背景01
ヌメ革の魅力

ヌメ革を使用したバッグや財布小物は、当店で大人気のブランドの「ALBERO(アルベロ)」にて使用されております。素材の「ヌメ革」は熟練した職人により、一点一点、丹念に仕上げられております。革本来の良さを無くすような加工・染色は一切行なわれておらず、本来の革が持っている表情や風合いを大事に仕上げられております。

その為、製品には、同じ鞄でも部分部分により異なる表情や、擦り傷、色むら、皺感などがございます。これらは、ALBERO(アルベロ)のヌメ革製品全てに見られるものであり、本革ならではの魅力とも言えるのです。世界に2つと同じもののない、あなただけの表情・風合いを持った鞄・小物をお愉しみください。

ヌメ革の表情

一点一点、革本来の表情と風合いを大事に仕上げられております。

ヌメ革の表情

同じバッグでも部分部分により革表面の表情が違ってくるので全く同じ表情のバッグは世界に1つだけしか存在しません。

ヌメ革の表情

線状のシワはこれぞ本革の証しとも言える、人気の表情でございます。

ヌメ革の表情

こちらは革の生産時に付く線状のアザの様な模様でございます。

ヌメ革の表情

こちらも左記に同様で、生産時に付く引っかき傷であり、一点一点、手仕事によって仕立てられた証でございます。

ヌメ革の表情

風合いを残す為、傷・アザ隠しの為の加工を行っていない、天然物の革だけが持つ、独特な雰囲気・風合いをお愉しみ下さい。



ヌメ革とは、牛革を植物タンニンにじっくりと漬け込み、つくられた革のことです。人工的な染料や塗料で加工をしていないため、他の革よりも自然界にいた時の皺、傷、痣、血管や毛穴の痕などの風合いがそのまま残されています。

それらが、革ごとの個性として時とともに豊かな表情として活きてきます。また、人工的な染料や塗料を仕様していないため、破棄した際には土に還り環境にも優しい素材でもあります。

お使い始めには素朴でナチュラルな風合いだった革が、日々、手で手で触れることによる摩擦や油によって自然と艶が出て、くったりとした質感へと変化していきます。
何より、飴色へと変化していく様は数ある革の種類の中で、最も本革ならではの経年変化を実感いただける革です。

革は持ち主の使い方やライフスタイルをも色濃く反映し、いつしか持ち主の歴史そのものを刻んでいるかのように、白っぽかった表情から、艶やかな温かみある飴色へと表情を深めていきます。同じヌメ革でも革の個性や種類、使用環境によっても変化の仕方は異なります。
末永くご愛用頂き、世界に一つだけの表情・風合いを持ったあなただけのパートナーへと、育て上げていく愉しみがあります。

ショルダー・セミショルダーバッグ

トートバッグ・手さげ

リュックサック・ウエストバッグ