーンマーク」を制定しています

 
A-2:同業他社品につきましてお答えします。
  • 同業他社品の中にはグリーン購入法適合品との表示があるにもかかわらず、JOIFAの 加盟店ではないのではと思われるお店もあるように思います。 
    グリーン購入法適合商品を購入されたいお客様は直接ご確認されたらいかがでしょうか?
 

▲このページのTOPへ

Q-3:割棚ってどういう意味ですか?当社品は割棚タイプですか?

A-1:お答えいたします。
  • 割棚とは物流上の重量に配慮して製造している事よりも、むしろ製造コストと品質の兼ね合いで、現在でも製造するメーカーが一部残っていますが、いまや業界の主流とはなっておりません。
    割棚の枚数は奥行き寸法によって異なり、例えば奥行き900(D)の場合3枚割りになっていると思います。
  • 当社品と割棚タイプの同業他社品とはその品質、機能に根本的な違いが生じるものと考えておりますので、ご採用の節はよくご確認を取られるべきと思います。
A-2:当社品につきましてお答えします。
  • 当社品の棚板に関するご質問と思います。当社品の棚板は割棚と呼称されません。
  • 中軽量スチールラック 200/段・中量スチールラック 300/段及び500/段の棚板のうち、奥行き(D)750弌900个2枚合わせとなっております。
    (その他のサイズは全て 1枚もので製作)
    理由は、例えば300/段の棚板1800(W)×900(D)の場合、なんと重量が 1枚の場合約19圓任△蟇秦会社のドライバーが4階階段で数十枚を持ち上げる場合、 非常に困難でありますのであえて2枚にし配送しやすいよう配慮しております。
    以上より1800(W)×750(D)→1800(W)×450(D)…9.4+1800(W)×300(D)…7.8 としドライバーの配送に配慮しております。

▲このページのTOPへ

Q-4:品質保証体制について伺います。

A-1 :安全と安心のお取引が実現出来ます。
  • 国産メーカー品で当社品の取扱品は最も需要の多い売れ筋定番品と呼称される商品に 特化した製造販売実績40有余年を限定的・専門的に取り扱っております。
    すなわち品質保証は当たり前の時代であり、当然だとの見識で対応させて頂いております。
    品質保証に関するコストは当然、販売価格に折込済でございますので、ご安心下さい。
  • 万一の製造不良、輸送上の事故に関しましても責任と誠意をもって 対応させて頂いておりますので、安全と安心のお取引が実現出来ます。
A-2:"信頼の輪を快適につなぐ"をコンセプトに当サイトを運営しております。
  • お客様から、例えば「○○保証」をうたっている商品があるのですが、当社は同等の 保証制度があるのですか?との質問を受けることがございます。
    この場合A-1の内容 にてご説明申し上げておりますし、十分ご理解して頂きご購入頂いております。
  • 当社では"信頼の輪を快適につなぐ"をコンセプトに当サイトを運営しておりますので、 リピーター様になりえない販売方法は控えさせて頂いております。

▲このページのTOPへ

2.商品の品質・機能面のQ&Aについて

Q-1:単体形式と連結形式の違いについて

A-1:お答えします。
  • 200/段、300/段、500/段をご購入の場合、最初の1台は単体形式(支柱4本)を ご購入下さい。2台目からは同一商品で高さ(H)と奥行き(D)が共通であれば、間口方向 (W)に何台でも連結してご使用頂けます。
  • この商品を連結形式といいます。 詳しくはこちらの図解でご確認下さい。
A-2:当社品と他社品との違いがありますのでご紹介します。
  • 300/段と500/段の耐荷重の差異は棚板材料と棚板裏の補強材料の材料厚に よります。当社品の骨組みを構成する部材:支柱、棚受け(小)(大)、ワイド(間口)ビーム、 は全て共通です。
    従って例えば単体300/段、連結500/段の複合は可能となります。
  • さらに単体500/段:7段(枚)の上段3段(枚)までは300/段(枚)、下段4段(枚)は500 /段(枚)の棚板を複合的にセッティングする事が可能です。
  • 用途に合わせて自由自在 にお選び頂けるのも当社品の特長でございます。
A-3:連結形式をご採用する場合2つのメリットがございます。
  • 単体形式は支柱4本必要でございますが、連結形式は支柱が2本ですみますので、2本分 のコストダウンが実現します。1台、2台の場合は大きな金額になりませんが、バックヤード で大量にご採用の大型倉庫のお客様にはオススメです。
  • 同じく支柱1本分の幅、例えば200/段の場合40弌300/段、500/段の場合 55个省スペース化出来ますのでスペースあたりの保管、収納台数を増やす事ができ、スペースを有効に活用できるとともに保管、収納個数に対する管理コストの削減につながります。

▲このページのTOPへ

Q-2:重量が品質に与える影響と他社品の違いについて教えて下さい。

A-1:大いに影響があります。
  • 影響がでる品質の場所は棚板1枚あたりの平均耐荷重・横、斜めからの力に対する揺れの程度、すなわち耐震性、棚板の解体移設そして再組立ての場合のグラツキ度が全く変わりますので、長期間の使用に対する耐久性に影響があります。
A-2:ご購入の際には他社品とも比較検討を下さいませ。
  • 耐荷重は結果的に棚板1枚あたりに負荷されますが、実際的には主要部材である支柱の 材料厚、棚受けの材料厚、ワイドビームの材料厚、そして棚板の材料厚というふうに 部材全体の材料厚による商品の総重量が品質特に強度、耐久性、耐震性等に影響が 出てまいります。
  • 商品重量が与える品質の客観性に対し、お客様に認識して頂けるよう、 "予算チェッカーズ"で選択した商品の一覧表には、個々の商品の重量を明示し、買い物カゴの商品欄にも商品重量を表示しております。
    品質に対する信頼性向上の為、重量の表示は重要との認識を致しております。ご購入の際には他社品とも比較検討を下さいませ。

▲このページのTOPへ

Q-3:品質の強みと他社品との違いについて教えて下さい。

A-1:お答えします。
  • 200/段と他社品の違いは当社品は支柱が25丱團奪繊他社品の50丱團奪舛2分の1。
    その為収納物によって棚間に生じる無駄間が少なくなり、収納量が増えるとともにトータル のコストパフォーマンスがよくなります。
  • 上下の棚受けはハンマーで叩き込み、ワイドビームと合わせて骨組みを組立てますが、上下以外の中棚受けはハンマーを使わずワンタッチ落とし込み方式の棚受けですので組立時間が他社品より短時間になり、大きな省力化ができます。
  • 当社品は棚受けを簡単に取り外し、取付ができるので保管・収納品の変化に対し、早く、 簡単、楽に棚間の移動が可能となります。
A-2:他社品との違いをお答えします。
  • 300/段、500/段と他社品の違いは当社品は支柱が25丱團奪繊他社品の50丱團奪舛2分の1。その為収納物によって棚間に生じる無駄間が少なくなり、収納量が増えるとともにトータルのコストパフォーマンスがよくなります。
    最上段に使用する棚受け(小)以 外の棚受け(大)は全て3本ヅメ、ワイドビーム(W)前後上下4本とも3本ヅメで本体の骨組みをガッチリ組立てられます。
  • この結果強度、耐久性、横、斜めからの揺れに強く耐震性がグ−ンとアップします。2本ヅメの他社品と十分比較検討の上ご購入下さいませ。

▲このページのTOPへ

3.オーダーに関するQ&Aについて

Q-1:色のオーダー、サイズのオーダーはできますか?

A-1:色のオーダーにつきましてご説明いたします。
  • 商業施設での店舗内活用が増大して現状、特徴、差別化、独自性を求めるユーザーからのオーダー色の引き合いはかなり増えてまいりました。 「クリアー塗装」といいまして鉄の生地の上に透明の塗装をする事で、生地本来の重厚感や高級感が演出され、オリジナル性が発揮されますので設計事務所様の多くがご採用されます。
  • その他、黒、白等がオーダー色として人気があります。 当社の場合、多品種・少ロットには柔軟に対応できる回転率の高い工場ですので、比較的、短納期・低価格で提供させていただきます。
  • 見積依頼等の受け付けはメールまたはFAXでお願い致します。
    電話での受け付けはご遠慮下さい。
A-2:サイズのオーダーにつきましてご説明いたします。
  • 軽量スチールラックの支柱オーダーの場合、規格サイズより50丱團奪舛納由にカッティングができます。
    希望寸法をご連絡下さい。この場合の価格は、規格品の部材価格と同一となりますので、大変お得です。
  • 軽量スチールラックの棚板オーダーの場合、最大の間口(W)寸法は1800个泙如奥行き(D)寸法は700个泙任糧楼呂納由に製作が可能です。まずは、お問い合わせ下さい。
  • 中軽量スチールラック、中量スチールラックのオーダーにつきましては、その都度、メールかFAXにてお問い合わせ下さい。お電話によるお問い合わせはご遠慮ください。
  • お客様のニーズにきめ細かく対応してまいりますので、メールまたはFAXにてお問い合わせ頂きたいのですが、価格面につきましては、色・サイズ・数量・納期等の仕様条件によりまして、大きく異なってまいります。
  • お電話によるアバウトの回答も出来かねますので、予め、ご了承頂きたいと思います。

▲このページのTOPへ