ABOUT

<歴史>

1930年代にアメリカのアパレルメーカーが作ったのがダウンジャケットの始まり。
そのオーナーが友人と出掛けた際に、ウールのアウターが凍ってしまい、危うく凍死しそうに。
その経験を活かして、機能的なアウターの開発に取り組み、その結果羽毛の保温性に気づくのです。
それから世界初のダウンジャケットが作られ、その保温力の高さと軽量さから一気に注目されるものとなったのです。

<もこもこの理由>

ダウンジャケットというと“もこもこ”とした「均等な横方向の区切り」のイメージが強いのではないでしょうか。
実はこれには見た目だけでなく機能としてちゃんとした理由が存在するのです。
上述したように、羽毛の保温力の高さに着目したのはよいものの、とっても柔らかなものなので区切りがないデザインだと偏りが生じてしまい、形を保つことができませんでした。
これに苦悩した結果、現在でも採用されている横方向の区切り、キルティングをつけることでそれを解消しようと考えたのです。
それの行き着いた先がこの“もこもこ”としたデザインとなっているのです。


<中綿の種類>


<ダウン-down->
水鳥の胸部に生えているふわふわとした毛で、タンポポの綿毛のような大変柔らか。 採取できる量がごく少量で高価ですが、保温力が高く、軽いのが魅力。

<フェザー-feather->
羽軸を持った羽根ペンのような鳥の羽、"弾力性"と"通気性"が特徴。 ダウンのみでは潰れや型崩れしてしまいますが、それを防ぐ重要な役割を担ってくれます。

<綿-cotton->
コットンもしくはポリエステルの綿。 もこもこ感が抑えられるのでシルエット重視の人におすすめ。コスパも良いのでいろいろなデザインを持ちたい人にもおすすめ。




NEW

新作ダウンジャケット




ITEMS

>ダウン&フェザー(50%以上)

>中綿

>シームレス
ステッチ区切りのないシームレス、空気の逃げがなく保温性が高く、雨や雪に強い




STYLING

おすすめの着こなし
(クリックタップで使用アイテム表示)

FEATURE トレンド、おすすめの特集

 

ITEMS −アイテム別一覧−

TOPS-トップス-
 ├ 長袖
 ├ 長袖
L.OUTER-ライトアウター- OUTER-アウター- BOTTOMS-ボトムス- ACCESSORY-アクセサリ-
ETC-他-


© HK ALL RIGHTS RESERVED.