自由に検索する

メーカー別でさがす

ボディタイプ別でさがす

月々の支払い額からさがす

自動ブレーキ付車両でさがす

個人向けカーリースって何?車の新しい乗り方、はじめてのカーリース。


カーリースとは??

お客さまがご希望する車種・ご希望する仕様にて、リース会社が新車を購入。
お客さまだけの専用車として、リース契約期間中お客さまにお車をご提供するサービスです。

年間数万台もの車を購入するリース会社の"購買力"が、お求めいただきやすいリース料として反映されていますので、お客さまが何度も自動車ディーラーに出向かれて価格交渉するお手間も不要です。

車の保有には、車検代をはじめとする定期的なメンテナンス費用や毎年5月に支払う自動車税など、購入後も何かと費用が必要です。その点カーリースをご利用いただくと、毎月のリース料には所定のメンテナンス費用や毎年の自動車税が既に含まれていますので、家計の管理もカンタンです!カーリースは、車を購入後のまとまった費用の発生を抑える、とても便利で新しい車の使い方です。

カーリースとローン購入の違い

カーリースとローンの構成要素の比較

オートローンや残価設定型クレジットと個人向けカーリース、「月々の支払いを少なくする」という手軽さは共通のメリットですが、中身は全く別ものです。

たとえば自動車税の取り扱い。自動車税は、車の所有者が毎年5月に一括で納める税金です。
オートローンや残価設定型クレジットでは、毎年お客さまご自身で納税する必要があります。
一方カーリースは、リース期間中の車の所有者はリース会社となりますので、リース会社が自動車税を納めます。(リース会社が負担する自動車税相当額は、リース料に原価としてあらかじめ含まれています。)

つまり、「カーリース」はお客さまが自動車税を納めるための時間とお手間を節約すると共に、自動車税を分割払いするような効果があります。

また、大半の個人向けカーリース商品は、リース期間中に発生する車検時の費用やエンジンオイル交換などのメンテナンス費用もリース料に含まれています
(カーリース商品によって、含まれているメンテナンス費用の範囲や実施回数が異なります。詳細はカーリース各社の商品ページにてご確認ください。)

 

特に毎年の自動車税や車検費用など、ある程度のまとまったお金をその都度支払うことに煩わしさを感じる方や、毎月の家計管理をしっかり把握したい方、自動車ディーラーへ何度も足を運んだり交渉することに手間を感じる方には、「カーリース」がぴったりです。


カーリース ご納車までの流れ

カーリースの申込み

楽天市場店の豊富な車種から、ご希望の車をお選びいただき、リース会社へお申込みください。もちろんWeb店舗ですので、24時間365日お好きな時にお申込みいただけます!
審査手続きが完了した後、eメールもしくはお電話を差し上げますので、お好きなボディーカラーやご希望の追加オプションをお聞かせください。車の仕様が決まりましたら、自動車リース契約書をご郵送いたします。

契約後の車両発注

自動車リース契約書の取り交わしが完了しましたら、お客さまご希望の仕様にてリース会社が自動車ディーラーへ新車を発注いたします。
自動車ディーラーの担当者より、お客さまへ自動車の登録に必要な書類(印鑑証明書など)をご案内いたしますので、ご準備をお願いします。

新車の納車

新車の完成日が近くなりましたら、リース会社および自動車ディーラーよりご案内を差し上げますので、ご希望の納車日時をお聞かせください。納車日当日、ご自宅へ新車をお届けいたします!
ちなみにカーリースの場合、お申込みからご納車まで、自動車ディーラーへ一度も足を運んでいただく必要がありません。ですので、お住まいの地域にご希望のディーラーが無くても問題無し!カーリースが便利なポイントの一つです。
(道路事情等により、ご納車車両をディーラー担当者が自ら運転してお届けするケースがございます。)

リース料の支払い

月々のリース料は、新車が完成してナンバープレートが取り付けられた月から、発生します。
(リース料集金代行の信販会社を通じて、お客さまのご指定口座より毎月お引き落としさせていただきます。)

リース満了後の選択

個人向けカーリース商品の中には、リース期間満了後にそのままリース車をお客さまへお譲りするプランもあります。生活スタイルに合わせて、最適なカーリース商品をお選びください!

広がる個人向けカーリース

個人向けカーリースの伸び

個人向けカーリースは、ここ数年大きく伸びています。実は法人マーケットでは、カーリースは既にポピュラーな存在です。"10台以上車を使用する法人"の国内登録台数は計800万台程ありますが、その内300万台はカーリースが採用されています。街でよく目にする、会社の看板が入った車の3台に1台はリース車なんです。そしてカーリースは、バスやタクシーといった身近な交通機関にも採用されています。
それに対し、個人向けカーリースも1980年代から商品はありましたが、当時は「借りること」への抵抗感から、普及のスピードは遅々たるものでした。
しかし、空室や駐車場などの"シェアリングビジネス"がここ数年広がるにつれ、社会的にも「借りること」へのハードルが大きく低下。カーリースが持つ“便利さ”にも脚光が当たり始め、現在個人向けカーリースは急拡大の傾向にあります。
また、リース満了後は車が自分のものになるような、「借りもの」感を払拭した個人向けリース商品が生まれているのも、カーリース拡大の大きなポイントです。


よくあるご質問

レンタカーとの違い

任意保険について

質問集へのリンクボタン

国産人気車種が多数!こちらから車両をお探しいただけます!

  • メーカーで探す
  • ボディタイプ別で探す
  • 月々の支払額で探す
  • トップページへ
  • 自動ブレーキ
  • ママが助かる

個人向けカーリースやカースマについて解説!

  • カーリースってなに?
  • カーリース比較のポイント
  • カースマ体験談

当店人気の車両をご案内

  • ラパン
    22,852ポイント獲得!
    車両価格:1,285,200円が
    月額15,000円~
  • NBOX
    24,990ポイント獲得!
    車両価格:1,499,040円が
    月額15,000円~
  • アクア
    50,628ポイント獲得!
    車両価格:2,062,850円が
    月額25,000円~