よくあるご質問

お届けについて ご注文について 返品・交換
ご購入後 商品について アフターサービス

スーツケースの選び方

■INDEX

■本体サイズと全体サイズってなんのこと?

Answer

本体サイズ:キャスターやハンドルを含めない、かばん本体のサイズ。
全体サイズ:キャスターやハンドルなどの突起をふくめた、スーツケース全体のサイズ

スーツケースのSojournerでは、サイズの表記方法を上記のように決めています。

航空機へ手荷物として預ける荷物・機内持込する荷物、どちらも判断されるのは「全体サイズ」です。



ページTOPへ 


■飛行機の機内へ荷物を持ち込みたい

Answer

一般的な国内、国際線で、飛行機内へ持ち込みができる荷物の大きさは、
「3辺の合計が115cm以内」のものです。

この3辺とは、キャスターやハンドルをふくめた全体のサイズです。
※突起を含めますので、かばん本体のサイズより大きくなります。

ただし、各航空会社で、線(国内・国際)、座席数によって機内に持ち込みサイズの規定が異なりますので、ご注意ください。 ご利用の際には必ず、各航空会社にご確認ください。

※ソフトキャリーの場合、外部ポケットに荷物を入れすぎると持込みサイズをオーバーする場合があります。


機内持ち込みのメリット・デメリット

【メリット】

ターンテーブルで待たずにすぐに空港から目的地へ向け出発することができ、時間の節約が出来る。また、荷物を自分で管理できるため、破損やロストバゲージのリスクが少ない。


【デメリット】

機内持ち込みへのスーツケースサイズが制限されているため、必要最低限の荷物しかパッキングすることが出来ない。荷物が増える場合、別に折りたたみ旅行バッグなどが必要なためかさばる。

預入れのメリット・デメリット

【メリット】

航空会社規定サイズ内まで、荷物の運搬が可能。また、チェックイン時にスーツケースを預けられるため、その後の空港内での移動がスムーズ。


【デメリット】

ターンテーブルから自分のスーツケースが出てくるまで、一定の時間が必要。また、航空会社に預け入れする際、スーツケースの破損やロストバゲージが発生するケースがある。



▼機内持ち込みサイズはコチラ▼



ページTOPへ 


■大型スーツケース(LLサイズなど)でも無料で飛行機に預けることはできるの?

Answer

航空会社によって無料で預け入れが可能な「無料受託手荷物」サイズの規定があり、 多くの航空会社では「(※総外寸)3辺合計158cm以内」と定められております。

規定サイズを超えたものですと、超過料金が発生する場合もございます。
(※総外寸=ハンドルやキャスターなどの突起物を含めた全体サイズ)



サイズ規定は航空会社やクラスによって異なりますので、ご利用の際には予め各航空会社のHPでご確認頂くか、直接お問い合わせください。


▼大型サイズのスーツケースはコチラ▼



ページTOPへ 


■スーツケースの大きさってどうやって選べばいいの?

Answer

スーツケースの容量は1泊=10リットルが目安。少し大きめのスーツケースがオススメです。

荷物がちょうどぴったり入るサイズのスーツケースを探していませんか?

多くの場合、帰りは行きより荷物が増えます。
こうなった場合、ぴったりサイズでは増えた荷物が収納できません。

サブバッグを利用するのも手ですが、荷物がいくつかに増えると手がふさがってしまい、いざという時に危険なため、あまりおすすめではありません。

スーツケースはこまごまとした荷物をひとまとめにして運びやすくする道具ですから、とくに「大は小を兼ねる」ものであると言われています。
大型のスーツケースは家族に1つあると、短期の家族旅行の場合、全員の荷物がまとめられるので便利です。

スーツケースの容量は1泊=10リットルを目安にして、旅行のご予定に合わせて考えるのが一般的です。
ただし、渡航先の季節や目的、お土産の量によっても異なりますので、下記をご参考の上、お選びください。


旅行日数別に探す


ページTOPへ 


海外旅行5泊〜1週間用ハード 海外旅行10日以上用ハード 海外旅行10日以上用ソフト 海外旅行5泊〜1週間用ソフト 国内旅行1〜2泊用ハード 国内旅行1〜2泊用ソフト 海外旅行3〜4泊用ハード 海外旅行3〜4泊用ソフト

■ハードとソフトどちらがいいの?

Answer

防犯性が高いのはハード。軽量を求めるならソフト。

旅行が決まった!旅行に出かける際に必要になるスーツケース。
でも種類がたくさんあって、何を選べばいいかわからない・・・。という相談を受けることがよくあります。


当店で取り扱いのスーツケースは大きく分けて「ハードフレームタイプ」「ハードジッパータイプ」「ソフトタイプ」の3種類あります。

ハードフレームタイプ

ボディ素材がプラスチックの樹脂で金属または樹脂のフレームタイプのもの
【ハードフレームタイプの特徴】
  • 強度・耐久性に優れている
  • カッターなどのこじ開けから荷物を守る
  • ロックが備え付けのものが多く、セキュリティ面が安心
  • 万一、荷物があふれても上から押さえて閉められる
  • カラーやデザインが豊富

こんな方におすすめ

  • パッキングが苦手な方
  • 安定性、安全性を重要視される方
フレームタイプの商品はコチラ 

ハードジッパータイプ

ボディ素材がプラスチックの樹脂で開閉部分がファスナータイプのもの
【ハードジッパータイプの特徴】
  • 強度・耐久性に優れている
  • フレームタイプに比べ軽量
  • 荷物が増えた時に収納量が増やせるタイプがある
  • カラーやデザインが豊富

こんな方におすすめ

  • 荷物の出し入れが多い方
  • デザインを重要視される方
ジッパータイプの商品はコチラ 

ソフトタイプ

ボディ素材が布地のもの
【ソフトケースの特徴】
  • とにかく軽量
  • やわらかくて柔軟性がある
  • 布地だから傷がつきにくい
  • ポケットが便利
  • 片面開きだから省スペースで開けられる

こんな方におすすめ

  • 軽さを重要視される方
  • コスパを重要視される方
ソフトタイプの商品はコチラ 



ページTOPへ 


■キズが目立たないのはどれ?

Answer

一般的に傷が目立たないといわれているのは「エンボスタイプ」のものです。

●表面加工
ハードスーツケースには
・表面がつるつるした「鏡面加工タイプ」
・表面に細かな凹凸がありザラザラしている「エンボス加工タイプ」
があります。

一般的には、鏡面タイプだと車のボディのように磨かれた表面で、擦り傷はどうしても目立ってしまうため、「エンボスタイプ」の方がキズは目立ちにくいとされています。
同じ素材であっても加工方法で見た目が下記のように異なります。

  ↓エンボスタイプ    ↓鏡面タイプ

※鏡面タイプでも傷のつきにくい、プレミアムコート仕様もあります。

●カラー
色みによってもキズの目立ち方は異なります。
「シルバー」「ガンメタリック」などの色は、キズも汚れも比較的目立ちにくく、一方でホワイトなどの薄い色になると目立ってしまいがちです。
これも車と同じ選び方ですね。
その他にもレッドやブルーも比較的目立ちにくいものになります。


でも、たとえエンボスのブラックを選んだとしても、スーツケースの本分は「身を呈して中身を守る!」
旅をかさねればやはり傷はついてしまうもの。
「傷も勲章」と思って成長を楽しんでいただけたらいいなぁと思います。



ページTOPへ 


■ハードケースを押したらべこべこへこむのは、大丈夫?

Answer

ポリカーボネートは、プラスチック素材の中で最高度の耐衝撃性の高さが特徴です。
従来のABS樹脂では割れてしまうような衝撃を、ポリカーボネートはたわむことで受け流し、凹む程度にとどめることができます。

べこべこする…大丈夫?
現行モデルには、ぺこぺこするとのお問い合わせをしばしば頂きます。
ほとんどが、しばらくぶりのお買い換えで、お手持ちのかばんがABS樹脂のものであるお客様からのお問い合わせです。

現行のポリカーボネート樹脂は、素材そのものは重いのですが、耐衝撃性に非常に優れており強靭なため、強度をたもったまま、薄く軽くできるという特性がございます。
そのため、これらを原料にした最近のスーツケースは、以前のABS樹脂を用いたスーツケースよりボディが薄く、比較するとぺこぺこしてご不安になられる方もいらっしゃいます。

しかしながら、従来のABS樹脂では割れてしまうような衝撃を、ポリカーボネートはたわむことで受け流し、凹む程度にとどめることができます。

ポリカーボネートは、プラスチック素材の中で最高度の耐衝撃性を持つと同時に、耐候性や耐熱性にも優れた素材なのです。 こうしたことから、戦闘機などのキャノピーや、自動車などのライトカバー、機動隊の盾や、宇宙飛行士のヘルメットなどに使用されています。

ポリカーボネートと樹脂の配合率も日々研究されていて、現在SUNCOからは2枚のポリカーボネートの間にクッション性の素材を挟んだ3層構造の「HTポリカ」というより頑丈な素材も生まれました。


▽HTポリカを使用したスーツケースはコチラ▽
スーツケース サンコー 極軽 スーパーライトMG-C
スーツケース サンコー SIGNOR-S シグナーS


ページTOPへ 


■キャスターのサイズはなにがちがうの?

Answer

大きいキャスターは少しの力でスムーズに進みます。また回転も大きいため摩耗もより少なく済みます。

大きなキャスターと小さなキャスター、それぞれのスーツケースに荷物をたくさん入れて、じゅうたんの上を転がしてみると、その差は歴然。
車のタイヤと同じで、大きいキャスターは少しの力でぐんぐん進みます。
回転が大きいため摩耗も少なくなります。


【大きなキャスターの長所・短所】
 ◎少しの力でよく進む
 ◎摩耗しにくい
 ◎段差に強い
 ×わずかな坂道で動き出すことがある

小柄な方や、あまり力持ちでない方は大きなキャスターのものをおすすめです。


ページTOPへ 


■ソフトケース、2輪と4輪のちがいは?

Answer

4綸は傾けないでそのまま走行が可能。2輪は大輪なので段差に強い!

ソフトケースには大きく分けて2輪のもの4輪のものがあります。
2輪は傾けて引くor押して使います。
日本では道路の狭さなどから、傾けないでそのまま動かせる4輪のタイプが人気のようです。
もちろん段差を乗り越える際などには、傾けて2輪状態で動かせます。
玄人向けなのは2輪のタイプ。キャスターが突出していないので、衝撃に強く、また大輪なので段差にも強いです。
ただし走行には慣れとコツが必要です。

2綸・4綸の特徴


2輪 4輪
荷物が増えると手首に重量を感じる。走行にコツが必要。 操作性 傾けず走行可能。混雑時に迷惑が掛からない。
大径。本体に埋まっている構造のため、衝撃に強い。 キャスター 小さい。突出しているので2輪に比べ衝撃を苦手とする。
デコボコ道に強い。多少の段差も乗り越えられる。 2輪走行 可能だが、キャスターの取り付け構造上得意ではない。
バー部分に荷物を載せて運ぶことができる。 その他 電車、坂道では押さえている必要がある。(動き出す)
改札口や混雑した道では注意が必要。邪魔になる。 重量が増した状態だと傾けた方が楽なことも。
全体サイズが同程度でも4輪タイプより容量が大きい。


ページTOPへ 


■2輪ソフトケースの上手なひきかたが知りたい

Answer

ポイントはできるだけ自分の体に本体を近づけるよう心がけること!

2輪のケースは傾けて運ぶため、移動時に大きなスペースをとりがちです。
混雑した駅などで、前を歩いている人が2輪のキャリーを後ろに長く伸ばして歩いていると、轢かれそうで少し怖い思いをしたことありますよね。

ポイントは、できるだけ自分の体に本体を近づけるよう心がけること!
キャリーバーを短く出し、ハンドルをもった手を体のやや前方にかまえます。

上りのエスカレーターに乗るときは、キャリーケースを後ろに引っ張るのではなくて勢いよく前に押し出し、エスカレータの段差にぶつけて止め、そのあとで乗り込むくらいの勢いで!
(下りはなぜかたいていの人が上手にできています)

エレベーターに乗るときは歩きながらそのまま乗りますが、エレベーターから降りるとき、エレベーターの中でごそごそと向きを変えていると結構迷惑。
2輪のキャリーは後ろにひっぱるだけのものではありません。
ショッピングカートのように前に押して優雅に出ましょう。
そのあと向きを変えればいいのです。


また、2輪だけにしかできないこともあります。
たとえば電車に乗るときの段差、実は多少の隙間や高さの違いがあっても2輪のスーツケースはちゃんと越えてくれます。
4輪ではキャスターがはまってしまうような溝や隙間も、2輪のほとんどは本体に埋め込み式のキャスターなので上をすっと通り過ぎることができるのです。



玄人向けですが使いこなすととても楽な2輪ソフトケース。ぜひご活用ください。


ページTOPへ 


■似たようなスーツケースなのに高いものと安いものがあるのはなぜ?

Answer

一般的に、スーツケースでも「高機能」なものほど「高価」となります。 (ブランドの付加価値はのぞきます)

スーツケースのsojournerではたくさんのスーツケースを取り扱っています。
シリーズによって機能も値段もさまざま。

一般的に、スーツケースでも 「高機能」なものほど「高価」となります。(ブランドの付加価値はのぞきます)

パソコンに例えると、ハイスペックなものはお値段が高いですし、食べ物でも、有機栽培で手塩にかけて育てた野菜は高価ですよね。

スーツケースの場合は、以下のようなことでお値段が変わります。
  • 素材そのものの品質(樹脂の純度であったり、金属の種類であったり)
  • 設計部分の精巧さ(ロック部分の設計であったり、キャスターの耐久性であったり)
  • 十分な品質管理が行われているか

とくに激安スーツケースと決定的な差が出るのは、「品質管理」ではないかと思っています。

開発段階から何か月もかけて耐久テストを行ったり、工場で製造過程をチェックしたり。
スタッフを生産ラインに常駐させて監督を行えば、製品が完成してからではわからない、中の部分の不具合も見逃しません。

当然このような入念な品質管理には、コストがかかります。

高価なスーツケースに関しては、素材のよさのほかにより多くの「安心」が含まれていると考えています。
大切に作り上げたsojournerのスーツケースをぜひお試しいただければ、商品のよさがきっとおわかりいただけるはずです。



ページTOPへ 


■軽さってそんなに重要なの?

■スーツケースは防水?

Answer

スーツケースは防水ではありません。

雨中の走行や水をかけたりすると、金属部分を傷めたり内部に水がしみこみ、内装や内容物を傷める恐れがあります。

完全防水ではありませんが、止水ファスナーや外付けのキャリーバーなどを採用し、水に濡れにくい構造のスーツケースもございます。
また、防水スプレーやキャリーカバーをご利用いただきますと、多少軽減されます。
基本的には長時間の雨に当てることはお避けいただくか、内部にドライバッグをご使用いただくことをお奨めしております。
ドライバッグはインターネット他、アウトドア用品店で販売がございます。


ページTOPへ 


■キャリーバーの多段階調節ってなに?

Answer

ハードキャリーケースを中心に、多くの商品はキャリーバーが調節可能です。

当店で取り扱っている調節可能なほとんどのキャリーバーは、全て何段階かで止まるステップ式でございます。
スペック表では多段階調節と表記しており、最長の長さはそれぞれ床からキャリーバーの頂点までの長さとなります。
(商品によって段階数が異なるため、製品によってキャリーバーの長さは若干異なりますが、サンコー鞄の商品では目安としておおむね、床から約100cm前後です。)
※長さはスタッフが実寸したものですのでメーカー公式ではありません。ご了承下さい。

また、キャリーバーを各段階に調節する場合、一度キャリーバーを一番上まで上げていただき、そこから下げる形で段階調節を行ってください。

キャリーバーを一番上まで引き上げていただくことで段階調節用(ピンロックの穴がついている)の部品が キャリーバーとともにきちんと引き上げられ、固定穴にピンロック(突起)部分が固定しやすくなります。

これは設計上の仕様でございます。
特に小型キャリーケースはバーが長いので、このような現象にお気づきになる方が多くいらっしゃいます。
ご使用の際、ご留意ください。


ページTOPへ 


■フラットインナーってなに?

Answer

スーツケースの内装が平らな仕様をフラットインナーと呼びます。

キャリーバーの凸凹がないため、荷づくりもしやすくなります。

後ろ側に出っ張りのないスーツケースの場合、ボディに厚みをもたせてキャリーバーの構造を隠しているため、若干重くなっています。
重量チェックが厳しい現在では、重さのあるフラットインナーは少なくなってきている印象ですが、どちらを優先させるかはお好みです。

フラットでないモデルへのお荷物の収納方法は、バーとバーの間の部分にタオルや衣類を丸めて詰めると、フラットの状態に近くなり、パッキングが便利です。



ページTOPへ 


■スーツケースの「浮かし張り」ってなに?

Answer

スーツケースの内装の軽さを追求した浮かし張り構造のことです。

激安スーツケース等でみられる刺激臭は内装に使用されている接着剤の臭いです。
これは、なかなか臭いが取れにくく、特に服への臭い移りやアレルギーへの影響が心配されています。

一方、「浮かし張り」では強力で危険な接着剤を使用していないため、そのような心配は無用です。
この浮かし張り、技術と手間が必要の為、激安スーツケースなどにはあまり使用されていません。



ページTOPへ 


■TSAロックってなに?

Answer

アメリカの国土安全保障省の運輸保安庁 ( Transportation Security Administration) より認定を受けた施錠ロックです。

近年の航空テロの影響で、アメリカでのセキュリティチェックはより厳重になりました。
飛行機に乗る際、荷物を預けた後に職員によって検査が抜き打ちで実施されるため、ロックをかけてあっても壊して開けられ、検査されることがあります。
検査の際の鍵の破損や、また盗難についての補償はありません。

しかし、TSAロック機能のあるカギであれば、施錠したまま航空会社へ預けることができます。
アメリカのTSA職員が専用のツールでロックを解錠し、検査後、施錠してもらえるからです。

行き先がハワイやグアム、カナダなどでも同様です。
アメリカ圏にご旅行される可能性がある場合は、TSAを搭載したロックのスーツケースをご購入することをお勧め致します。
もちろん世界中でお使いいただけます。


▽詳しくはコチラ▽

シリンダーロック

スーツケースに付属している鍵で解錠・施錠を行うタイプです。
サンコー鞄ではスペアキーを1組2本1000円(税別)にて販売しているので、鍵をなくしても安心です。
無理な方向に曲げると変形や折れの原因となるので、説明書を読んで可動方向、範囲を確認ください。

ダイヤルロック

3桁の数字を組み合わせて自分の好きな番号に設定することができます。
鍵を持ち歩く必要がなく紛失の心配がありませんが、忘れてしまわないようメモなどで控えておくと安心です。
もし忘れてしまった場合は、0-0-0から順番に回して解錠を試す必要があります。
※ダイヤルを設定して施錠するタイプのため、カギは付属しておりません。



ページTOPへ 


■OKOBANってなに?

Answer

「落し物発見連絡サービス」です。

インターネットから予め決まっているコードと持ち主のデータを登録しておけば、空港などで遺失してしまっても、発見者がコードを元に拾った事を連絡することができます。
OKOBANについて詳しくはコチラをご覧ください。



ページTOPへ 


よくあるご質問
目次へ→