小川窯について
 

火、風、水、土を大自然の中で
薪の窯で焼く唯一の小川窯

現代は合理的な電気・ガス窯の時代ですが、小川窯は昔ながらの薪で焼きます。日によって湿度や温度が変わりやすいため、薪で焼くのは非常に難しく、高い技術が必要です。大自然の中、窯と会話をしながら昼夜問わず。火、風、水、土の全ての自然の中、陶芸家の絶妙な感覚から器が生まれます。

コントロールされたガスの窯で焼かれた一般のやきものと比べ、小川窯の焼き締めは、裸のまま素地を1300℃以上でしっかり焼き締めている為、強度があり、割れづらく大切に扱えば永久に使えます。小川窯のすべての器は自然の影響を受け易い薪窯仕上げ。ですが、陶芸家小川哲央の高い技術により洗練された作品へと出来上がります。

作家 小川哲央
作家 小川哲央
作品への想い
作品への想い
縄文食器のある風景
ランキング
縄文食器

当ホームページに掲載されている画像・文章・図表などの無断転載を禁じます。
Copyright (C) Showa ESR All Rights Reserved.