SDGsとは

SDGsとは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

洗車の王国はSDGsの取り組みに賛同し、グローバルパートナーシップの実施や繰り返し使える印刷ボトル・詰め替え製品などの環境に配慮した製品作りを通じて、持続可能な世界の実現に積極的に貢献していきます。

国連よりSDGsロゴ使用承認済み
国連 SDGs ウェブサイト:
https://link.rakuten.co.jp/0/086/750/




安全運転の奨励







『車が綺麗になると、自然と運転も丁寧になるよね。』を合言葉に、洗車を通じて人と環境に思いやりのある安全運転を奨励しています。世界中の自動車が綺麗になることで、全ての人々が暮らしやすい交通事故ゼロ社会の実現と地球環境への負荷低減を目指しています。




生産設備の品質改善の奨励







『洗車の王国』製品は、厳格な生産基準の下で生産されています。製造における省エネ化と環境に悪影響を与える廃棄物の発生を抑えています。




リユースの推進







『洗車の王国』の製品の多くは再利用を前提としたパッケージを利用しています。ボトルは森林伐採に関与する紙製ラベルを排し、繰り返し使える印刷ボトルとし、詰め替え用レフィル製品の提供と合わせて省資源化に貢献しています。
製品に同梱する説明書も、洗車作業中に水で汚損しない耐水紙を使用しています。これにより資源の消費量と廃棄物を削減します。

また、パートナー企業の作業現場で使用する業務資材(シートカバー,ハンドルカバー,ホイールカバー)も一般的な使い捨て材料ではなく、再利用可能な資材を開発し資源保護と廃棄物削減に役立っています。





グローバルなパートナーシップによる
雇用機会の創出と推進







『洗車の王国』の雇用には性別、国籍に因らない平等な採用基準を適用しています。また、グローバルなパートナーシップを実施し、約35ヶ国の組織,民間企業,コミュニティと契約を結び、その数は今後も拡大していきます。

雇用や学習の機会に恵まれない地域とも積極的に協力関係を持ち、技術訓練やノウハウ提供および一般教育を通じてこれらの地域・人々の持続可能な経済成長、雇用機会の創出を推進しています。


○ グローバルパートナーシップ
日本,中国,タイ,マレーシア,インドネシア,シンガポール,スリランカ,オーストラリア,ニュージーランド,インド,パキスタン,ネパール,ブルネイ,台湾,香港,韓国,ベトナム,フィリピン,モンゴル,カンボジア,ウガンダ,オマーン,イラン,クウェート,トルコ,エストニア,ベルギー,オランダ,チェコ,ロシア,サウジアラビア,アメリカ,アラブ首長国連邦,フランス,イギリス




資源とエネルギー保護の推進





社内業務ではオンラインネットワークやクラウドシステムを活用し可能な限りペーパーレスを推進しています。また販売業務においても顧客への案内通知や納品書,請求書を電子化しています。これにより省資源を実現しています。

さらに、社内施設では照明設備のLED化を進め、クールビズの推奨と併せて業務環境の消費電力削減を維持しています。




光触媒技術の応用







酸化チタンの光触媒技術を応用し、クリーンな環境を保全する製品を製造しています。一度の施工で対象物の抗菌や消臭効果が長期間維持できるため、施工頻度の低減によるコスト削減や活用範囲の拡大に貢献しています。
多くの公共設備や医療機関さらには一般家庭に安心・安全・快適な環境を提供しています。

○ 光触媒技術を応用した洗車の王国製品
チタセランチタセランコーティングキュベオ