『きちんと感』も、
いつもの延長線上で。

ラクな恰好、ラクな恰好…と思いつつ、たまには『きちんと感』がほしくなります。

だってやっぱり、大人ですから。

でもカッチリかしこまった服って、思わずグググ~ッと肩に力が入ってしまいそう。

すっと背筋が伸びているように見えて、私自身は力をぬいていられる。

そんな理想を、このブラウスは1枚で叶えてくれるんです。

スキッパー風に開いた襟に、ボタンはあえて裾まで並べず胸もとまで。

シャツの上品さとプルオーバーの気負わなさ、両方をいいとこ取りしてほどよい『きちんと感』に仕上げました。

胸もとと袖は、繊細な透かし模様のストライプ生地。

甘めのレースやドット柄は幼くなりがちだけど、これならすっきり爽やかに着こなせます。

変に背伸びしなくても、毎日穿いているボトムに合わせるだけでいい。

『いつもの私』の延長線上にあるってところがいいんです。

スタッフ とみー