こだわりの厳選素材

おいしいソーセージは、おいしい素材から。

SPF地養豚

岩手県産 SPF地養豚

ソーセージの味を決めるのは、何よりも新鮮で美味しい豚肉だと考えています。
定番ソーセージに使用しているのは、岩手県奥州市・胆沢養豚で育てられた「SPF地養豚」。
「特定の病原体を持っていない」という意味のSPF地養豚は、
毎年厳しい基準をクリアする高いレベルの清潔な農場環境で飼育されている「健康豚」です。
ストレスなく大事に育てられた豚は、臭みがなく脂の質が良いのが特徴。
そのままでも美味しい豚肉を、さらに美味しく食べられる贅沢なソーセージに。

てんさい糖

てんさい糖

太陽と大地の天然ミネラルを豊富に含んだてんさい糖を使用。
カリウム・カルシウム・リンなど様々なミネラルが含まれています。

クリスタル岩塩

クリスタル岩塩

ドイツの地下深くの地層から採掘された岩塩を使用。
太古の時代に結晶化した岩塩は、純度が高く、カルシウムやマグネシウムが豊富。
ソーセージには、味の主張の強い塩より、肉の旨味を引き出せるあっさりとした塩が合っていると考えています。

スパイス

スパイス

太味の決め手となるスパイス。ソーセージの種類に合わせ、使うスパイスも配合も調整しています。
肉の旨味を生かしながらも、どんな料理にでも美味しく食べられる安定した美味しさを追求。

無添加フォンドボー

無添加フォンドボー

厳選された素材と下処理に徹底的にこだわり、2日間じっくり手間暇かけて無添加で作り上げます。
甘みと酸味のバランスがよく深みのある味わいが特徴で、豚肉の旨味を最大限引き出します。

天然羊腸

天然羊腸

噛んだ瞬間、パリッと弾ける食感を生み出すのに欠かせない「羊腸」。
ラ・パーチェのソーセージは、市販のソーセージとは格段に違うしっかりと食べ応えのある食感です。
天然のため個体差がある羊腸を使いながら、職人の技と手の感覚で安定した食感へ仕上げています。

PAGE TOP