正官庄とは 韓国政府が保証する高麗人参ブランド「正官庄」
韓国を代表する紅蔘製品ブランド
正官庄とは120年の歴史と伝統を有する韓国人蔘公社が製造する、紅蔘製品のブランド(マーク)です。「政府が管轄する所で生産された信頼できる製品。まさに(正)、国の(官)、製品(庄)」という意味があります。このマークができた背景には、1940年代に入って民間で作られた粗悪な高麗人蔘が増加し、政府が作った本物であると保証する必要があったためです。 正官庄 紅参
正(まさに)官(国の)庄(製品)
大韓民国の特産物を象徴する太極マークと未来指向の造形の紅蔘キャラクター、6年根紅蔘の優秀性を象徴する6つの星でデザインされ、背景の赤色は信頼性のある紅蔘製品を生産する韓国人蔘公社の情熱溢れる意思を象徴しています。
6年根から生まれる正官庄
高麗人蔘は葉が年々成長し、6 年目には頭脳や主根などの各部がバランス良く発達した最高の形状になります。また、根の重量も平均80g と、4年根の平均重量の2倍ほどになり、主要有用成分もバランス良く、豊富に含まれるようになります。 6年根
6年根
このため、6 年根は健康に有用な成分としても最も優れている評価をされていますが、7年目からは病害虫に対する抵抗力が弱くなり、成長率も低下して組織が固くなり、価値が著しく損なわれてしまうため、研究目的以外には栽培されません。
正官庄の100年以上の伝統技術
正官所の紅蔘は、6年根の水蔘を厳選し十分に洗浄して後、蒸す事から始まります。
その後、太陽熱を利用して自然乾燥させると濃い赤褐色の紅蔘が完成し、この過程が韓国の正官庄紅蔘ならではの品質を作ります。韓国人蔘公社では、伝統的な紅蔘製造技法に科学的研究と現代的な製造設備を融合させ、世界的な名声にふさわしい名品である正官庄紅蔘を製造しており、今後もさらなる努力を続けて参ります。
高麗人参 正官庄の100年以上の伝統技術
高麗人参 正官庄の100年以上の伝統技術 高麗人参 正官庄の100年以上の伝統技術
正官庄の優れた品質管理
■製品の安全性や成分の研究に年間200億ウォンが投資されています。
−韓国人参公社の研究所では、140名余りの修士、博士水準の研究員が先端研究施設や設備を活用し、研究に邁進しています。
−その間、400編以上の研究論文が発表され、191件の特許が出願されています。
−高麗人参耕作に関する30年以上の蓄積されたノウハウを土台に、農家のみならず、農村振興庁(韓国の官庁)にも耕作技術を伝授しています。
−動物実験や高麗人参研究を重ね、韓国国内最初に紅蔘の機能性を食品医薬品安全庁から認証を受けました。
■国際公認試験機関であるKOLAS認定を受けた研究所です。
−KOLASは知識経済部傘下、技術標準院の韓国認定機構からKORAS認定を受けたということは国際的にも同様な認定を受けることが可能である検査試験の能力があることを意味します。この認定を受けた弊社は、紅蔘製造企業としては唯一の企業であります。
〇製造品質管理
■大韓帝国宮内部内蔵院に蔘政課が設置された後、120年以上の製造ノウハウを保有しています。
■水蔘処理や紅蔘製造施設としては、世界最高水準の施設です。
■グローバル水準の製造と品質管理システムを確保しています。
−食品医薬品安全庁から‘健康機能食品GMP適用業者’に指定されています。GMPとは、Good Manufacturing Practiceの略字で、韓国語では‘優秀健康機能食品の製造及び品質管理基準’となります。
−日本、オーストラリア、サウジアラビア等、海外輸出国家からは‘医薬品製造施設’として認定を受けております。
−GMP認定を受けたことは、原材料の購入から製造、包装、出荷に及ぶ生産工程全般に関して、国家が認定する管理能力を保有していることを意味します。
韓国の健康食品を先導する企業正官庄 4年連続韓国消費者の信頼企業大賞
正官庄紅蔘は、韓国の健康食品全体の10%以上、そして単一品目としては最も高いシェアを占めています。
韓国人蔘公社は、名品ブランド差別化政策の一環として2003年からフランチャイズ事業を導入、2010 年現在657 ヶ所の加盟店を始め、約1 千に達する正官庄の専門店を保有しています。
韓国の健康食品市場とKGC|韓国人参公社 正官庄
正官庄紅蔘は、韓国の健康食品全体の10%以上、そして単一品目としては最も高いシェアを占めています。
韓国人蔘公社は、名品ブランド差別化政策の一環として2003年からフランチャイズ事業を導入、2010 年現在657 ヶ所の加盟店を始め、約1 千に達する正官庄の専門店を保有しています。
世界50カ国が認める健康機能食品高麗人参 正官庄
正官庄ブランドは、1940 年代から使用を始めました。20世紀に入り、政府が高麗紅蔘を専売品として製造・流通したことにより、中国で「官庄」(=官品目)と呼ばれていた中、偽造・類似品が市場に出回ったため、「本物」の意味を持つ「正官庄」で呼ばれ、それが今日のブランドに定着したのです。日本は、1960 年代後半、韓国は1990 年代後半から正式ブランドとして使っています。
そして正官庄製品は世界約60 ヵ国に輸出されており、韓国の健康機能食品としてイギリスの象徴的存在であるハロッズ百貨店にも進出。さらに、アメリカ、日本、香港、台湾、ベトナム、オーストラリアなど、8 ヵ国に数十ヵ所の正官庄ブランドストアを展開し、韓国の名品ブランドとして認識されています。
世界50カ国が認める健康機能食品高麗人参 正官庄
6年根紅蔘ブランド正官庄のこだわり!

このページの先頭へ